アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

芸術家の評価は死後30年かかる

2017-06-23 06:15:38 | 画材、技法、芸術論
 一般に芸術家の評価は死後30年かかると言われます。生前高額で取引された作品が死後30年で値段が半減した、なんて話は実際によくあります。これは生前の評価が高すぎたということになります。

 通常はどんなに作品点数が多くても、作者が死んでしまえばもうそれ以上作品が生み出されることはないのですから、その価値は上がっていくはずなのです。それが下がってしまうということは作者なり画商なりが値段を吊り上げていたということになります。またそうした作品を買った人たちは必要以上のお金を出していたわけで、見る目がなかったということになります。

 逆に生前売れていて、死後30年経ってもさらに値段が上がっているなら、その人は本物の芸術家です。また死んだ当時は無名でも、死後評価され、その作品の価値が認められ、高額で取引される人も多いのです(その典型が生前は作品が1点しか売れなかったあのゴッホです)。

 それはわかったと。ではなぜ死後10年でも20年でもなく、いや40年、50年でもなく、30年なのか。それはおそらく、生前に本当にいい作品を制作していて、それを買ってくれる熱心なコレクター、ファンがいる。でも生前、世間ではさほど知られていなかった。こうした場合、その作者が世に知られるのは、作品を所有している人たちが、作品を手放したときです。

 つまり所有者が歳を取り、お金に変えたいと売りに出す、または所有者が死んでその作品を相続した子供が興味がないからと売りに出す。そうして市場に出回ったときに、もともと良質なのだから買い手はつき、さらに値が上がります。こうしたことが起こるのに作者の死後30年が必要なのでしょう。

 ですから有名だろうが無名だろうが、つまり売れっ子だろうが日曜画家だろうが、その人の作品の本当の価値、正当な評価は、死後30年経ってみないとわからない、というわけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンゴー初体験

2017-06-22 05:20:04 | グルメ、健康
 完熟しきったマンゴーを食べる機会があったのですが、これがなかなかおいしかった。

 色が本来の黄色から橙色、トロと刺身こんにゃくを足して二で割ったような食感、そして独特の臭い。

 実はこれがマンゴー初体験。南国フルーツは食わず嫌いで済ませてきましたが、この分なら大丈夫そう。

 で、満足したから何も問題ないんですが、何せ完熟しきっていたので、果たして普通に食べ頃のマンゴーはどんな味なのかと気になってきた。どうやらそんなに、てろてろな食感でもなければ、独特の臭いもしないらしい。

 そういうわけで、気になってスーパーでマンゴーを買ってきて食べてみました(写真のマンゴーがそれで、税別398円でした)。

 おお、なるほど。確かにあの独特の臭いはしないし、食感も柔らかいものの、若干てろてろ感は少ない。甘みは変わらなかった。

 私は野菜は何でも食べるんですが、果物は昔から好き嫌い、いや食わず嫌いが多い。でもここ2、3年で、柿、桃、ビワ、アメリカンチェリーと、いろいろな果物を食べるようになった。今度はこれにマンゴーが加わった。

 そうそう、マンゴーを食べてみて、ふと思ったんですが、ビワと似ていますね。種が大きくて食べるところが少ないし、甘い割に意外とさっぱりしている。

 こうして手を広げるのはいいんですが、果物は高いから気軽に買えません。とりあえず今度マンゴージュースを飲んでみようと思う。今まで敬遠してきたんですが、きっとおいしく飲めるでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月刊美術雑誌

2017-06-21 05:10:10 | 参考書、参考資料
 そんなに売れないと思われるのだが、意外にたくさんの月刊美術雑誌が存在する。そこでちょっと思いつくまま紹介してみたいと思う。

 まずは「芸術新潮」。美術ファンならご存知の雑誌。ほぼまるごと一冊特集記事で、それが売り。よって読み応えがあるし、画集としても機能する。公共美術館の企画展の図録よりも良かったりする。だからバックナンバーも貴重だ。
 次に「美術手帖」。これは現代美術を取り上げる、今の美術を扱う、そういう雑誌なんだそうです。私はほとんど買わないので詳しくは知らないのですが。

 さて上記の2冊は比較的売れているらしく、どの書店でも置いてあることが多い。それに対してあまりお見かけしないのが「美術の窓」。公募美術団体展に軸足を置いている。つまりは実際に絵を描いている人向けの雑誌。売れっ子画家の油絵制作過程の紹介が人気。新しい画材の広告は必ず入るのでたまに目を通しておくとよい。

 コレクター向けの雑誌というものもある。それが「月刊美術」と「一枚の繪」。特に後者は絵の値段まで載っているのが興味深い。どちらの雑誌も見たことがないという人がいたら、一度見ておくとよい。

