アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

「戦いの中、聖母の加護を願うギリシャの乙女たち」 アリ・シェフェール

2017-02-22 06:01:58 | 巨匠の一作
 私が上野の国立西洋美術館の常設展で非常に気に入ってしまった作品(写真が載せられなくて恐縮ですが、ネット検索すればすぐに出てきます)。もし国立西洋美術館の所蔵作品の中で1点くれると言われたら、私は迷わずこの作品を選びます。非常に小さな作品ですが、魅力的です。

 アリ・シェフェールが活躍するのは19世紀前半なので、アングルと同時代になります。アングル同様、彼もアカデミックな画風で、折衷主義者とか言われたりするようですが、アングルみたいに特徴的なものがないだけに、今ではあまり振り返られることはありませんが、埋もれたままにしておくには惜しい画家です。

 シスレーのように地味というより、スルバランのように堅実な画風の画家ですので、名前だけでも覚えてもらえたら嬉しいです。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セリア 西友小平店 | トップ | 高反発抗菌インソール(靴の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

巨匠の一作」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。