おもちゃたちのつぶやき

有馬温泉にあるおもちゃの博物館から、おもちゃにまつわるお話や日々の記録をご紹介します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ニューフェース!からくり教室

2011年04月28日 | 工作教室から
工作教室に、新しくからくり教室が登場しました。
動く原理を学ぶと、意外と簡単!
お人形のデザインと共にカム(しくみ)をデザインして、動くおもちゃを制作します。

まず、しくみについて・・・
動くお人形の下にあるしくみの内、地面に平行にある、横になった円盤を「ロッド」といいます。
ロッドの下にある、回転軸の通った縦の円盤がありますが、
この板を回転させて、その輪郭にそって動く、
部品の向きやリズムを変えるしくみを「カム」といいます。
この板の輪郭を変えることで、からくり人形の複雑な動きを作りだすことができます。
カムのデザインの作例をご紹介します。

1、上へ下へ 「たて回転が上下運動にかわる!」
  ■基本形↓ カムは円形で、カムの回転軸を円の端にすることで、
           ロッドは上下に動きます。
  


 
  ■変形1↓ 向かって左側の緑色のお人形
          円盤に切れ込みを入れ、その切れ込みのところでお人形は大きく下に落ち込みます。

  ■変形2↓ 向かって右側の黄色のお人形
          円盤を波型にすることで、お人形は小刻みに上下します。

 

2、回転 「たて回転がよこ回転にかわる!」
   カムの軸を円の端にすることで、上下の動きになります。
   このカムをロッドの端に置くことで接しているロッドは矢印の方向に回転します。




3、行ったり来たり 「同じ方向に回しても回転の方向が変わる!」
    カムAがロッドの触っている時は、右回転に回り、さらに回していくと、
    カムAの上の端は下がり、Bの端が上がってAはロッドからはなれ、カムBに触るようになる。
    Bはロッドのたて棒をはさんで反対側でロッドと触っているので反対の方向に回る。



からくりボックスには、カムを2つまで配置できます。
カムをデザインして動くおもちゃを作りませんか?
詳しくはこちら
通常よりちょっと長めの2時間半のお教室です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴールデンウィークの特別工... | トップ | ゴールデンウィークの作品集 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。