 以上、大体この5誌が有名なところかな。大型書店へ行けば必ず置いてありますので、見たことがない雑誌があったら、見てみましょう。

 付)より専門的な雑誌として、月刊「國華」、季刊「版画芸術」、「西洋美術研究」(不定期)なんてものもあります。興味のある方はネット検索してみてね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反転攻勢その6

2017-06-20 05:45:23 | 随筆(日記、旅行、一行記)
*「反転攻勢その5(時間捻出、生活改善)(2017-05-21 の記事)」の続き。

 「夜10時就寝、翌4時起床」というのは、要するに早寝早起きなんですが、今の自分に合っているらしく(年取ったのね)、非常に快適なんですが、たった一つ問題があって、朝4時起床だと将棋の棋譜並べができない。

 切り抜いた新聞連載や月刊誌「将棋世界」の棋譜並べは、将棋盤と駒を使うのですが、どちらも木でできているので、駒を将棋盤に打ち付ける音は結構うるさく、階下にも響く。だから
家族の就寝中にはできない。

 これが致命的で困っている。ちょっと将棋に詳しい人なら、プラ駒とゴム盤を使えばいいじゃん、と言うでしょうが、私は自分の買った将棋の駒(「淇洲書(隆月作)」(2016-11-15 の記事参照))を使い込んで早く木地をはっきりさせたいのでそうもいかず、市販の布盤では色移りが起きるとかいう話を聞いたことがあり、かといって布盤を自作する気にもなれず、それにやっぱり木の盤を使わないと駒が飴色になりにくいでしょう。

 というわけで棋譜並べはアルバイトから帰宅してすぐか、就寝前までにするしかない。というわけで「夜11時就寝、翌5時起床」になるときも結構ある。

 朝4時起床のときは、今のところ、このブログの予約投稿をするぐらいですが、小品なら絵画制作も可能なので、いずれそうなると思います。

 まあ、なかなかうまく行かないですねえ~。しかしこれが冬ならどうなるのかという心配もある。朝4時ってかなり寒いじゃん。そんな時間に起きて、果たしてあれこれできるのかしらん(暖房つけても寒いよ~)。

 背に腹は代えられぬ、という気持ちをどれだけ強く持てるか、という話になるんですが、あんまり自信ないなあ(そんなんじゃ、駄目じゃん)。

 時間捻出はできているので、当面はこのままで行きます。冬になったら、そのときはそのときで、また考えることにいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4技法テスト(油絵最終テスト)その21

2017-06-19 13:13:12 | 絵画制作記
 今日は2枚とも画面の空以外の下地を塗った。当初の予定とは変更になってしまったが、これで正しいはず。

 制作前によく考えてみたのだが、当初の予定だと従来の仕上がりと何も変わらない可能性がある。確かに頭の中でこういう仕上がりにしたいという、目指す方向性はあるのだが、それの実現手順、つまり制作方法となると悩ましい部分が残されており、不安だ。

 問題は厚みで、厚みをつけるだけなら従来のやり方でもできるが、それだと仕上がりの色彩に不満が出る。その不満を解消しようとするのは難しく、もしできたとしても非常に時間がかかるのが容易に想像できる。

 今までそれで苦労してきたわけで、しばらく油彩で風景画を描いていなかったことが幸いし、自分の人物画の技法を風景画に応用することを思いついた次第。もともと自分の風景画の技法を人物画に応用してうまく行ったわけで、今度はその逆をするわけだ。

 もうね、これでうまく行かないと手詰まりですね。どうしようもない。今日はただの下塗りなんですが、それでも慎重に進めました。来週もよく考えて描き進めたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ~第112週のカテゴリー

2017-06-18 05:45:44 | 付記、お知らせ
 来週の定期投稿(月、水、金)カテゴリーは「絵画制作記」「参考書、参考資料」「画材、技法、芸術論」の予定です。

 こぼれ話をいくつか。

 先週のこぼれ話に書き忘れたんですが、私の右足に続き、母も右足を痛めました。スーパーへの買い物の帰りに思いっきりぶつけたらしく、右足の甲が土盛りしたみたいに膨れ上がっている。母は歩くのに足を引き摺るか、しゃがんで前へ進む始末。その晩は湿布を張って就寝し、翌朝タクシーで医者へ。幸い大したことないようで、次の日には腫れも引いて、普通に歩いてました。
 良かった良かったと思っていた矢先、何と私の従兄が腎臓を悪くして入院していたという。遠慮してか、教えてくれなかったので、わが家は誰も知らず、びっくり。つい最近無事に退院しました。3週間の入院だったらしい。今は自宅療養中です。


