絵画教室アトリエ伊丹ブログ

伊丹市、川西市、西宮市、宝塚市、尼崎市、池田市、豊中市近郊の絵画教室/画塾です。

国公立対策グループレッスン

2017年11月13日 | 美大受験クラス

本日は国公立を目指す生徒を対象としたグループレッスンを行いました。

画像は紙風船の下書きを出し合っている場面です。初参加者もいて緊張感のあるレッスンとなりましたね。

色彩の下書きでは『アタリの取り方』がとても重要になります。デッサンでもアタリ線なんて言葉をよく使いますよね。

アタリ=大まかな形や位置を決めるときの目安になる線や円のことを言います。「見当をつける」の「当(アタリ)」のことです。

人物だと頭部の楕円や顔のパースの位置を決める十字線、身体の関節などのアタリは肉付けする前の骨組みになります。

特に下書きが慣れていない人はアタリを取ることによって、ラフが描きやすくなります。

それから、、、。っとブログではこの辺までにしておきますね。

当教室では担当講師がマンツーマンで指導にあたる国公立対策レッスンを毎週行っています。

さらに詳しい内容を聞きたい方は是非ご参加ください。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・色彩作品集

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「与えられた紙コップ50個... | トップ | 「与えられた霧吹き、スコッ... »
最近の画像もっと見る

美大受験クラス」カテゴリの最新記事