and SOROR のブログ

色えんぴつのアーティストTONと
アートプロデューサーの朱晶による
アートなユニット

2016年もありがとうございました!!

2016年12月31日 | すあき
2016年が終わろうとしています。

こんにちは。朱晶です。

年末年始、諸事情により(笑)お忙しいTONさんですが
ワタクシ・朱晶は少しのんびり。

普段気になってたけど
できなかったところの大掃除や
革靴たちのお手入れに勤しみ・・・
(私、革靴 多すぎる・・・笑)
スッキリと今、パソコンに向かっています。
(あ、自室の大掃除はまた・・・
 とりあえず掃除機だけ・・・笑)

さて、昨年もやってみて個人的に面白かったので
今年もやってみますよ。

私・朱晶が今年行ったミュージアムをピックアップ!

(「」は展覧会の名前 ()の数字は訪れた回数)



      

神戸市立博物館(3)
 「100のモノが語る世界の歴史 大英博物館展」
 「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしたちの国貞」
国立民族学博物館(2)
NTTメディアセンター「ジョン・ウッド&ポールハリソン 説明しにくいこともある」
munkamura ザ・ミュージアム
  「リバプール国立美術館所蔵 英国の夢 ラファエル前派展」
東京国立博物館「博物館に初もうで」
サー・ジョン・ソーンズ美術館 Sir John Soan's Museum
ウエルカム・コレクション Wellcome Collection
ナショナル・ギャラリー The National Gallery「ドラクロワ 近代美術の幕開け」
ヴィクトリア&アルバートミュージアム Victoria&Albert Museum
 「Celebrating 40 Years of Theatre in London and New York」
サーペンタイン・ギャラリー SerPentine Gallery
 「MICHEL CRAIG-MARTIN」
ナショナル・ポートレート・ギャラリー National Portrait Gallery
カムデン・アートセンター CAMDEN Art Centre
テート・モダン TATE Modern
 「Alexander Calder」
イギリス科学博物館 Science Museum
ホワイトキューブギャラリー White Cube Gallery
デザイン・ミュージアム Design Museum
ロンドン自然史博物館 Natural History Museum
サーチ・ギャラリー SAATCHI Gallery
大英図書館 British Library「Alice in WonderLand」
ホワイトチャペルギャラリー White Chapel Gallery
現代美術館  Institute of contemporary art london
オルセー美術館
ルーブル美術館
サン・キャトル
ピカソ美術館
ポンピドー・センター
ケ・ブランリ美術館
パリ市近代美術館
パレ・ド・トーキョー
細見美術館「春画展」
奈良国立博物館「国宝 信貴山縁起絵巻」
東大寺ミュージアム
兵庫県立考古博物館(2)
神戸市立小磯記念美術館
神戸ゆかりの美術館
竹中大工道具館
兵庫県立美術館(3)
 「生誕180年記念 富岡鉄斎 -近代への架け橋-」
 「生誕130年記念 藤田嗣治展 -東と西を結ぶ絵画-」
 「日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展」
伊丹市立美術館「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展」
西宮大谷記念美術館「スイスデザイン展」
UCCコーヒー博物館(2)
アシックス・スポーツ・ミュージアム
瀬戸内国際芸術祭(小豆島・豊島・犬島・直島・男木島・女木島)
兵庫県立歴史博物館「立体妖怪図鑑―妖怪天国ニッポンpartII―」
姫路市立美術館(3)
 「郷愁と未来の輝き―クレパス画名作展」
 「ベルギー近代美術の精華展」
 「鈴木其一 江戸琳派の旗手」
宇治歴史資料館 企画展「国民学校の一日」
宇治市源氏物語ミュージアム
平等院ミュージアム鳳翔館
京都市美術館 「ダリ展」
京都文化博物館 「ダリ版画展 −もうひとつの顔− 」
たつの市立龍野歴史文化資料館
今治今野美術館
大阪市立美術館 「デトロイト美術館展 ~大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち~」
あべのハルカス美術館「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」
六甲オルゴールミュージアム
六甲森林植物園
海遊館
「恐竜博2016」大阪文化館


      

お仕事で訪れた
ちょっと立ち寄った
小規模のギャラリー とかとか、は覚えてる限りで(笑)
アートイベントも含むけれど・・・

ミュージアムを訪れた回数は66回

ミュージアムの数として57館

昨年が49回でしたから
今年は増えましたねぇ

ワタクシ・朱晶の今年2016年の目標の1つに
「ミュージアムに積極的に足を運ぶ!」

というのがありました・・・が
んー・・・まぁぼちぼちかな(笑)
まだ行けてなかったところ
最近行っていないところ
やっはり自分の目で見て
感じるものは大きいなぁと痛感しています。

もっと行きたい館はたくさんあるけれど
それは来年の課題!
春までに行くぞ!!



この中で個人的に印象に残っているのは
やはりロンドンとパリ
そのクオリティの高さにしびれましたね・・・
見たいところが多すぎて、予定を入れまくり
ふたりとも後半ダウンしたのもいい思い出です(笑)


その中でも
ヴィクトリア&アルバートミュージアムの企画展
「Celebrating 40 Years of Theatre in London and New York」

ミュージカルが大好きな私としては
めーーっちゃビンゴな展覧会で大いに楽しみました!(笑)

数々のミュージカルやお芝居を生み出してきた
ロンドンとニューヨーク。
その40年の歴史を美術の視点から紐解き
舞台の歴史に名を残したミュージカルやお芝居の
「舞台美術」を紹介する展覧会なのです!!!

これは画期的すぎました・・・・

そして、めちゃめちゃしびれました・・・

「オペラ座の怪人」の初演の怪人役
  マイケル・クロフォードのつけた怪人のマスク
「コーラスライン」の初演の映像と
  壁一面の鏡にバーとシルクハットの印象的な展示
「戦火の馬」の馬のパペットと舞台セット模型
「ライオンキング」のスカーとナラの衣装(フルセット!)
「マチルダ」の舞台セット模型と衣装デザイン画

・・・あぁぁぁ、言い尽くせないぃぃぃぃ・・・・
:・。・゜゜・(≧ω≦)・゜゜・。・:

この展覧会を見て
予定してなかったのに「オペラ座の怪人」を
見に行ってしまったりしたりしたりして・・・
キャー ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 キャー


・・・・( ̄∇ ̄;) あらためまして・・・

神戸市立博物館でやってた「100のモノが語る世界の歴史 大英博物館展」
 のキュレーターが展示に込めた切り口とメッセージの面白さ

テート・モダン「Alexander Calder」展

サーチ・ギャラリーSAATCHI Galleryで見た
         MAHA MALLUHの作品

住みたいくらい大好きなロンドン自然史博物館


イギリス科学博物館で見たマテリアルの展示


オルセー美術館の印象派ギャラリー

ケ・ブランリ美術館のヨーロッパから見た世界の展示

奈良国立博物館「国宝 信貴山縁起絵巻」全開!!

あべのハルカス美術館の「大妖怪展」の百鬼夜行絵巻

感想を言いたい展覧会は
作品はまだまだいっぱいあるけれど・・・

こうした感動を自分の栄養にして
また新しいものを生み出してゆけたらなぁと思っています。

2年続けて、こうして年末に振り返ってみるのも良いですね。
さて、来年はどれくらい行けるかなぁ・・・



皆様にとって、2016年はどんな1年でしたか?

もうまもなく来ますよ!2017年!!

どうぞ良いお年をお迎えください!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年のカレンダー | トップ | 2017年、よろしくお願いしま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

すあき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。