and SOROR のブログ

色えんぴつのアーティストTONと
アートプロデューサーの朱晶による
アートなユニット

☆ おしらせ ☆

TONと朱晶によるアートなユニット
and SOROR (アンド ソロル)  
and SOROR の ホームページ はこちら。

■TON facebook ページできました!
アーティストTON facebook ページ
「いいね」してくださいね!

全国一斉熟睡プラ寝たリウム!

2013年11月26日 | TON
勤労感謝の11月23日。
全国12カ所のプラネタリウムで
こんなイベントがあったのをご存知でしょうか。

「熟睡プラ寝たリウム」

どういうこと?
ふざけた名前だなぁ。

プラネタリウムってね、夜空の星を再現してくれる
とっても素敵な空間。

光や喧騒だけでなく、時間までも現実から切り離して
別世界を味わえる空間。

うっとり。

うとうと。。。

すーすー。。。

ってね、寝ちゃいません?
うっかり。

それを逆手にとって、
胸を張って「寝よう!」
って、イベント(笑)

勤労感謝の日にね、日頃お仕事ご苦労様って気持ちも込めて
いつもに増して心地よい解説と空間を演出して
プラネタリウムを見ながら、寝る!
という、なんとも贅沢なお話(笑)

この取り組み、3年前に明石市立天文科学館が始めて
昨年からは、全国のプラネタリウム投影機を持っている
科学館や施設等に声をかけて、4館で実施。
そして、今年は、12館で実施です!

さらに、「日本プラ寝たリウム学会」なるものまで作り
日夜、プラネタリウム投影中の「熟睡」について
研究をしているとかどうのこうの・・・(笑)

大人の悪ノリ!
しかも真面目に(笑)

ここが面白いところ。


今年、この「日本プラ寝たリウム学会」に
私、TONが作品を提供しまして
ポスターや、チラシ等に使われています。

関連記事いろいろ
3月8日の記事  「TONの作品がポスターに!」
3月31日の記事 「プラ寝たリウム2枚目」
6月7日の記事  「プラ寝たクリアファイル販売中!」
9月26日の記事 「熟睡プラ寝たリウム ポスターになりましたよー」

街で見かけたりすると、嬉しくなります☆


でね、せっかくこんなご縁をいただいたわけだし
これは行かねば!と
行ってきました「熟睡プラ寝たリウム」



入口には、まずポスターがお出迎え。
えへへ。嬉しい。



真っ暗闇にそびえ立つ、天文科学館。
そもそも、閉館後の普段は入れないミュージアム
ってだけで、テンションあがるよ。
わはは。

入口で予約していたチケットをもらうと
ナントそこにまで、私の作品の一部が使われてました。
きゃぁ。嬉しい。



プラネタリウムドームの入口には
展示ケースに厳重に飾られた・・・証明書。

なに!?

右が「熟睡証明書」
左が「完徹証明書」

熟睡プラ寝たリウムを見た後にね
自己申告ではありますが、どちらかの証明書がもらえます。

この、仰々しさが笑える。



ドームに入ると、お馴染みの投影機の前に
枕と心地良さそうに眠る犬のぬいぐるみ。

楽しみすぎです(笑)



入口から、左側が通常の席。
右側奥が「いびき席」
いびきが心配な方も大丈夫☆


ってな具合に、気分盛上げまくり!
いつもと違う、何とも言えないドキドキ感と
ドキドキしつつも、何だかまったりした空気が漂う
不思議な空間となっていました。


さて、いざ始まります。
熟睡プラ寝たリウム。

今年の解説は、学芸員の鈴木さん。
よく天文科学館に行かれる方はご存知だと思います。
鈴木さんの解説は、なんとも心地よい。
優しい声と、穏やかな語り口で・・・
寝れます(笑)
声のトーンが一定で、まったりと・・・
寝れます(笑)

さらに、今年はアンビエントアーティスト(環境音楽家)
岡野弘幹さんの生演奏を聞きながら、という
心地よさ120パーセント!

