and SOROR のブログ

色えんぴつのアーティストTONと
アートプロデューサーの朱晶による
アートなユニット

4月20日のとんとろ ジョアン・ミロの誕生日

2017年04月20日 | TON
きょうのとんとろ



ジョアン・ミロは
私(TON)の好きな画家です。

使った作品は
私の好きな作品。

ミロといえば、もっと記号的なモチーフや
星座シリーズのような
わさわさ描かれたもののほうが
ミロっぽいのかもしれないけど
そういうのも好きだけど
この作品が、なんか好きなんですな。


こどもの頃、連れて行ってもらった展覧会。

兵庫県立近代美術館(現兵庫県立美術館)での
「クレー、カンデンスキー、ミロ展」

この展覧会で、ミロが好きになりました。

クレーもカンデンスキーも好きだなって思ったけど
ミロが好き!と強く思ったのでした。

兵庫県立近代美術館は、当時父が勤めていたので
よく連れて行ってもらっていたと思うのだけど
私の記憶に残る中で1番古い展覧会の記憶が
この「クレー、カンデンスキー、ミロ展」です。

そしてミロは たぶん
1番最初に好きになった画家なのです。


その後もなんとかの一つ覚えのように
「ミロ好き」と思い込み、
図工の教科書に載っている作品を見つけては
「ミロ好き」と言い聞かせ、
娘が好きだというからと、父が本を買ってくれたり
展覧会があれば連れて行ってくれたりと
しっかり刷り込まれ・・・

思い込み「ミロ好き」をこじらせていました。

大きくなるにつれて
他にも好きな画家や作品ができてきて
はたして自分の「ミロ好き」は
本当に「好き」なのだろうか??
と、やや不安も募ってきていた二十歳を越えたある時
久しぶりにミロの展覧会がありました。

そこで再確認。

うん、好きだわ。
変わらず。

何がって分からんのだけど、
ミロについて詳しく知ってるわけでもないし、
描かれているものも何か分からんけど、
好きだった。

好きです!


あの、最初にミロに出会った展覧会は
一体いくつの時だったのだろうと調べてみたら・・・

なんと
5歳でした!

よ、幼稚園児?

意味があるものですね。
連れて行ってくれた親に感謝です。

その時に買ってもらったポストカードも残っています。


ミロ、1枚しかないww
しかも、この作品の記憶はない!

裏面。


ちゃんと、展覧会用のポストカードだ。
郵便番号が、当然まだ5桁!


他の展覧会でのポストカードから
この青いシリーズも好き。


もっと色々パターンがあって
違うパターンのが好きなんだけど
ポストカードはこれしか持ってなかった。


ミロといえば
高校生の時、家族で海外旅行に行くことになり
どこに行きたい?と聞かれたので
「ミロ美術館があるからスペインに行きたい!」
と言ったら、本当にスペインに決まった。

あの時、母や姉はどこに行きたいと言ったのだろうか??

そして、いざ行ったスペイン。
ツアーで行ったのでスケジュールが決まっていて
バルセロナでのフリーの日が月曜日。
月曜日は、ミュージアムが休館日なことが多い。
見事、ミロ美術館も、休館!!!

なんてこと!!!

ミロ美術館に行きたいから
スペインと言ったのに!!!

というわけで、
スペイン、リベンジ!を誓う。

ダリの劇場美術館も行きたいし!

スペイン、リベンジ!!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月17日のとんとろ 恐竜の日 | トップ | 4月23日のとんとろ ターナー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。