and SOROR のブログ

色えんぴつのアーティストTONと
アートプロデューサーの朱晶による
アートなユニット

☆ おしらせ ☆

TONと朱晶によるアートなユニット
and SOROR (アンド ソロル)  
and SOROR の ホームページ はこちら。

■TON facebook ページできました!
アーティストTON facebook ページ
「いいね」してくださいね!

青い・あおい・アオイ・・・

2012年09月30日 | すあき
さて、先日お知らせしておりましたイベント
「あかしアートフルウィーク2012」が
近づいてきました。

現在、仕事場であるアトリエは

青い

のです。。。

色んな試作品が吊るされてみていたり
材料が作られて分類されてスタンバイしていたり
と・・・ゴチャゴチャしているのですが
なんせテーマがテーマなので
全体的に青っぽいのです。

こちらは次の行程を待つ材料たち。

あ、この写真を見て気付いたのですが・・・
アトリエの絨毯も水色・・・

どうりで青っぽさに拍車がかかる訳です
・・・ ・・・


大量の材料を見ているだけで
うまくいくかなぁとドキドキしますが
ココまできたら、やるしかないっ


皆様に楽しんでいただけるようガンバリマス
お時間のある方は
ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね


       

制作ワークショップ
「海の生き物を作ろう」

展示「青い海の部屋」
「制作ワークショップ」と「展示」が連動したプログラム

あかしアートフルウィーク2012
10月6日(土)~8日(祝・月)
明石市生涯学習センター
詳しくは、明石市のホームページをご覧下さい。
あかしアートフルウィーク2012
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋のイベント、もう1コ!

2012年09月24日 | お知らせ
先日お知らせしましたアートフルウィーク2012。

もうすぐですね。
あと2週間をきりました。

こちらはメイン制作はすあきさんが担当なので
ヒィー と なっているすあきさんを
大変じゃのぅ と 見ています。

で、TONは何をしておるのだ?
と・・・

秋のイベントはコレだけじゃない!

もうひとつあるのです!


明石で作品展します!!!

決まりました!!!


これまで色々なところで作品展をしてきましたが
自分の住んでる町 明石
では、あまり機会がなく
2007年に明石市立天文科学館で作品展をやった以来。

久しぶりの開催です。


場所は明石の町のど真ん中の
明石銀座通の「ふくぢ屋たまき」さん。

名前から想像できるかもしれず、
もともと服地屋さんをされていたのですが
今はお店を閉めて、そのスペースを何かに使って欲しいと
今回の作品展をさせていただくことになりました。

絵画作品を展示するために作られたスペースではないのですが
楽しい空間に作れたらいいなぁと
いろいろと思案しています。


5月に、2つの大きな作品展をしたので
たいがいの作品がそこに出品されましたが
そこに出なかった作品も今回は出品しようかなと思っています。

企画はまだまだこれからですが
どうぞお楽しみに!


案内状はただいま制作中。
出来上がったら地図なども載せますので
もう少々お待ちを・・・

案内状は明石近郊の方を中心にお送りします。
が、私も欲しいぞ!というコアなご要望がありましたら
ご一報下さい。


あ、作品展タイトル言うの忘れてた。

作品展「TON TONE」

いつぞやもそんなタイトルでやった気がします?

「TON」の「トーン」を
色を、世界を、空間を、空気感を・・・
感じて下さい。


      

作品展「TON TONE」

10月26日(金)~11月4日(日)
 (10月29日(月)はお休みです)
11:00~19:00(最終日は17:00まで)
ふくぢ屋たまき  明石市本町1丁目6-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3回目!TONに聞きたいことは? その1

2012年09月19日 | TONに聞きたいことは?
お久しぶりのこのコーナー。

新作個展の際のアンケートでご記入いただいた質問に
のんびりお答えしていくものです。

過去の新作個展でもやってまして
前回は最後まで答えきれていないまま・・・
というひどい話ですが・・・
ごめんなさい・・・
反省してます・・・
ごめんなさい・・・

気持ちも新たに!!
(立ち直り早い!!)

