アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

「江戸の銅版画〈新訂版〉」

2017-06-02 06:07:45 | 美術書全般、美術番組
江戸の銅版画〈新訂版〉 菅野陽 2400円+税 臨川書店

 葛飾北斎の代表作に「冨嶽三十六景」があるが、私は昔からこの作品を見ていて、いつも違和感があった。

 なんか違うなあ、何かが違う。でも何がどう違うのか、説明できない。そんな風にずっと感じていたのだが、本書を読んでその謎が解けた。

 それというのも、もともと北斎は西洋の銅版画がやりたかったのである。ところが司馬江漢が教えてくれなかったので、銅版画制作ができず、悔しくて仕方なかったらしい。

 なるほどと思った。私が長年感じていた違和感は、この「冨嶽三十六景」という木版画のシリーズに、銅版画っぽさ、銅版画の臭いを感じていたからだ。要するに西洋っぽいのである、この「冨嶽三十六景」は。

 本書は江戸の銅版画について書かれた地味な本であるが、なかなか興味深いことが多々書いてある。本格的な研究書ゆえ、興味がないと退屈しがちかもしれないが、美術好きならぜひ一読を勧めたい。銅版画を制作している人なら、なおのことである。

 付)こうした研究書がもっと出版されるといいな、と私は思うのだが、なかなか難しいかなあと。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長時間アルバイト、2週間経過 | トップ | 水彩模写「ユダヤ人の結婚式」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術書全般、美術番組」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。