絵画教室アトリエ伊丹ブログ

伊丹市、川西市、西宮市、宝塚市、尼崎市、池田市、豊中市近郊の絵画教室/画塾です。

ウレタンフォーム、ケント紙、銅線を用いて立体表現しなさい。

2017年07月16日 | 美大受験クラス

美大受験クラス(京都芸大コース)の国公立対策レッスン課題は「ウレタンフォーム、ケント紙、銅線を用いて立体表現しなさい。」(3時間)です。

2003年度京都市立芸術大学の立体課題を出題しました。⇨『京芸過去問

今回のテーマをネットで検索しても全く過去作品(合格再現)が出てこず、材料を探すのも大変でした。

ウレタンフォームの加工、銅線の使い方など初めて扱う材料に参加者は皆苦労していましたね。

僕の中では今年度ウレタンフォームに似た素材が出題されると予想しています。

今日の授業が受験当日にも繋がるはずです。目標は立体科目、受験者全員200点以上です。☆

 ➡『国公立対策レッスンのご案内

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 美大受験クラス・立体作品集

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 与えられた赤ピーマン、アル... | トップ | ヘイネケン、タオル、カラー... »
最近の画像もっと見る

美大受験クラス」カテゴリの最新記事