アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

「ローラ・ノーディック タロット」全札紹介

2016-10-25 06:11:48 | タロットカード、タロット占い
箱の表とおまけのカード


箱の裏とカードの裏表紙


大アルカナ(愚者、Ⅰ~Ⅶ)


大アルカナ(Ⅷ~ⅩⅤ)


大アルカナ(ⅩⅥ~ⅩⅩⅠ)


小アルカナ、ワンド(1~8)


小アルカナ、ワンド(9、10、絵札)


小アルカナ、ソード(1~8)


小アルカナ、ソード(9、10、絵札)


小アルカナ、カップ(1~8)


小アルカナ、カップ(9、10、絵札)


小アルカナ、ペンタクル(1~8)


小アルカナ、ペンタクル(9、10、絵札)


 トランプと同じ大きさの「ローラ・ノーディック タロット」を全札掲載してみました。

 写真の各カードの右上に縦に線が入っていますが、まずはこれの説明をしないといけない。私はそのカードの正位置の意味をあんちょことして、右上にボールペンで書き込んだのですが、これはこれでなかなか便利だったのだが、カードの絵柄に集中できず、ついあんちょこを見てしまう。そこでマジックで線を引いたわけです。

 実はこれが優れもので、よく見れば何が書いてあるかわかるが、逆によく見なければ何が書いてあるかわからない。だから意味を覚えきれなかったり、忘れたりしたときだけ、じっと見ればいいという。

 また大アルカナのⅧ正義のⅧがⅪに、Ⅺ力のⅪがⅧに、ボールペンで直してありますが、これはライダー(ウェイト・スミス)版ではそうなっているから一応書き込んでみただけです。

 さて、ざっとカードを見てもらえればわかる通り、基本的にマルセイユ版を踏襲した、かなり本格的なものであることがわかると思います。個人的には気に入っているのですが、惜しむらくは裏表紙でカードが逆位置かどうかがわかってしまう点でしょうか。

 私のように白黒のタロットカードで、しかもマルセイユ版をお探しの方、この「ローラ・ノーディック タロット」はいかがでしょうか。トランプ大なので外出先、例えば喫茶店などでも気軽に占うことができます。

 付)この「ローラ・ノーディック タロット」が白黒なのは、自分で好きな色が塗れるようにとのことらしいのですが、紙がつるつるのため、水彩絵具では色が乗りません。だからもし塗るならサインペンかマジックを使うしかありません。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風景画追試その17 | トップ | 風景画追試その18 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タロットカード、タロット占い」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。