アタマワルパの模型的生活

模型や音楽、その他に付いての日記的なもの。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こんなものを作っています。

2017年07月12日 | 第一次大戦機


長い間更新してなかったのですが、飛行機模型は色々と作っておりましたし、

5月には、静岡ホビーショーの展示会に参加したりもしておりました。

最近は、第一次大戦機を作っておりました。

そして、

今も、第一次大戦機ヲ作っております。



いにしえの、レベル社製デハビランドDH2です。



並行して、フォッカーE アインデッカーも作っております。





まだ、しばらくの間、第一次大戦機熱は続きそうです。

スケールは、1/72スケールオンリーですけどね。
























コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ポイントを使って。

2017年02月12日 | 箱絵


電機屋さんのポイントが九千円分位あったので、期限が迫っていることもあって、一気に使ってキットをもらったのが届きました。
今回は第一次大戦の飛行機ばかりです。
しかし、作るのは大変だろうなあ。
買うは易し、作るは難し。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ときどき気になってしょうがない。

2017年01月15日 | 模型


ここのところ、第一次大戦の飛行機が気になって、佐貫亦男の"ヒコーキの心"を読んだり、航空機の図鑑、写真集等を見ていたら、ますます気になってきて、今日は第一次大戦当時の飛行機のキット(の一部)を出して眺めています。
フォッカーにアルバトロス、SE5にソッピース等の有名機からマイナーな機体まで、興味が尽きません。
これまでは、キットを買ったら満足していた処もあったのですが、今回は、制作したい気分も盛り上がっております。
最近ではローデン社から1/72の良さげなキットが色々出ておりますが、ネットで見ているとまた欲しいものが有るんだよなあ。
ゴータの爆撃機やら、まだ持っていない型の戦闘機やら。
こんな事を考えてる時間が楽しいんですね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンダーボルト その5

2016年12月14日 | P-47 サンダーボ...


サンダーボルトの制作も佳境に入ってきました。

胴体のインベイジョンストライプには、マスキングテープからはみ出した塗料を表現してみました。
もちろん、筆のフリーハンド。



風防とキャノピーを付けると、一気に格好良くなりますねえ。


写真は前後しますが、パイロット付近のアップです。


面倒くさかったので、最後になってしまいました。
翼端灯も部品として付いていたので、貼り付けました。
透明パーツを使うか、そのまま塗装でごまかすか、最後まで悩んでおりました。



透明部品や、パイロットにマスキングをして・・・。



ベランダにてトップコートをシューします。


ではまたね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンダーボルト その4

2016年12月03日 | P-47 サンダーボ...


ハセガワ社製 1/32スケール P-47サンダーボルト。

塗装を続けます。

機体下面のライトグレーを塗って・・・。



迷彩色の地色のダークグリーンを塗ります。

その時に、カウリングとラダーの航空群識別色の赤の下地のライトグレーも塗ります。

これは完全にフリーハンドで塗りました。


ダークグリーンの上に、ダークグリーンの迷彩色を塗っていきます。

写真のとおりです。






航空群識別の赤を塗ります。

赤は、第8空軍 第56戦闘航空群です。

第八空軍で唯一、サンダーボルトを終戦まで使い続けた航空群です。




では。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加