 で肝心の私の右足はというと、ようやくほぼ回復。ほぼ階段の上り下りも支障なし。ただしスラックスや短パンなどの下ズボンの着替えには支障が出ていて、左足を下ズボンに入れるのに、痛めた右足一本で体を支えることができず、どこかにつかまる必要がある。
 でもその程度などで九割方治ったと言っていいかと。まだまだ油断禁物で、この間もアルバイト先で右太腿をぶつけてしまい、足を引き摺り気味に歩くことに。幸い翌朝には治ってました。
 こんな調子だから何が起こるかわからず、当面は通勤は徒歩でなく、コミュニティバスを使っております。しかしこの分なら出かけられそうなので、早く将棋道場へ行きたいと思っているところです。


 以前このブログで紹介した蕎麦屋「手繰りや 玄治」なんですが(2016-03-18 の記事参照)、いつの間にか定休日が月曜と火曜になっていた。以前は月曜は昼のみ営業していたんですが、人気店ゆえ、どうやら手打ちそばが売り切れてしまうかららしい。どんなに景気が悪かろうと、ちゃんとやれば儲かるわけで、さすがですな。すっかりご無沙汰してますが、近いうちにわが家3人でお邪魔しようと思っています。


 アルバイトが長時間になって1ヶ月、会社の健康診断で衝撃の事実が。私の体重が何と62.2キロになっていた。これじゃあ激やせじゃん。あり得ない。この数値が信じられず翌朝アルバイトへ行く前に体重を量ってみると、何と!62.5キロだった。健診の数値、あってるじゃん。
 げっ、そう思って洗面台の鏡でまじまじと自分の顔を見てみると、頬がかなりこけている(毎朝髭を剃っているんだから、気づけよな、俺)。
 うそぉ、そんな馬鹿な! そんなんで痩せちゃうの? 痩せすぎだよ。5キロ太っても大丈夫じゃん。それぐらいが理想の体重になる(私の身長は175センチ)。
 もう徒歩通勤してないし、ちょっと抑えたとはいえ、相変わらず昼飯はカロリーオーバーだし、酒はほぼ毎晩飲んでるし、一体どうなってるの?
 昼飯ガツガツ食うかな。でもそれにはお金が要る。長時間労働になって最初の給与日が月末にくるので、それ次第かな。しかし、そんなことより髪の毛が欲しいよお~。


 どういう心境の変化か、一番搾りではなくスーパードライを飲んでしまった。いつもは一番搾りなのにどうしてスーパードライを飲みたくなってしまったのか謎。
 謎と言えば、サントリー角瓶のハイボールに飽きたのか、サントリーホワイトのハイボールへ切り替える。しかし相変わらず日本酒が飲みたいらしく、ちょこちょこ飲んでいます。
 まあね、歳とともに好みも変わるわけで、それならそれでいいんですけど、このまま行くと真夏でも焼酎お湯割りを飲んでいそうな予感もあって(何だよ、急に。話違うじゃん)、困っております。
 どんどん際限なくなるんじゃないかしらん。いろんな種類の酒を用意しだしたら大変だ。でも確かに酒の味を覚えたのは事実。これから大いに楽しみたいということなのかもしれません。
 お酒とは、健康に気をつけ、末永くおつき合いしたいと思っているところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

M120号制作記その37

2017-06-17 15:48:50 | 絵画制作記
 今日は午後から左隻のみを描く。なかなか画面手前の主題となる事物の修正がうまく行かない。あと1、2回は必要になると思う。

 あとは細かな修正作業を続ける。といってもほぼ仕上がっているので、少し直してみては気に入らないからとやり直してみたり、やりすぎたかなと拭き取ったりと、そうした作業の繰り返し。

 左隻については、背景の手直しはしないつもりですが、画面左側が気になると言えば気になるので、ひょっとすると明度を落とすかもしれません。

 こうしてみると、左隻より右隻の方が出来がいいのかもしれません。2枚で一組の作品なので、どっちも同じぐらいの出来にしたいのですが、難しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水彩模写「ブレダの開城」

2017-06-17 09:48:10 | 石膏デッサン、模写、自分の絵

「ブレダの開城」ベラスケス
         透明水彩、水彩紙(B3)、制作年月不詳

 ベラスケスも水彩模写していたんだ、私。ちょっと調べたんですが、これからずっと今じゃ覚えていない水彩模写ばかり続くんで、もうね、今後は記憶にございませんとは言わないことにします。

 それはさておき、もうちょっと描き込んでも良さそうなんだけどなあ、これ。今見ると急いで模写したような印象を受ける。ひょっとすると荒行のように連続模写をしていたのかもしれません。

