アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

ボージョレ ブームに陰り

2018-01-19 06:07:09 | 時事
記事内容)
 ボージョレ ブームに陰り(朝日新聞 2017.11.17)

 フランス産ワインの新酒、ボージョレ・ヌーボーが16日午前0時、解禁になった。今年もまた、解禁を待ちわびた愛好家たちが、各地で祝杯をあげた。でも輸入量は年々減っている。なぜだろうか。

感想) 
 この記事によると、ボージョレ・ヌーボーの2016年の輸入量はピークだった2004年から半減し、今年2017年も減少する見込みだそうで、この記事の小見出しには、低価格ワイン増え「割高感」も、とある。

 でもねえ、私はワイン好きというほどではないですが、ワイン好きなら必ず飲むでしょう、ボージョレ・ヌーボーは。だってその年の新酒だもの。出来不出来は関係なく飲むでしょう。ワイン好きにとっては待ちに待った年1回の、年に1回にしかない楽しみ、大事な、大切な年中行事のはず。

 ボージョレ・ヌーボーが安いから日本で飲まれていたという事実は私は知りませんでした。確かに昔はワインは4、5千円出さないと飲めないような印象はありました。しかし今は4、5百円のワインも珍しくない時代。

 でもね、前にも書いたんですが、基本的にワイン1本千円くらいは出さないとだめ。そりゃ安くてうまいことに越したことはないけど、世の中そうはいかない。日本酒四合瓶と比較してみたらすぐにわかる。日本酒四合瓶も千円くらい出さないと、おいしいものは飲めない。
 だから逆に言うと千円出せばいい。そしてこれを2回に分けて飲めば、確かに日本酒でもワインでも1回で1本空けられますが、1回500円で済むわけで、決して高くつかない。

 ときには安いのもいいでしょう(私はワンカップ大関もよく飲みます)。しかし基本的な考え方としてワイン1本、日本酒四合瓶1本に、千円は出すものだと。そういう認識が必要なんじゃないでしょうか。そうじゃないとせっかくのボージョレ・ヌーボーを飲むという機会を失ってしまうということになる(まあその、今年初めてボージョレ・ヌーボーを飲んでみた私が言うのも何なんですが)。

 要するに、猫も杓子も、ワイン、ワイン、と言って大騒ぎする、ワイン初心者状態は脱却したと、日本人は。これからは本当に好きな人だけが、ちゃんとボージョレ・ヌーボーを楽しむと。ワインがすっかり定着した日本ではそれでもかなりの輸入量のはず。十分商売になります。

 もう定着したんだからいいんじゃないの? ブームは過ぎた。それだけの話です。

 付)これからは日本人はワイン中級者なわけで、商社の皆さまが安易にワインで儲けられる時代は終わりました。さあこれからが本番ですよ、知恵を絞って消費者に売り込んで下さいね。

 蛇足)実に久し振りの「時事」カテゴリーの投稿です。面白い新聞記事は見つけているんですが、横着して投稿してませんでした。これからはもうちょっとこまめに投稿いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さらば、国鉄型特急

2016-07-09 06:11:41 | 時事
記事内容)
 さらば、国鉄型特急 485系(朝日新聞 2016.6.18)

 国鉄時代につくられた特急車両で、当時の姿のまま最後まで残っていた485系が引退することになり、18日に「特急ひばり」としてJR仙台駅-郡山駅(福島県)の間を最終運行した。19日には「特急つばさ」としてのラストランがある。
 最終運行したのは、国内で唯一、残っているクリーム色にあずき色のラインが入った国鉄型オリジナルの車体。仙台駅のホームには朝から多くの鉄道ファンが集まった。午前9時すぎに出発すると「ありがとう!」の声が響いた。
 485系は1965年から特急車両として各地を運行。JR東日本仙台支社に最後の一編成が残っていたが、老朽化が進んでいた。(全文)

感想)
 な、懐かしい。この車両、まだ走っていたのね。とっくに消えたものだと思ってました。私は鉄道ファンでも何でもないので知りませんでしたが、きっと鉄道ファンの間では有名は話だったに違いない。
 思わず記事に取り上げてしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