太陽が沈み、だんだん暗くなってくると・・・

すー・・・すー・・・

っと、寝息が・・・

早っ!!
もう寝てる!!(笑)

隣の席の人も、目を閉じてる。
寝る気満々。

空が真っ暗になり、星が輝きだすと
いつものように、星の解説をするのだけど
星座絵や、プロジェクターなどは使わず
矢印と声の解説だけ。

また、音楽を聞きながら
ゆっくり、ただ夜空を眺める。

この解説方法、ある意味想像力が働き
いつもより豊かな宇宙に触れられている気がしました。

流石に解説がなくなり、ただ音楽と星空だけとなると
眠たい気分にもなってくるのだけど
なんだか、いつも見えていない星まで見える気がして
目をつむっていたくなかった。

周囲からは心地よさ気な寝息といびき(笑)

後半、解説が少々小難しい話しに・・・

ガリレオ・ガリレイが望遠鏡で、云々
ニュートンが万有引力を、どーとかこーとか
更にアインシュタインが、どーちゃらこーちゃら・・・

寝かせにかかっておる!(笑)

しかーし!
結構こういう話し、好きでね
楽しくなってきた☆

そして、時間は過ぎ
太陽が昇ってきました。

「おはようございます」

お決まりのセリフ。

でも、今日は本当におはようございます、だ(笑)
鈴木さんめっちゃ笑顔でした。


楽しんだ!

え?熟睡??

してません、すんません・・・。

すあきさんは少しウトウトしたようで、
ではそれぞれに証明書を。



右、すあきさんが持っているのが「熟睡証明書」
左、TONがもっているのが「完徹証明書」

ここにも私の作品が使われていました。
う、嬉しい。
しかも、印刷の色、キレイ。
きっとこだわって、再現してくださったんだろうなぁ。

ありがとうございます。
嬉しいなぁ。


帰りに、館長さんに
「いつもと違う感じが楽しすぎて
 ずっと起きてました!」

と言うと、「それは内容を考え直さなくては・・・」
とか、少々悩んだおられました。

しまった!
寝かすことが目的だった。

趣旨を見失わず
頑なまでに貫く。

素晴らしい!!

そんなところがスキなんです。


明石市立天文科学館のプラネタリウム。

ウリは、なんといっても
稼働している投影機の中で、国内最古。

と、もうひとつ、
解説員による、肉声解説。

同じ内容でも、解説員の方
また、日によって、お客様の反応によって、
解説が変わったりします。

この、肉声解説が魅力なんだけど・・・
もしかして、肉声じゃない方が寝るかもしらん。

普段のプラネタリウムでも、星の解説は聞いてるけど
星にまつわる物語(紙芝居的な)とかになると、
ウトウトしてしまう率が高い。

やっぱり、生の声って魅力的なんだな。
ライブって、すごいな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京都・南座体験♪

2013年11月23日 | すあき
TONの作品展「HOPE☆」も終わり
ちょっとゆっくりモードなTONを
半ば強引に連れ出して
京都に行ってきました。

※ ちょっと長めですのでご注意ください。

目的は・・・
現在、京都の南座で行われている
南座歌舞伎ミュージアム
秋の特別舞台体験

なんと京都の南座の舞台の上に上がらせてくれて
舞台のいろいろな機構を体験させてくれる
というイベント

いやー 行きたいに決まってるっ

忙しい
確かに忙しいんだけど

行きたいこと、見たいものは
時間を作って見とかなきゃいかーーん

が、今年のテーマなワタクシ・朱晶
  

これは絶対行っときましょう

というけで
いざ!京都・南座へっ!

せっかくなので、プチ観光気分で
錦市場を通りすがって・・・
近くにおしゃれなカフェを発見

町家を改装した
いい感じのカフェ

こちらで、ほっこりランチしました

あぁ、ゆっくりランチを楽しむなんて
久しぶり・・・・

ハラごしらえして、南座へ

やっぱりカッコいい建物ですねぇ。

11月は歌舞伎などの公演はないようで
あーだから、こういうイベントができるのねー
と今更ながらに納得(遅・笑)

この舞台体験は1回30分ほどのツアー。
それを1日8回するのですが
各回60人が定員なのに
この日の体験はすべての回が満員

いやぁ、早めに申し込んでおいてよかったぁ


さて、このツアー。
まず客席に座って、そこで靴を脱ぎ
各座席においてあったスリッパに履き替えます。
舞台は神聖な場所ですから
土足厳禁 です。

スリッパに履き替え
上着や大きな荷物を置いたら
客席後から 花道 を通って舞台の上へ。

花道を通ると、意外と客席と近いので驚きます。
そして、結構 幅が狭い。
ここで舞いながら・・・
なんて役者さん怖くないのかしら。

舞台の上に立つと
この視界が開けます

いやはや、素晴らしい眺めです

あ、そうそう記念の自撮り(笑)