 この有名な「ブレダの開城」、こうして自分の水彩模写を見て言えるのは、B3という小ささにも関わらず、画面が非常に大きく見える(もちろん原画はもっと大きいんですが)。ということは元々この作品自体の構図が素晴らしいのである。これには気づかなかった。

 「自然らしさのあるところ技巧あり」とはベルニーニの言葉ですが、それを思い知らされた次第です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

溶き油の調合に必要なもの

2017-06-16 04:17:21 | 画材、技法、芸術論
 油絵を描いていて最初は市販のペインティングオイルを使っていても、さまざまな理由でいずれは自分なりの溶き油を調合することになると思う。

 そこで媒材(揮発性油、乾性油、天然樹脂)以外に何が必要なのか、意外といろいろなものが要るので、書いておこうと思う。

 まずは下の写真を見てもらいたい。


①ティシュペーパー(左上)
②計量カップ(左下)
③  漏斗(②の隣)
④   匙(③の隣)
⑤ ぼろ布(中央上)
⑥  絵皿(中央下)
⑦テレピン(右端)

 まずは必要な分量を量るために計量カップが必要なのだが、大きなものは要らない。小さなものが欲しい。そこでお薦めしたいのが、②の「計量カップ50ml(2個組)」だ。これは料理用のもので、貝印株式会社から発売されている。

 ただし下の写真を見て欲しいのだが

 完全に円形のため、つまり先細りの注ぎ口がないため、うまく注げない。そこで③の漏斗が必要になる。④の匙は計量カップに残った媒材を掻きだすのに使う。そして⑥の絵皿は漏斗や匙を置くのにあると便利だ(匙は普通のスプーンで、絵皿も普通の皿で構わない)。

 さて⑦のテレピンがなぜ要るのかというと、これは使い終わった計量カップや匙、漏斗、絵皿の掃除に使うのである。もちろんテレピンは油絵制作の初期段階の、いわゆるおつゆ描きで使うし、溶き油調合の媒材としても使うものだが、道具の掃除にも使うのである。これは同じ揮発性油のぺトロールでは駄目である。ぺトロールは溶解力が弱いため、ちゃんと掃除することができない。

 掃除の手順としては①のティシュペーパーで大体のところを拭き取り、新しいティシュペーパーにテレピンを含ませて、丁寧に拭き取る。これで良し。

 なお⑤のぼろ布はあると便利で、溶き油の調合で物を置くテーブルが汚れないように敷いたり、ちょっと手が汚れたら拭いたり、テーブルに媒材をこぼしてしまったときに拭いたりするのに使うとよい。

 最後に肝心なものを紹介。それは調合した溶き油を入れる瓶だ。写真を見て欲しい。

 どんな瓶を使っても構わないが、できれば写真左の瓶のように中蓋がついているのが望ましい。溶き油の調合は、瓶に乾性油、天然樹脂、揮発性油の順に入れた後、よく瓶を振るので中蓋があったほうがいい(なくても困るわけではないけれど、あると安心だ)。

 そこで写真中央や右の市販の溶き油の瓶を使い切ったら捨てずに取っておくとよい(写真は空瓶ではありませんが)。ちなみに写真左の空瓶は俵屋工房からわざわざネット通販で買ったものです。

 このように溶き油を調合するにはたくさんの道具を用意しなければなりません。少々お金もかかりますが、一度揃えてしまえば、あとは媒材だけになるので楽です。

 溶き油の調合は最初は大げさで面倒臭いように思えますが、ちょっと慣れてしまえば大したことはなく、あれこれ理想の溶き油を追求するのが楽しくなります。やってみたいと思っている方、これを機会にぜひ挑戦してみましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抹茶考

2017-06-15 06:00:54 | グルメ、健康
 抹茶は粉末なので何かと加工食品に使われやすく、ソフトクリームやチョコレートなどの甘いものを中心に多岐に渡る。

 でもね、抹茶を使っておいしくなるかは疑問なんじゃないかと。例えばソフトクリームにしても、普通のと抹茶のと、どちらがおいしいかというと、やっぱり普通の、あの白い方でしょう。

 アルバイト先の昼飯に、たまたま写真のランチパックを食べたんですが、これだってそれなりの味で悪くない。でもおいしいかというと、そうでもない(食べ終わった袋の写真で申し訳ない)。

 いやいや、抹茶味なんて季節もので気分、気分の問題ですよ、と言うかもしれませんが、それにしても安易に使われすぎなんじゃないかと。

 つまり、まだ本当に抹茶の良さを生かした食べ物はないんじゃないかと。写真のランチパックを食べながら、ふとそんなことを思った次第です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加