今年の5月に開催しました新作個展「PAIN」での
質問にお答えしていきます!!

今までは、全ての質問をなんとなくまとめて
なんとなく順序立ててやっていたのですが
めんどくさ・・・
ごにょごにょ・・・
否!

時間がかかってまた最後までいけないのはいかん!!

ってことで、開催日順に
アンケートをご記入いただいた順に
お答えしていこうかと思っています。

なので色んな質問が順不同で出てきますが
ま、その辺りはご愛嬌で
のんびりお答えするコーナーですので
のんびりお付き合いいただければ嬉しく思います。


では最初の質問。

絵やふうけいなどは、うまくなったんですか

とてもひらがなですが、原文のまま。
明石市のKくん。小学校2年生のかわいい少年からの質問です。

1つ目から難しい質問が・・・

「うまくなった」というのは漠然としているので
なった、とも、なってない、とも言いにくいのですが

うーん・・・

自分の描きたい形にもっていくのは
少しは早くなったかな?と。

それは形にするのが多少なりとも「うまくなった」のかな?

と思う?


「上手い」というのは、技術において使う言葉なのかな。
と、質問の答えを考えながら思ってみる。

形をとらえる技術
頭で思い描いた物を形にする技術
色を塗る技術
混色の技術
など・・・

こういったことは、確かに
数を重ねる事で「上手く」なってきたかな?と
思える時もあります。

最初の頃の絵を見ると
「な、なんと未熟な!?」となるものも・・・

しかししかし、まだまだ思った物を形にできず
思った色を出すことができず・・・

なんてこともしょっちゅう。
道のり遠し。


さて、少しややこしいお話。

私の目指している作品は!

というと大げさですが、
「上手い絵」ではありません。

ここで言う「上手い絵」というのは
例えば、花瓶に生けてあるお花が
まるで本物のように描いてある、とか
モデルさんそっくりに人物を描ける、とか
そういう、技術の絵のこと。

自分は、そういう技術が先行していません。
少し足りない、とも言いますが・・・

だから、そういう絵は技術のある方にお任せして
逆に技術が先行しないからこそ描ける絵を、
個性を表現できる絵を描いていきたいのです。


最初に書いたように、思いを形にするために
技術は必要です。

しかし、技術が上がれば上がるほど
技術だけで絵を描くことができてしまいます。
技術でこなしてしまう、というのでしょうか。

が、しかし、表現したいものを描きたいと
思えば思うほど、より技術は必要で
描けば描くほど多少なりとも技術は上がっていくのです。

しかし技術が上がり、技術が先行してしまうと・・・
(くり返し・・・)

むむむ。

せめぎ合い。


上がった技術を、絵を書くことに使わず
思いを絵に描くことに活かせるようにしたいものです。

それもひとつの技術でしょうか。


色んな意味合いを含めて
うまく なりたい
ですね。



1つ目から長くなりました。
次回はどんな質問でしょうか?

お楽しみに~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おしらせ ☆ 制作ワークショップ「海の生き物をつくろう」

2012年09月12日 | お知らせ
少しずつ秋らしい風が吹き始めましたね。

この秋のお知らせですよ~


10月6日(土)~8日(月)の3日間
明石市生涯学習センターで開催される
あかしアートフルウィーク2012

私:すあき と TONが参加することになりました。



この「あかしアートフルウィーク2012」では
作品の展示やワークショップ、コンサートなど
まさに、アート満載のイベント

この中で、私たちは
制作ワークショップ
「海の生き物を作ろう」


展示「青い海の部屋」
という
「制作ワークショップ」と「展示」の
連動したプログラムを実施します


制作ワークショップ
「海の生き物を作ろう」

いろいろな紙を使って
海の中にいる生き物を作ります。
     

このワークショップで出来た海の生き物は お預かりして
「青い海の部屋」
私たちが展示してゆきます。
3日間で少しずつ賑やかになってゆく
海の様子をお楽しみください