左は、驚きを表現しているTONさん
(注・ムンクではありません)

舞台の上で、あれこれ説明を聞きながら
「廻り舞台」を回転させてくれました。
これは写真じゃなくてムービーを撮ったのですが
貼付け方が分からないので割愛

でも、意外にスピードは早めで
だいたい1分半くらいで一周します。

お次ぎは「迫り」を体験。

「迫り」は、舞台の一部が
上がったり、下がったりする機構。
もちろん「迫り」にも乗りましたよー

これは自分が体験したあと
横から見ているのも面白かったです。
だって、こんな景色は舞台上からじゃなきゃ
見れませんものねー

そんな「迫り」で 上に上がった時の視界は
こんな感じ

先に載せた舞台から客席をみた写真と
見比べてくださいね。
結構高いですよねー。
客席の2階と同じくらいの高さなのだとか。

最後は「チョンパ」という
幕を開ける手法を体験。

これは舞台も、客席も真っ暗な状態で
舞台の幕を上げて
拍子木のチョーン、チョーンという音に合わせて
パッと照明が灯るという、舞台効果の一種です。

これは効果を存分に感じるため
カメラの撮影は禁止。

いやぁ、これもおおおっ
まんまと思ってしまいました。

一瞬にして、客席が目の前に広がって
そりゃあ役者さんたちは
気持ちいいんだろうなぁと。

そんなこんなで、30分の体験は終了。
花道を通って帰ります。


ちょうど南座では、1~2階のロビーをつかって
「南座と歌舞伎体験」という展示もされていまして・・・

劇場の前に飾られる「まねき」や「歌舞伎絵」
(大きさはTONをご参考に。
 TON 全長173センチ)


舞台上で使われる乗り物。
手前に見えるのは船。
奥は、駕籠(かご)ですね。
実際に乗ってもOKなんですが
私たちは見ただけでした。

その他にも、舞台上で出す効果音の道具などもあって
こちらも自由に体験できるようになっていました。

私的に嬉しかったのは、イノシシの彼(笑)
彼は忠臣蔵の中に一瞬しか出て来ないのですが
なかなか重要な役回りを果たすのです。
いやはや、顔が可愛い・・・


てなわけで、
終わったら もちろん お茶

南座の少し北側にある
井筒八橋本舗の祇園本店の喫茶店にて
おたべの夕子で、有名なお店ですねー。

TONはここで、ニッキパフェを。

私・朱晶は、焼き八橋セットをいただきました

ちいさな七輪で、生の八橋を軽く炙って食べます。

ほら、ぷくっと焼けてきた

くりあん、こしあん、いもあん と
3つの餡がついていて
焼けた八橋にくるんでいただきました。

いやぁ、なかなかに美味しい
少し温かくて香ばしい感じが
また美味しかったので、なかなか満足なセットでしたよー。

てなわけで、秋の京都を
まったり楽しんだ私たちでございました


舞台機構を体験できるなんて
なかなかナイ機会なので
とっても楽しかったでのすが

んーーーーーーっ

でも、やっぱりやっぱり
今度は歌舞伎の舞台が見たーーーい

と、言いながら帰ってきました。(笑)
生の舞台はやっぱり魅力的だなぁ。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年カレンダー 販売開始です!

2013年11月19日 | お知らせ
お待たせしました!
毎年恒例のカレンダー

2014年カレンダー
WEBでの販売開始です!!


先日まで開催していました
作品展「HOPE☆」では
一足お先に販売していました。

2014年カレンダーは
卓上カレンダーです。




明石発ご当地アイドルグループ
「YENA☆(イエナ)」をイメージした
ピンクの髪の女の子 イエナちゃん。

先日の作品展「HOPE☆」で発表された
このイエナちゃんの新作8点がデザインされています。

ここ数年のカレンダーからすると
とてもかわいい出来となっています(笑)

来年1年間を一緒に過ごしましょ☆

詳しくは
and SORORのホームページ
web shopのカレンダーのページをご覧下さい。

欲しいぞ!という方は
メールにてご注文下さい!
TONかすあきに直接ご連絡下さってもOKです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YENA☆作品の制作話と言い訳10「言えないよ」番外編

