アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

2017年公募美術団体展その5(セントラル通巻169号)

2017-07-11 05:48:58 | 展覧会、美術館、公募展
 先月の中旬に無事、年4回発行の中央美術協会機関誌「セントラル」の最新号(通巻169号)が郵送されてきました。

 今号が今年2冊で、あとは9月と、今年から本展が例年の10月から11月になったので、11月ではなくおそらく12月に届くんじゃなかろうか。

 さて、ざっと読んでみたところ、私が気になっていた協会員数減の話は載っていませんでした。どこの公募美術団体も高齢化が進んでおり、この「セントラル」にも亡くなった方の追悼記事がありました。

 そして気になるのが搬入出業者の再編話で、地方からの発送が困難になっていて、業者によっては最大60%の値上げか、集荷自体を拒否、とのこと。これは大きいサイズになればなるほどその傾向が強いらしい。

 蛇足めいた話として、東京都美術館2階のレストランが「レストラン・ミュージアムテラス」から「レストラン・ミューズ」に変わったとのこと。経営者が精養軒に代わったからだそうです。

 毎号支部活動報告が載るんですが、各支部の人たちがどんな活動をしているのかをまとめて知ることができて便利。わが東京支部は事務的な報告に終始していて、読んでいてつまらない。埼玉支部と九州支部は充実した内容になっていて、他の支部は見習うべし。わが東京支部よ、頑張れ。

 付)やっぱりこうして冊子として受け取るのはいいですね。ホームページに掲載が主流になっているのかもしれませんが、読みづらいし味気ない。私は手に冊子を持ち、指先でページをめくる方が好きです。

 蛇足)郵送されてきたら、この「セントラル」を片手に駅前の喫茶店へ行き、コーヒーを飲みながらじっくり読んてみる、ぐらいの心の余裕が欲しいのですが、実際には就寝時にこれを読みながら寝てしまうという。情けない。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第4技法テスト(油絵最終テ... | トップ | 柴又帝釈天「法華経説話彫刻」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

展覧会、美術館、公募展」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。