アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

反転攻勢その6

2017-06-20 05:45:23 | 随筆(日記、旅行、一行記)
*「反転攻勢その5(時間捻出、生活改善)(2017-05-21 の記事)」の続き。

 「夜10時就寝、翌4時起床」というのは、要するに早寝早起きなんですが、今の自分に合っているらしく(年取ったのね)、非常に快適なんですが、たった一つ問題があって、朝4時起床だと将棋の棋譜並べができない。

 切り抜いた新聞連載や月刊誌「将棋世界」の棋譜並べは、将棋盤と駒を使うのですが、どちらも木でできているので、駒を将棋盤に打ち付ける音は結構うるさく、階下にも響く。だから
家族の就寝中にはできない。

 これが致命的で困っている。ちょっと将棋に詳しい人なら、プラ駒とゴム盤を使えばいいじゃん、と言うでしょうが、私は自分の買った将棋の駒(「淇洲書(隆月作)」(2016-11-15 の記事参照))を使い込んで早く木地をはっきりさせたいのでそうもいかず、市販の布盤では色移りが起きるとかいう話を聞いたことがあり、かといって布盤を自作する気にもなれず、それにやっぱり木の盤を使わないと駒が飴色になりにくいでしょう。

 というわけで棋譜並べはアルバイトから帰宅してすぐか、就寝前までにするしかない。というわけで「夜11時就寝、翌5時起床」になるときも結構ある。

 朝4時起床のときは、今のところ、このブログの予約投稿をするぐらいですが、小品なら絵画制作も可能なので、いずれそうなると思います。

 まあ、なかなかうまく行かないですねえ~。しかしこれが冬ならどうなるのかという心配もある。朝4時ってかなり寒いじゃん。そんな時間に起きて、果たしてあれこれできるのかしらん(暖房つけても寒いよ~)。

 背に腹は代えられぬ、という気持ちをどれだけ強く持てるか、という話になるんですが、あんまり自信ないなあ(そんなんじゃ、駄目じゃん)。

 時間捻出はできているので、当面はこのままで行きます。冬になったら、そのときはそのときで、また考えることにいたします。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第4技法テスト(油絵最終テ... | トップ | 月刊美術雑誌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。