制作ワークショップ
「海の生き物を作ろう」

3日間で、5回開催されるワークショップで
各回先着50名となっています。
1匹サクサクっと作って帰るもよし
時間をいっぱい使って凝った作品を作るもよし
わりと自由で、ゆったりとしたワークショップです。

また、「青い海の部屋」では
展示風景も公開していますので
私たちがゴソゴソ作業している様子も見ていただけます。


ちなみに・・・
アートフルウィークのパンフレットに
掲載されているのは、こんな感じ



2人一緒の写真が、何かに
こうして載るのは珍しいですねー。

芸術の秋
私たちとアートな時間を
ご一緒しませんか


詳しくは、明石市のホームページをご覧下さい。
あかしアートフルウィーク2012
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012年8月のポスタコレクト

2012年09月08日 | TON
あ、ブログの木、芽が出てる。
今度はどんな木になるのかしら。
是非とも、すあきさんお喜び系の
アグレッシブなやつに育って欲しい。

記事の内容とか、関係あるんやろか・・・?


ま、ブログの木はすあきさんに任せておいて・・・
ポストは私にお任せアレ!!!

8月は珍しく、私、TONが1人で遠出をしました。
して、入手。



「枚方楠葉並木郵便局」
「大阪京橋郵便局」

友人が作品展の案内をくれまして
スケージュールも気分もちょうどいい感じで
行ってみよう!と思ったのです。

で、場所が、くずは。
くずは?
どこだ?

ポチポチっと調べて
ホイホイっと行ってきたのです。

さ、ここで、私の事を良く知っている方、
また、すあきさんなどは
「え!1人で!?」
と、驚くはず。

私、知らないところへ1人で
どんどん出かけちゃうタイプではありません。
イヤなわけではなくて、
用事がないと、出かけたり、ウロウロできないだけ。

この案内状をもらって
なんか、行ってみたいなぁ・・・
と思ったのです。
友人にも久しぶりに会いたかったし。

で、せっかく行くのなら
降り立った地で、行けそうな郵便局に立ち寄ろう!
と、ウロウロする口実をつくり
お散歩気分で行きました。

「京阪乗る人、おけいはん」
いやぁ、京阪電車、初めて1人で乗りました。
京橋で乗り換えついでに郵便局に寄って
楠葉で郵便局に寄ってからギャラリーへ。
と、寄り道しまくって、目的地まで2時間半もかかりました(笑)

さて、この友人。
大学時代の、芸術大学がらみの友人でも
絵を描くお仕事を通して知り合ったのでもない。
学生時代、好きなバンドがありまして
そのバンドのライブで知り合った
音楽つながりな友人。

絵も描くし、グラフィック作品も作る。
カメラもできる。
いいなぁ、器用で。

今回の作品はインスタレーション、というのだろうか
何やらオブジェ的な立体が壁にずらりと並べられておりました。
好きです、友人のこのセンス。

口でうまく伝えられない・・・
のに、写真を撮ってこなかった、大バカ者。
ごめんなさい。

自分には全くない感性で
全然違う感覚で生きてる感じがする。

そういえば、このバンドを通して知り合った友人たちは
それまで自分の周りにあった人間関係とは少し違った気がする。
それが楽しく、刺激的だった。

解散してしまったバンド。
が、復活します。
そして11月にライブ!

久しぶりのライブも楽しみ。
久しぶりにみんなで会えるのも楽しみ。
いい刺激、もらってきます。
うふふ。


そんなこんなのポスタコレクト。
8月のお仲間。

兵庫県
「明石茶園場郵便局」
「姫路立町郵便局」
大阪府
「枚方楠葉並木郵便局」
「大阪京橋郵便局」


来月もお楽しみに。

TONのポスタコレクト コレクトリスト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「世界の絵本作家」展 と「江戸時代のペーパークラフト」展