2013年11月15日 | YENA☆
明石ケーブルテレビプロデュース
明石発のご当地アイドルグループ
「YENA☆(イエナ)」

そのデビューシングル「言えないよ」の
歌詞カードとCDの盤面作品の
制作話と言い訳。

先日無事終了いたしました
作品展「HOPE☆」までに
最後、猛烈ラストスパートをかけてお届けしました。

会期中、「言い訳読みましたよ」
なんて言ってくださる方もあり
楽しいきっかけともなりました。

私の個人的な思い入れだけで
的外れなことも多々あったと思いますが
お付き合いいただきまして
ありがとうございました。


さて、全員分終わったのに
まだやるの?

番外編??

そう、番外編。

最後の言い訳です。

BGMは「最後の言い訳」ではありません。
全く合いません(笑)


では行きましょう。

YENA☆作品制作話と言い訳 番外編

「明石ケーブルテレビIさん編」

この言い訳ブログにたびたび登場してきた
明石ケーブルテレビのIさん。

時々現れては、
「こんな髪型にしろ」だの
「ここが似てないじゃないか」だの
何だかとても上からな、エラそうな感じを受けたでしょうか?
(本当は決してこんなに強い口調じゃないw)

違うんですよ。

私が困っている時に、的確に意見を下さっていたのです。
めっちゃ助かったのですよ。
Iさんが担当してくださってなかったら
CDの盤面のメンバーのイメージ画は
完成していなかったと思います。

そもそも、YENA☆のCDに私の作品を、
と思ってくださったのはIさんでした。

Iさんが見つけてくださっていなければ
CDのお仕事も、YENA☆との出会いも
作品展「HOPE☆」もなかったのです。

ホント、感謝してます。


私は、依頼をお受けして作品を描くことを
主としていません。

自分の作品には、だいぶ自信はついてきましたが
依頼の作品となると、依頼主の望む作品が必要となり
それに叶う作品かどうかは、私の意向、感覚などだけで
決まるものではなく、なかなか難しいものがあります。
上手にいろいろ描き分けられる方じゃないし。

でも、今回の依頼は
「TONの作品が使いたい」という、
なんともありがたいお話でした。

歌詞カードになった作品は
ラフでOKが出た以降は
「好きに、TONさんらしく描いて下さい」と
完全に任せて下さいました。

初めてお話させていただいた時から
こう思って下さっているのが分かり
私の作品に向かう気持ちを大事に思い、
作品を大切にして下さる気持ちが伝わってきたので
引き受けることにしたところもあります。


Iさんとは数回、打ち合わせと称して
YENA☆について熱く語りました。
Iさんの想いと、こちらの思い込み。
とても楽しく、ついつい長時間になる訳です。

お話しているうちに
どうも、Iさんとは共有できる感覚があるな、
と、感じました。
特に「かわいい」と思う感覚が似ている。(気がする)

「かわいい」というのは
なかなかに漠然とした言葉で
人によっては、全く異なるイメージを
持っていることがあるのです。

今回、YENA☆に関わるにあたり
この「かわいい」は私にとって、
とても重要。

もともと「かわいい」好きだけど
今回はアイドルだしね、
かっこよくも、スタイリッシュも、シャープさも
あってもいいけど、
なによりも、「かわいい」が必要だと思うのです。

この、YENA☆に欲しい「かわいい」が
どうも似ている。
こうするとかわいくなりますよねー!
って、感覚が似ているので、盛り上がる。

これ、とても大事。
共通認識が持てないと、お仕事しにくいのです。

普段は私はすあきさんとお仕事してますので
大概のことはニュアンスで伝わるのです。
感覚が違っても、私なら、すあきさんなら、
こういうことを言ってるんだろう、と
お互い補いあえるのです。

が、他人となると、
何度言っても伝わらない・・・
とかね。
結構大変。

これがあまりなかったのは
とても助かりました。


作品に関して、
特に、CD盤面のメンバーのイメージ画について
意見があれば、何でも言って欲しいと伝えていました。
すると色々と気になるところや、変更案なども言って下さって
かなり、相談に乗っていただきました。

時期的に、デビュー寸前。
CDのこと、衣装のこと、
誕生イベントのこと、初ライブのこと、
デビュー後のイベントのこと・・・など
やること考えること盛りだくさんな
とてもとても大変な時期だったと思います。
にもかかわらず、メールで何度も意見をいただき
最後までひたすら付き合っていただきました。

