アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

版画集「ミセレーレ」 ルオー

2017-04-19 05:42:02 | 巨匠の一作
 私がこの版画集の存在を知ったのは、2001(平成13)年8月25日放送の「美の巨人たち」で、この回はルオーの「聖顔」を取り上げていた。この番組の中で版画集「ミセレーレ」の紹介があった。

 私の目はその版画集に釘付けになった。残念ながら、全58枚のうち紹介されたのはごく僅かだったが、それで十分だった。もう虜になってしまった。素晴らしく良かった。白と黒の世界だが、何というか、悲しみの中にも芯の強さとでも言おうか、ただ悲しんでいるのではなく、その悲しみに耐える強さみたいなものも表現されていて、そこにひどく共感してしまった。

 私はこの版画集が欲しくて欲しくて仕方ないのだが、まだ手に入れていません。高価な画集は買えないので、そんなものを買っているお金があるなら当然画材に使うべきなので、安価な画集で出ていないかなあと、以来ずっと探している次第。古本屋にでもあればいいんですが。

 付)この記事を書くのにちょっとネットで調べてみたら、何と宮城県立美術館がこの「ミセレーレ」全58枚の寄贈を受け、収蔵しているというじゃないですか。これって東京へ来ないんですかね。きっと来るでしょう。そのときは是が非でも見に行って図録を買おうと思っています。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボーティシャル メルロー | トップ | 一刻者(茜) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。