アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

柴又帝釈天「法華経説話彫刻」

2017-07-12 05:52:56 | 巨匠の一作
 やっぱりすごかった。映画「男はつらいよ」シリーズで、ちらっと見たときからぴんと来ていたのだが、「美の巨人たち」の2016(平成28)年10月8日放送で再確認。じっくり見ることができた。

 圧巻としか言いようがない透かし彫り。言葉にならないという表現があるが、これがまさにそれ。日本を代表する彫刻であることに間違いない。国宝に指定されてもおかしくないと思うのだがどうしてなのかしらん。

 とっとと柴又帝釈天へ見に行けばいいのだが、何だかんだと言って行かず仕舞い。いつでも行けると思うと行かないという。

 でもねえ、実際に柴又へ行って、現実の柴又を見て幻滅したりしたら嫌だなあ、とか思って二の足を踏んでいたりする。そんなことじゃあいかん、芸術作品を見に行くのであって、柴又の街並みを見に行くわけじゃあないんだからね。

 とにかく近いうちに行くとしましょう。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年公募美術団体展その5... | トップ | 2017-2018 木版画用品カタロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。