2012年09月03日 | ミュージアムへ行こう!
こんにちは。朱晶です。

滞りがちな この企画(笑)
「ミュージアムヘ行こう!」

実はちょこちょこ行ってるんですけれど
ブログに書けてなかったんですよね・・・

で、先日 夏の終わりに、TONと2人で おでかけしてきたので
その時の様子をご報告

今回、行ってきたのは姫路市立美術館と
兵庫県立歴史博物館。

姫路城の北西に位置するこの2つのミュージアムは
お隣に並んでいて、距離は 歩いて3分くらい
なので、今回は2つのミュージアムをハシゴしました


まずは、姫路市立美術館で開催されていた
「世界の絵本作家展 絵本の世界へ旅しよう」


昔は、絵本原画展って、あんまり好きじゃなかったのですが
最近はおもしろさが分かってきた気がします。
要は視点の問題かな。とか。

印刷されることが大前提となる絵本。
それをどんなふうに制作してゆくのか
その課程が見えるのはおもしろいですね。
実は右向きの絵が、絵本では左向きになっていたり
描き直している部分があったり
それに、やはり色の美しさやタッチのおもしろさは
原画を見てみないと分からないですね。

展覧会の真ん中辺りには
実際の絵本を自由に読むことができるコーナーもあって
気になる作品をいくつか読んだりもしました。

そんな中で1番印象に残ったのは
フランスの作家オリビエ・タレックの作品
「リタとナントカ」のシリーズ。
最近アニメがNHKで放送されていたりもする作品なのですが
鉛筆の線と、赤い色だけで構成されている
シンプルな画面なのですが
絵が、とっても楽しいのです

おしゃまな女の子のリタと
マイペースな犬のナントカ。
名前が「ナントカ」って・・・
そういうセンス好きです(笑)

だらーーんとしたナントカの
ぐうたらっぷりも可愛いのです。

TONには
「すあきさん、っぽい・・・
と言われました。。。
し、失礼な・・・


で、絵本の世界を堪能して
存分に楽しんだ後は
兵庫県立歴史博物館へ。

  


兵庫県立歴史博物館で開催されているのは
「江戸時代のペーパークラフト」展

また全然ムードが違う展覧会(笑)

「組上絵(くみあげえ)」という
江戸時代から明治にかけて親しまれていたペーパークラフトを
紹介するこの展覧会。

平面の紙の状態にある組上絵は
それを切り抜いて、組み立てると
立体的な情景が出来上がります。
いわゆる「紙のジオラマ」ですね。

この展覧会では
本物の組上絵(平面の状態)と
それを作ってみた完成品(複製による再現品)が
並べて展示してありました。

これが、とても分かりやすくて
そして、とっても面白いっ
TONと2人で
ココとソコをくっつけるんだよねー?
アノ部分は、こんなところに描かれてるよー!
などなど、あーだこーだ言いながら
展示ケースのガラスに張り付くようにして見てました(笑)

中でも、2人が盛り上がったのは
「源平合戦」や「忠臣蔵」など
当時から物語やお芝居で人気のあった
題材をモチーフにしたもの。
物語がドラマティックなので
場面も動きがあって、面白いんですよ~

ただの紙なのに
こんなに豊かな世界が生まれるのかーと
本当に驚くばかり
ちょっと、自分でも作ってみたくなりました

       

全然テイストの違う2つの展覧会でしたが
存分に楽しんだーーー
って感じでした。

休みを取るのが下手な(笑)
私たちの小さな夏休みの思い出です



残念ながら、姫路市立美術館の
「世界の絵本作家展 絵本の世界へ旅しよう」展は
9月2日(日)で終わってしまいましたが
兵庫県立歴史博物館の
「江戸時代のペーパークラフト」展は
9月23日(日)まで開催中です。
姫路へ御用のある方はぜひ
小さな世界ですが、とっても魅力的ですよ
あ、双眼鏡を持って行かれてもいいかもです。
対象が小さいのと、
資料の保存の関係で照明が暗いめなので
ちょっと奥にあるものが、少し見えにくいな
と思ったところもありました。


この季節は、夏休みを意識した展覧会も多く開催されます。
遊び心のある内容が多いので
気軽に遊びに行ってみてくださいね。
9月くらいまで開催しているところもありますので
事前にホームページなどでチェックしてみてください



さて、次は・・・

私好みの・・・あの展覧会に行かなきゃ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加