アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

現代美術とは何か、その定義とは

2017-05-12 06:07:35 | 画材、技法、芸術論
 現代美術とは空間を扱う美術のことである。正確には、空間を扱う、ないしは空間を扱うことに対して自覚的、意識的な美術のことである。

 絵画に関して言えば、平面を扱うことに満足できなくなってしまい、カンバスに穴を開けて作品にしてしまうのが端的な例だ。

 空間を扱う意識が強いので、現代美術は作品がどんどん巨大化、肥大化していく傾向にあり、従来の美術館では収蔵するのが困難である。だから現代美術の収集に積極的な欧米では、現代美術専用の美術館が用意されている。

 意外と現代美術とは何かと聞かれて答えられない人が多い。現代美術とは空間を扱う、と覚えてもらえれば幸いです。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小平ダイニング | トップ | 水彩模写「メデューズ号の筏」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

画材、技法、芸術論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。