新鹿山荘控帳

山荘管理人が季節の移ろいを、書きとめました
写真の無断使用はお断りします

「キジ」たっぷりですが・・・

2017-04-19 18:02:12 | 里の鳥
さて、「チュウシャクシギ」と「キジ」の遭遇の後、しばらくあたりをうろうろしたのですが、先ほどの場所から300メートルほど離れた畑で、まだ別のキジの個体を見つけました。
俯瞰で撮影でき、たっぷり撮影できたのですが・・・


丈の低い草地を移動する「キジ」を見つけました。


荒れ地に出てきました。何気なく後姿を撮影していて気が付いたのですが、あの長い尾羽を左右に振っているのです。イメージとしては真直ぐ後ろに伸ばしているといった印象でしたので。魚のようにゆっくり左右に振って歩いています。


体を隠すものがない荒れ地をゆっくり歩いていくキジを見るのは、まれです。身を隠す場所を伝って歩いているのはよく見るのですが。


約10分に渡ってたっぷりキジを撮影できたのですが、有名な「キジのホロ打ち」を見ることができませんでした。まだ見たことがありません・・・

追加報告です。
昨日のキジの記事ですが、チュウシャクシギと別れムギ畑に入ったのですが、ムギの中を移動しながら時々当たりの様子を警戒してました。
その様子が、まるで潜水艦が潜望鏡を上げて海上を警戒している様子で面白かったです。潜水艦マニアとしてはついそんな想像をしてしまいます。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「チュウシャクシギ」と「キ... | トップ | 昨日の事もあり、「試験中」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。