おもちゃたちのつぶやき

有馬温泉にあるおもちゃの博物館から、おもちゃにまつわるお話や日々の記録をご紹介します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手足をバタバタッ☆

2011年06月17日 | 工作教室から
 さあ、もうすぐ子どもたちの待ちに待った夏休み!
どこに行こうか、何をしようか、考えるだけでドキドキ・わくわく、楽しくなりますね。
博物館も、夏休み企画として、子どもも大人も楽しめる内容の、楽しい工作教室を開催いたします。
毎年新メニューも加わり、“夏休みの工作駆け込み寺”として、沢山のお客様にご参加頂いています。
 さて、今年の新メニューは、こちら。



手足をバタバタ、お茶目で可愛らしい動きをする“ハンペルマン”を作ろう!
“ハンペルマン”とは、“手足をバタバタさせる人”という意味。
足の間にある紐を引くと、手足を上げます。まるで小さな子どもが「わ~い!」といって、喜んでいるようです。
ドイツでは、子ども部屋のインテリアとして欠かせない、楽しいおもちゃの一つです。

ここ何日か、スタッフが毎日工房で、サンプルを制作しています。

1.まずは、図案を考えます。「お母さんの顔にしようかな、体は象にしようかな。」
この際、どんな組み合わせも楽しんでしまいましょう!

2.図案を木の板に貼り付けて、電動糸鋸で切り抜いていきます。なかなか楽しい作業です。

3.手足が動くように、手足と体に穴を開けます。

4.そして、色を塗ります。顔の表情をつけるのが、緊張します☆

5.次に穴に紐を通して、留め具をつけたら完成です!

細かい作業もありますが、出来上がったハンペルマンを、うまく動かせたときは、感動です!
ちなみに、写真のハンペルマンは、当館のスタッフに似せて作っています。
その他にも、沢山のスタッフハンペルマンを作りました。今後追ってご紹介していきますので、お楽しみにお待ちくださいませ~。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昆虫たちもすくすくと | トップ | ハンペルマンはこうして・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
恥ずかしい輸入プラセンタエキス小論 (恥ずかしい輸入プラセンタエキス小論)
恥ずかしい輸入プラセンタエキス小論について紹介しているサイトです。是非参考にして下さい。