演歌は日本の心、か

2016-07-02 06:31:30 | 時事
記事内容)
 オピニオン&フォーラム 演歌は日本の心、か
                   (朝日新聞 2016.5.21)

 女心、浪花節。せつない旋律、染みいる詞。忍ぶ恋、未練の涙、恨み酒、帰らない時代。日本人の心のふるさと。日本の伝統音楽。それが演歌。演歌を巡る言説を考える。(以下略)


感想)
 この記事は3人のインタビュー記事なのですが、とても面白かった。

 明治維新後の日本に入ってきた西洋音楽は、長音ならドレミファソラシの7音音階、半音も入れて12音音階。これは当時の日本人には複雑なので、第4音のファ、7音のシ(短調ならレとソ)を使わない5音音階、いわゆる「47(よな)抜き」が作られた。これは西洋音楽の日本化で、西洋の音階になれない日本人には実に歌いやすかった。

 演歌というジャンル名が生まれたのは1960年代後半。「演歌」誕生の背景には、西洋近代に対する反体制的な思想があった。その商業的成功は1970年代と80年代の20年間に限られる。

 2世代前となるともう思い出せない。そもそも知らない。だから、良い記憶や情報だけを合成して理想像を作り上げやすい。これがノスタルジーの基本構造。
 最初は「あえて」する作為的な選択でも、時の経過とともにそれが「本気で」伝統と信じられるようになっていく。

 以上、ごく簡単に抜粋しまとめてみました。古い新聞は図書館で読むことができるので、もし興味のある方は、今年、2016年の5月21日の朝日新聞を探して全文を読んでみて下さい。特に音楽好きは必読です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツアーバス事業場 違反85%

2016-05-28 07:09:14 | 時事
記事内容)
 ツアーバス事業場 85%違反(朝日新聞 2016.4.26)
 厚生労働省は25日、全国のツアーバスの事業場196ヵ所を対象におこなった緊急の立ち入り検査で、約85%にあたる166ヵ所で違法な長時間労働や健康診断をしていないなどの法令違反があった、と発表した。調査は長野県軽井沢町で1月に起きたスキーツアーバス事故を受け、抜き打ちで2~3月に実施した。調査結果を踏まえ厚労省は日本バス協会に対し、ツアーバス会社での健康管理や労働時間管理の徹底を要請した。

感想)
 約85%とはひどくないかい。いくらなんでも。これはツアーバス会社間の競争の激しさの裏返しでもある。いったいどんな業界なんだろうと思ってしまう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人工知能が開く未来

2016-05-14 06:53:49 | 時事
記事内容)
 オピニオン&フォーラム 人工知能が開く未来 インタビュー
                      (朝日新聞 2016.4.9)
 囲碁の世界で、米グーグル傘下の人工知能(AI)「アルファ碁」が世界のトッププロを4勝1敗で下した。「碁はゲームの中でも最も難しく、人間が簡単に負けるはずがない」―そんな人類の幻想は打ち砕かれた。(以下略)

感想)
 この記事はインタビュー記事なのですが、私の興味を引いた冒頭の3箇所を引用します。

「昨秋以来、AI同士が何万局という人間が一生かかってもできないくらいの対局を繰り返し、強くなっているとは思っていましたが、対局の展開は衝撃的でした」

「二つの方法を組み合わせたことが急速に強くなった秘密だと思います。まず、『深層学習』という機械学習です。人間の脳神経回路をまねた仕組みである『ニューラルネットワーク』を多層的にしたもので非常に精度の高いパターン認識ができます。これで盤面を理解し、打ち手のパターン分類を行います。そのうえで、勝利する確率が高い手筋を候補として残す『強化学習』を使うことで、打ち手を決定するのです」

「解説者がすぐに理解できないAIの指し手の意味が、しばらく後になってから分かる、ということが繰り返し起きていました(以下略)」

 このインタビュー記事の最初の引用にある通り、人工知能(AI)は確かに人間が一生かかってもできない対局数をこなしてきた。だから人工知能が人間に勝つのは当然と言えば当然。しかもただ数多く対局したわけではない。2番目の引用にある通り、これは勉強と復習を繰り返していたことを意味します。