感謝してます。


とても熱くYENA☆を想う気持ち。
メンバーそれぞれのかわいいところを
結構よく気付いていて
それを引き出したいと考えてる気持ち。

の反面。

時々、妙に、ドライ。
ちょっと怖いぐらい、ドライ。

いや、怖い(笑)

全く気配が消えることもある。

この振れ幅がいまいちつかめなくて
正直、未だ、よく分からん(笑)


それでもそれでも、Iさんとだから
楽しく作品を描くことができました。


先日まで開催していました
作品展「HOPE☆」

実は、Iさん
まさかの皆勤賞!

毎日来て下さいました。

2回来て下さる方って、ちょいちょいあるのです。
3回来て下さる方も、過去数名あります。

が、いくら会期が短いとはいえ
5日間、毎日とは!!

まぁ、初日はね、顔を出しに?
2日目は打ち合わせついでに?
3日目は紹介ついでに?
4日目はお仕事でしたね。
で、5日目は、やっとプライベートで?

いやはや、変な人です。
じゃないや。
感謝しかないです。


そして作品の見方が、半端ない。
猛烈に集中して、無言で、
じーーーーーーっと作品の前に立ってる。

(これ、作者としてはめっちゃ緊張します)

ほら、Iさんには今さら説明することないやん。
YENA☆のことは私より知ってる訳だし
この作品展のきっかけも、何もかも知ってるし・・・

と、思ったら
この人、原画見るの初めて!!!

で、今さら画材や描き方について話すも
なんか変な感じで、ものすごい話しにくい(笑)

もう、最後の日は、ほぼ放置(笑)

でも、スキに作品見たり
私が他の人と話してるのを楽しそうに見てたり
アンケートに答えてみたり、と
満喫していたのではないでしょうか。

時々、お仕事の人なのか、知り合いなのか、友達なのか
感覚がごちゃごちゃになってました。

毎日来て下さって
あれだけ集中して見ていたので
どんな感想をくれるかと思えば
アンケートに書かれた好きな作品の理由が

「素晴らしい!!」
のみ。

おい!

言葉では上手く言えないようですが
色々な行動から察するに
ホントに、私の作品
スキだって思っててくれたんかな。

なんか嬉しくも、こっぱずかしくも(笑)

ありがとうございます。
全ての始まりは、Iさんからです。

こちらこそ、出会えて嬉しかったです☆


メンバーのイメージ画とともに描いた
イエナちゃんの顔アップ。

もともと、YENA☆というグループ全体を
1人の女の子として表現したのが
この、ピンクの髪の女の子でした。

明石ケーブルテレビさんと打ち合わせの便宜上
私たちの中だけで、イエナちゃんと呼ばれていました。

これがいつの間にか通称でなくなりつつある。



これはホントにおまけで描いたのに
CDの背表紙や、初ライブの整理券、
現在は缶バッチにまで使って下さっています。

明石ケーブルテレビのYENA☆に関わる方の名刺にも、
このイエナちゃんを入れてデザインして下さったようで
イエナちゃんも愛して下さってとても嬉しいのです。

が、
Iさんの名刺だけを見ている
YENA☆のメンバーたちが
イエナちゃんという設定を知らずに
この絵はIさんのイメージ画だと思ったらしく
「Iちゃん」と呼ばれていました(笑)

確かにね、ヘッドフォン的なのを付けてて
カメラを回してる時のIさん・・・みたい??

メンバーが「Iちゃん!!」と言うと
必死になって
「イエナちゃんです! Iちゃんは許さん!!」
と反論するすあきさんと

「なんでこうなってしまったのか・・・」
と、恐縮しまくるIさんが

私的には、大変おもしろい(笑)

Iさんをイメージして描いて
こんなかわいいピンクの髪に
なるわけないやーんっ!!(笑)

ちゅうか、私、かわいい子しか
描きませんから☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作品展「HOPE☆」ありがとうございました!

2013年11月13日 | YENA☆
11月7日~11日まで開催していました
作品展「HOPE☆」
無事会期を終えることができました。



通常より少し短い会期で
また、時間が変則的な中
たくさんの方にご来場いただき
作品を見ていただき
幸せな時間を過ごすことができました。

ご来場下さった皆様
ありがとうございます!

