アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

スケッチ記その3

2017-04-20 11:08:18 | 絵画制作記
*スケッチ記その2(2017-02-17 の記事) の続き。

 約2ヶ月振りに(ってそんなになりましたっけ?)スケッチへ行ってきました。前回で使っていたF6号のスケッチブックを使い切ったので、今回より新しいF4号のスケッチブックになります。

 いつも使っているのはF6号なんですが、この大きさを片手に持ってスケッチするのは、実はかなり腕が疲れます。疲れるから急いでスケッチをしようとするわけで、それが短時間でスケッチするためのいい訓練になると思っているのですが、それとは別に実際問題として、やや画面が大きいような気もして、当分F4号を使うことにしました。

 F4号という大きさは使い勝手がいいですね。腕も疲れませんし、持ち運びも楽です。昔にF4号のスケッチブックを使っていた時期もあったんですが、やはりもっと大きい方がいいかと思ってF6号を使い続けてきましたが、このF4号という大きさは過不足なくいい感じです。

 さて今日スケッチへ行ってみて、どうやらスケッチの感覚は完全に戻ったようです。納得のいく一枚が描けました。構図がきちんと取れたのが大きいです。今後は買い置きして長いこと使っていないフキサチーフを2缶使い切りたいので、鉛筆スケッチに切り替える予定です(今日のスケッチはいわゆる鉛筆淡彩画です)。

 それにしても暑かった。まだ5月ですよ。スケッチしていて、汗ばむまではいきませんが、日差しは十二分にきつかったです。

 付)今日は午前中は空いていて、午後からアルバイトです。これから昼食を食べて正午過ぎに家を出ます。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一刻者(茜) | トップ | 公募美術団体展に属すべきか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。