 しかしながら、とりわけ衝撃的なのは、3番目の引用です。指し手の意味がすぐにはわからず、しばらく後になってから分かるということが繰り返し起きていたという点です。これの真の意味は実際に囲碁や将棋を指している人でないとわかりません。こうしたことは人間同士の対局でも起こりますが、それは稀です。私は囲碁は打ちませんが、将棋なら指します。将棋のプロの対局でも年間1局あるかないかぐらいのことが頻繁に起きていたということです。ちょっと信じられない。だからもう力の差は歴然。人間は人工知能には勝てない。

 わかりやすく言うなら、北斗の拳でいうところの「お前はすでに死んでいる」というやつです。相手は何をされたか全くわからないのですから、当然相手は負けます。将棋の世界では、既に10秒将棋(持ち時間なしの1手10秒で指す)なら、人間はコンピューターに勝てないと言われています。囲碁だけを特別視するのはおかしい。人間が負けるのは時間の問題でした。勝負の世界に生きるプロ棋士は結果が全てです。勝つか負けるか。勝たないといけない。だから人間が負けたことでプロ棋士やファン、関係者はショックでしょうが、一般の人たちは案外冷静です。そんなに騒いでいません。

 しかしまあ結果が人間の1勝4敗ではね。かろうじて全敗は免れただけ。内容も内容なだけに、やはりショックかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アジアに密着 変わる「日本製」

2016-04-26 11:05:11 | 時事
記事内容)
 アジアに密着 変わる「日本製」(朝日新聞 2016.3.16)
 蚊もとる空気清浄機、サリー傷めぬ洗濯機
 アジア独特の習慣やニーズに商機を見いだした「ご当地商品」に日本メーカーが力を入れている。成長市場で各国企業との競争が激しくなるなか、「高品質な日本製」という価値に頼らず、地元目線のアイデアで消費者をつかむ狙い。日本に逆輸入される商品もある。(以下略)


感想)
 インドネシアやマレーシア、タイなど東南アジア6カ国で、世界初の蚊取り機能をつけた空気清浄機、インドネシアで大容量のインクタンク搭載プリンター、インドで伝統衣装サリーを洗える洗濯機、洗える生理用ナプキンが、日本メーカーによって発売されたとのこと。

 これは要するに郷に入っては郷に従えで、現地の習慣から着想を得たり、要望に応えたりする形で、それを需要へ結びつけていく。大容量インクタンクつきプリンターは今年2月に日本での発売が始まったとのこと。

 やっぱり人間には面白がる精神が必要でしょう。そうでないと全てが面倒臭くなってつまらなくなる(だから食品やデータの偽装なんて事件が起きてしまう)。新しい着想とか斬新なアイデアとかよく言うけれど、それを得るには、世の中に何か面白いことはないかと眼を輝かせることに尽きる。つまり面白がる精神。これさえあれば日々、生き生きと暮らせるのではないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペットボトル素材 分解する細菌

2016-04-16 06:54:31 | 時事
記事内容)
 ペットボトル素材 分解する細菌(朝日新聞 2016.3.14)
 慶応大などの研究チーム、発見
 ペットボトルなどの素材として利用されているポリエチレンテレフタレート(PET)を分解して栄養源とする細菌を発見したと、京都工芸繊維大や慶応大などの研究グループが発表した。石油から作るPET製品は生物によって分解されないとされてきた定説を覆す成果だという。11日付の米科学誌サイエンスに掲載された。(以下略)

感想)
 おお!これは朗報だ。海洋投棄されたプラスチックゴミの問題は深刻なだけに、これで解決されれば言うことなしだ。素晴らしい! もちろん、だからと言って、じゃんじゃん捨てていいということにはなりませんが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピンチ 水戸「わら納豆」

2016-04-02 06:51:52 | 時事
記事内容)
 ピンチ 水戸「わら納豆」(朝日新聞 2016.2.27)
 わら確保困難 値上げ
 水戸の伝統的な特産品「わら納豆」が苦境に立たされている。農家の高齢化や大型機械の導入で、納豆用の稲わらの確保が難しくなっているためだ。納豆メーカーは2月から一斉にわら納豆を値上げして、存続を模索し始めている。(以下略)

