アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

一刻者

2017-03-21 06:08:05 | グルメ、健康
全量芋焼酎 一刻者  1362円+税 宝酒造株式会社

 こっちが通常の一刻者になるのかな。先に「一刻者(赤)」(2017-03-16 の記事参照) を飲んでしまったせいか、感動しなかった。というのもこの「一刻者」は「一刻者(赤)」と比べて、はっきりと芋焼酎だとわかってしまう。

 別に芋焼酎のお湯割りを飲んで、それが芋だとわかったからといって、それが当たり前の話なので、どうということもないのだが、問題はその味わい。まず、何というか、芋焼酎独特のにおいがしない。におわない納豆とでも言うべきか。そして非常に辛口。私にはそう感じる。かなり濃いめで割れば若干の甘みを感じるが、それにしてもである。辛いだいこんおろしみたいな味とでも言うべきか。

 要するにこの「一刻者」は、においがしなくて甘みが少ない、というのが特徴になるのだと思う。これはこれでいいんでしょうが、私はだめですね。飲めなくはないですが、積極的に選ぼうとは思わない(まずくないんですけどね)。

 というわけで、私は「一刻者」なら「一刻者(赤)」を断然薦めます。値段は100円も違わないわけですから、高いといってもたたが知れています。とにかく赤を飲みましょう。

 付)とはいえ、今回のこの「一刻者」は食べ合わせ次第でいくらでもおいしく飲めそうな気がしています。どんなつまみ、料理が合うのかはちょっとわかりませんが。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年公募美術団体展その2 | トップ | 「三毛猫」 熊谷守一 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。