アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

クリアホルダー入れ

2017-05-16 06:02:17 | お気に入り、自慢の一品
 自分で文房具屋で買ったり、あるいは銀行や保険会社の人が来て置いていったりで、意外と枚数がたまってしまうのがクリアホルダーだ(わが家ではついクリアファイルと言ってしまうのだが)。
 いっぱいあるものだから、新聞の切り抜きや折り込みチラシ、印刷した私事のワープロ文書などを無造作に入れてしまう。

 この間そうしたクリアホルダーの中身を整理したらほとんどを捨てることになり、大量に空のクリアホルダーが出てしまった。しばらくそのまま本棚に入れていたのだが、何枚もあるので何となく気になってしまう。

 何かいい手はないかと思ったら、たまたま行った100円ショップでいいものを見つけた。それがこのクリアホルダー入れである。
 正確にはクリアホルダー入れではなく、プラスチック製の書類入れなのだが、クリアホルダーも入るとシールが貼ってあった(うっかり写真を撮る前にはがしてしまった、残念)。

 さっそく写真入りで紹介(って、そこまでする必要もないんですが、わかりやすく実例を示すということで)。


 左がその書類入れ。右はクリアホルダー。


 このようにちゃんと入れて


 蓋を閉めます。

 おお、素晴らしい! この書類入れには分厚いのもあるのでたくさん収納したい方はそちらを選ぶとよろしいかと(必ず「クリアホルダーも入ります」とシールを貼ってあるものを買ってね)。
 私もこれにクリアホルダーをまとめて入れてすっきりしました。よろしかったら、お使いあれ。

 付)こうして収納できるなら、美術館の企画展の売店のクリアホルダーを買ってもいいかなと思ったりします。でもまたそうしてたまってしまうのだけれど。

*追記 (2017-05-20)
 もう2つほど必要になり、新しく買ったので「クリアホルダーも入ります」というシールをお見せします。
 
 右下に貼ってあるのがそのシールです。

 拡大してみると

 ほらね、「クリアホルダーOK」って、あらっ!?「クリアファイルOK」って書いてある。

 これってわが家ではクリアホルダーのことをクリアファイルって言うから、本当はクリアファイルが入るなんだけど、それを私がクリアホルダーが入ると勘違いして買ってきたことになる(何だかややこしい話ですが)。

 しかしよくシールをよく見てみると、「クリアファイルOK」の文字の左のイラストは、どう見てもクリアファイルではなくクリアホルダーが描かれているじゃないですか。

 あらっ、ということは、この商品を開発した和泉化成株式會社さんでも、クリアホルダーのことをクリアファイルと言っているということなの?(たぶんそうだよね)

 あらーっ、わが意を得たり。まあそれはともかく、まあいっか、どのみちこの商品「A4キャリーケース ラージタイプ」(って言うのね)にはクリアホルダーも入るんだから。あんまり深く考えないということで。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« M120号制作記その32.... | トップ | 手帳話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。