また、会場には来れなかったけど
思いを寄せて下さった方
を、またやってるんだ、と思って下さった方
見えないところで支えていただいている
たくさんの思いに感謝しています。


今回の作品展は
明石ケーブルテレビプロデュースの
明石発ご当地アイドルグループ
「YENA☆」(イエナ)にきっかけをいただいたものでした。

1つ前のブログの記事に載せた
会場に掲示していた言葉。
それが、この作品展への想いです。


ただただ、私が描きたくなって描いた作品。
ただただ、私がやりたくなった作品展。

YENA☆のみんなからもらったものを
単なる私の思い入れだけで形にしたものでした。

なのに、なのに、
明石ケーブルテレビさんに
こんなに支えていただいて、
宣伝までさせていただいて・・・
YENA☆のみんなに、こんなに喜んでもらえて
YENA☆を支えている家族の皆様
そして、YENA☆ファンの皆様にまで
たくさんたくさん想いをいただきました。

私、なんてしあわせなんだろう。

作品展の会場にいるのは
とてもたのしい時間なのです。

長い時間かけて向き合ってきた作品を
たくさんの方に見ていただき
見てくださる方とお話をできる、
私に特別な時間なのです。

それが、今回の作品展では
いつもに増してしあわせで
終わってしまうのが
とてもとてもさみしかったです。
こんなにまだ続けたい作品展も
そうそうない、というぐらい。


今年から、私 TONと
アートプロデューサーの木村朱晶のふたりで
アートなユニット「and SOROR」
という新しい形として活動しています。

今回の作品展は「and SOROR」として
初めての作品展となりました。

準備の段階から
これまでとは違う状況で
いつものようにスムーズにいかず
時間が全然足りなくて
それでもこだわりたくて・・・
作品はなんとかなりそうなのに
それ以外の準備の段取りがぐちゃぐちゃで
会期の1ヶ月前ぐらいから
間に合うのか不安で不安で仕方なかったです。

カレンダーを見ては
進まない準備と近づいてくる会期に焦り
開催直前までひたすら準備に追われ
あまりの焦りと疲労からお互いイライラし、
前日深夜にものすごい険悪なムードになるという
初めての状況でした。
今となっては笑い話(笑)

そんなまま作品展に突入したもので
日を追うごとに疲れが隠せず
夕方になると哀れな顔で写真に写っていました。

それでも会場にいるのは楽しく
ご来場の皆様からいただく想いで
心はいっぱいに満たされて
だから乗り切れたと思います。

ありがとうございます。
新たな形、次回へのいい経験となりました。


オンボロの体は作品展終了後、
搾りかすのようになっていました(笑)

昨日私がしたこと。

メールを送る。
facebookをちょっとだけ見る。
いただいたお花を母とともに愛でる。
レインボーローズをドライフラワーにすべく
逆さ吊りにする。(現在結構シュールな図になっている)
生命維持のためだけの食事をする。
寝る。

以上。

7割は寝てたと思います。

少しだけ瑞々しさを取り戻しました。

さ、皆様からいただいた想いに
お返しをしなくては!
いつまでも寝てられない!!



会期中、YENA☆のプロデューサーさんから
メールをいただきました。
そこに
「イエナのメンバーたちは原画を見て、
 お二人の愛を実感したに違いありません。」
と、ありました。

このメールを読んで、初めて気付きました。

あ、私、YENA☆のこと、スキなんだ!(遅っ!)
(「愛」とか言っちゃうと照れるので・・・。)

作品展をする予定のなかった今年。
うわ!いいテーマもらった!
と思って開催した作品展。

時期的にも、カレンダーの絵が描ける!
やったー!と思って描いた作品。

YENA☆からきっかけをもらったと言っても
YENA☆を描いてるわけでもなく
ただ私が描いてみたいものを描いただけで
正直明石ケーブルテレビさんにも
YENA☆にも、迷惑なんちゃうやろか?と
不安になりつつも
勝手に楽しく描いた作品。

制作期間が短いにも関わらず
ひたすら突っ走って描けたのは・・・

そうか、YENA☆のことスキだからなんだ。

気付かせていただいてありがとうございます。

YENA☆のみんなー!
大スキー!

そして、YENA☆を支えている周りの皆様も
大スキです!!