感想)
 わら納豆は余分な水分がわらに吸収されるため、粘り気が弱く食べやすいとのこと。納豆用の稲わらは、小型機か手作業で刈り取って天日干しした稲わらが適しているが、わらが痛みやすいコンバインの導入が進んだこともあり、天日干しする農家が年々減っている、と書いてある。

 いつもこの手の記事を読んで思うんだけど、それまでは安く買い叩いていたんでしょう(この記事の場合は稲わら)。それで入手困難になってから、しかもそれは事前に予測できたはずなのに、大騒ぎし、こうして大手新聞も記事にして取り上げる。生産農家にしてみれば、ただ呆れるだけ。だったら、もっと前から高く買い取ってくれれば、こっちも考えていたんだけど、と。

 そんなに死活問題だと言うなら、水戸の納豆メーカー自身が稲わらを生産すればよい。そうしたら今までどんだけ安く買い叩いていたか、骨身に染みてわかるはず。こんな状況になってから高く買い取ります、なんて生産農家に失礼極まりない。もう自前で作るべし。そしてそのコスト分を価格に転嫁すれば解決、済みですよ。どうせ「わら納豆」なんてもともと高級品なんだから、買いたい人、買える人が買えばいい。それだけの話です。この記事をお読みの方で、農業や漁業、畜産業に携わる方、どう思われますか。私は、日本では第一次産業、軽く扱われていると思っているんですが。

 付)そう言えばもうだいぶ昔から、スーパーでわらに入った納豆を見なくなりましたね。私が子供の頃は、まだスーパーでも売っていたんですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄深海 金・銀を「養殖」

2016-03-29 06:11:49 | 時事
記事内容)
 沖縄深海 金・銀を「養殖」(朝日新聞 2016.2.26)
 海底掘削 熱水から鉱石回収  海洋機構
 海底から噴き出す熱水から、金や銀などを含む鉱石を「養殖」するプロジェクトが始まる。海洋研究開発機構などの研究チームが発表した。熱水には様々な金属成分が溶け込んでおり、海底を掘削して噴出させ、効率的に回収するための装置を開発する。こうした試みは初めてだという。(以下略)

感想)
 この記事によると既に養殖装置は開発されており、実験段階に入っている。これはこれで素晴らしいんだけど、こうやって養殖された金や銀が大量に市場に出回れば、金や銀の価値が暴落、世界経済が混乱することにはならないのだろうか。このプロジェクトを潰そうとする世界的な企みがあってもおかしくはない。海洋研究開発機構などの研究チームは十分気をつけねばなるまい。
 いや、ひょっとしたら海洋研究開発機構はギャラクターの一員かも知れない(いや違うって)。こうして金や銀を大量生産して世界経済を混乱、崩壊させようとしているのではあるまいか!(違う、違う) いや南部博士ならそう言うに違いない!(言わない、言わない) だったらコンドルのジョーなら言うかもしれない!(だから言わないってば)
 そうか、誰も信じないのか。しかしギャラクターは…(もうやめなさいってば)。

 付)えっ!? 「時事」ってこういうことやるの?(そうそう、自分が気になったニュースを取り上げるだけ) 新聞記事から1ヶ月遅れなんですけど(そうそう、だいたいそのつもり。あんまり早くは取り上げず、忘れた頃に取り上げるという)。

 注)この「時事」カテゴリーの最初の記事が「速報!東京MX『アルプスの少女ハイジ』再開決定!」だったため、こんな流れになってしまったけれど、だいたいこんな感じの記事ばかりになります。世間様の時事ブログは「政治、暴力、セックス」が多いので、独自路線で対抗したいと思ってます(単なるへそ曲がり)。とはいえ何かの興味の足しにはなるかと思いますが。

 蛇足)ギャラクターとは、日本のアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」に出てくる世界征服を企む悪の組織です。ギャラクターと言えば世界中の塩を買い占めて世界経済を混乱させる、なんて話もありましたね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

速報!東京MX「アルプスの少女ハイジ」再開決定

2016-03-18 21:07:25 | 時事
 4月11日(月)から放送再開いたします。
 【MX2】毎週月~金曜日
 17:00~17:30

 ようやく再開するぞ。随分遅かったなあ。私のように楽しみにしていた方、やっとです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加