おもちゃたちのつぶやき

有馬温泉にあるおもちゃの博物館から、おもちゃにまつわるお話や日々の記録をご紹介します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

楽器教室は・・・

2009年08月03日 | 工作教室から
藤田 隆先生の楽器教室は『レインスティックと竹笛』。 

『レインスティック』は雨垂れや波のような音の出る楽器です。
工作教室では、サボテンのかわりに梱包用の長さ65センチの紙筒、
サボテンのトゲのかわりに楊枝を使うなど身近な材料で制作します。

『竹笛』
竹の太さや長さによって音の高さがかわる竹笛。
ペンダントにもなるとってもかわいい楽器です。


   
藤田先生の楽器教室をお願いして6年になります。
リコーダー奏者であり、大阪音楽大学の教授もされていてとてもお忙しい中、
毎回内容の濃い楽しい教室を企画してくださっています。
先生は、楽器制作を通してものづくりの楽しさや音の不思議さを教えてくださいます。
また、仕上がった楽器をみんなで合奏したり、先生のリコーダー演奏を聴かせてくださったり、音楽の楽しさもたっぷり教えてくださいます。

スタッフ一同先生の教室をとても楽しみにしていますし、
たくさんの方にご参加いただいて、先生との素敵な時間をすごしていただきたいと思っています。
詳しくは『夏休みの特別工作教室』をご覧ください。


【講師 藤田 隆先生】
関西でいち早くリコーダー演奏を手がけ、大阪音楽大学卒業後プロの演奏家としてデビュー、リサイタルを行い大阪文化祭賞、音楽クリティッククラブ賞を受賞するなどこの分野を確立した。1974年、大阪国際フェスティバル協会の海外派遣文化交流員として渡欧、また、テレマン室内管弦楽団のドイツ招聘演奏旅行に4回ソリストとして参加、リコーダーの演奏に対して絶大な評価を受ける。1982年芸術大賞(放送)を受賞したNHK大阪制作、林光作曲の「鳥の歌」において共演し、ともども受賞している。演奏活動の傍ら、学校教育音楽の分野でも全国的に活動し、上方風のユニークな指導には定評がある。
大阪音楽大学付属楽器博物館館長。同付属館長を歴任。この間に世界の音楽、楽器に目を向け、人と楽器のあり方を研究し、現在、リコーダー演奏と共に手作り楽器を通して音楽の喜びを伝えている。
大阪音楽大学教授。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日最終日です!! | トップ | 小人の国のジオラマ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。