全ての始まりは
私を見つけてくださった
明石ケーブルテレビのIさん。
私の絵を使うと決めてくださったOさん。

お2人には「ありがとうございます」
という言葉では足りないくらい感謝しています。

そして、いつも作品を大切に使ってくださる、
もしかしたら、作者よりも作品に配慮くださる
Kさん。
なんやかんやと色々なところに
楽しんで作品を使ってくださるNさん。

皆さん大スキです!!!

わたし、しあわせです!!!


ひとつの区切りと
次への「HOPE☆」

たくさんの「HOPE☆」を
ありがとうございました!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TON作品展「HOPE☆」終了しました

2013年11月11日 | YENA☆
本日無事に
TON作品展「HOPE☆」が終了しました。

ご来場いただきました皆様
本当に本当にありがとうございました

ちゃんとしたご報告やお礼はまた改めて・・・。

作品展の会場で掲示していた言葉です。


ただ、ただこの言葉しかありません。

本当にありがとうございました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ最終日!

2013年11月10日 | YENA☆
TON作品展「HOPE☆」

連日たくさんの皆様に足を運んでいただいて
本当にありがとうございますっ

開催前は準備に追われて

ぁぁあぁぁぁぁあぁぁ

ってなってますが(笑)

始まってしまうと

あっ と言う間ですねー。

作品展「HOPE☆」
いよいよ明日までです



やっぱり作品展の会場にいるのは楽しいです

TONの作品が並んでいる空間で
初めましての方とお話するのも
久しぶりの方と盛り上がるのも。

明日までこの空間を
楽しみたいと思います



   注 意 
最終日の明日は、17時までとなっています。
お気をつけください。



皆様まだ間に合いますよ~
お待ちしておりま~す


      



TON作品展 「HOPE☆」

2013年11月7日(木)~11日(月)

10:00~19:00
 (最終日11日(月)は10:00~17:00)

レンタルスペース MOKU (ふくぢ屋たまき)
 明石市本町1丁目6-3

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レインボーローズ☆

2013年11月09日 | YENA☆
 作品展「HOPE☆」

楽しく開催中です

ななんと、虹色のバラをいただいてしまいましたーー



こんなバラあるんですねー


超・感動 ですーー



作品展の会場では
この虹色のバラも見られます(笑)

あ、TONの作品もあります。(笑)




TON作品展 「HOPE☆」

2013年11月7日(木)~11日(月)

10:00~19:00
 (最終日11日(月)は10:00~17:00)

レンタルスペース MOKU (ふくぢ屋たまき)
 明石市本町1丁目6-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸新聞に載りました!

2013年11月08日 | YENA☆
TONの作品展「HOPE☆」を
今朝の神戸新聞・明石版に載せていただきました!

今日はこの「神戸新聞を見てきましたー」
と言ってくださる方もありました。
そんなお声を耳にすると
嬉しい限りですーー


コチラをクリックすると大きくなります。


初日7日の午後に取材に来ていただきまして
そんな取材中の1コマがこちら


え?なぜにそのポーズ???

なんでCD の上下つかんで
そんな前に出してるの??????

思わず激写(笑)

でも、出来上がった記事に載せていただいてる写真では
特に違和感はなく・・・

不思議だ・・・(笑)

    

さてさて、残り3日

始まってしまうと
アッと言う間ですねー。

明日も楽しく
皆様のお越しをお待ちしておりまーす




TON作品展 「HOPE☆」

2013年11月7日(木)~11日(月)

10:00~19:00
 (最終日11日(月)は10:00~17:00)

レンタルスペース MOKU (ふくぢ屋たまき)
 明石市本町1丁目6-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TON作品展「HOPE☆」始まりました!!

2013年11月08日 | YENA☆
昨日よりTONの作品展が始まりましたー

おかげさまで
スタートの12時になると同時に
お客さまがワーーーっと
お越しいただきまして
なかなかにぎやかなスタートとなりました

本当にありがとうございます!!

前回も来てくださった方が
笑顔で入って来てくださったり
いつも私たちの活動を
気にしてくださっている方が
初日にのぞいてくださったりと
地元開催ならではの暖かさを感じています。

皆様の笑顔で元気をいただいて
会期終了までがんばりますー!!

会期中は、TONも朱晶も
2人ともずっと会場におりますので
遊びに来てくださいね!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加