atabichaの気まぐれ日記

更新は不定期です。(笑)
カエル・音楽・本・映画、その他趣味について。

【がま口】にハマる。

2017年06月22日 | 日記
えーと、只今ワタクシ、がま口作りにハマっておりまして。

別の所にアルバム作って載せてはいたんですが、ここにも一応記録しておこうかと。


きっかけは、ピアスを作るときに使う各種ペンチをまとめて入れられるポーチを作りたくて。

でも大き目の口金はお安くないし、久しぶりに作るのにいきなり本命は危険かなと思い、まずは100均で丸型と角型を購入。


 

とりあえずこんな感じの試作品を作ってみました。

ただ、がま口にははめ込み式のものと縫いつけタイプとあって、このはめ込みタイプはどうも苦手。

しかも、なかなかイイと思ったこの100均の口金、実用にする前にメッキがペリペリとはがれてしまい、しかも分厚いもんだからケガしそうで使えないという、ね。

ま、試作品なんだからと気持ちを切り替えて。

次に作ったのはコチラ。



丸型の口金、縫いつけタイプ。マチ付きの小さめポーチ。
生地は何気にShinji Katohデザインのカエルです

なかなかイイ感じに出来たので、今度は本命。

 

ペンチが入るように20cm幅の角型の口金。縫いつけタイプ。
お気に入りのリアルカエル柄の生地で。
サイズもバッチリ

これで止めるのかと思いきや。。。



 

 







ストレスたまるとモノ作りに没頭するというワタシのいつものクセが勃発。
量産しております。wwww

最後の3つ、パンダとネコ柄はタグを付け忘れるという痛恨のミスを犯してしまいましたが。

お気に入りの生地がこうしてモノになるのがなんとも楽しい。

もうしばらくは、がま口ブームが続きそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OTOTOMO LIVE@さんぽ道(行田市)vol.28

2017年06月20日 | 音楽


2017.6.17 音友の理恵ちゃんにお誘いいただいて、OTOTOMO LIVE@さんぽ道vol.28 に参加させて貰って来ました♪

本当はユニット「そえひろ通り」での参加予定だったんだけど、まさかの当日の朝に相方キャンセルの為、急遽ソロでの参加となってしまいました。

でも気持ちを切り替えて、いざ、初めての行田市へ!
(実は行田に行くのは今回が初めてでした

会場となる「さんぽ道」はさきたま古墳のすぐお隣。





お店の中から古墳が見えちゃうバツグンのロケーション!


↑お店のママさんからの差し入れ♪
お水と行田名物【ゼリーフライ】
本場のゼリーフライ、はじめて食べました~
美味しかったデス


↑理恵ちゃん手描きのタイムテーブル♪ PFIの一子さんの似顔絵が可愛いっ♪


↑一番手はレギュラーメンバーの【内島忍商店】のみなさん♪
加川良さんの「伝道」も歌って下さり、もう選曲がツボで楽しませていただきました~♪






↑そして二番手。(写真はまどかちゃんが撮ってくれました♪)

一人でドキドキだったけど、みなさんあたたかくて、そして最後の昭和歌謡では理恵ちゃんとタカヒロさんがリズムで参加してくれて、嬉しかったし心強かった!

曲目リスト、一応書いておきます。

・パパ:安藤明子
・カバくんとカエルくん~ふたりはともだち~:オリジナル

・500マイル
・TOO MUCH PAIN:THE BLUE HEARTS

・虹色の湖:中村晃子
・天使の誘惑:黛ジュン
・草原の輝き:アグネス・チャン





↑待ってましたの三番手は【PFI】の皆さん♪
ボーカルの一子さんとはFBで繋がっていて、お会いするのがとっても楽しみでした。

皆さんもうビジュアルからカッコよくて、選曲も演奏もMCも、みんなみんな完成されたステージ。
会場みんなグイっと引き込まれてました!




↑そして最後は【りえりり&ひで】のお二人♪
こちらも最初はマッキーさんとのユニットだったんだけど、マッキーさんが直前にご都合がつかなくなってしまい、急遽ひでさんがピンチヒッターに。
でもさすが、おなじみのギタリストさんで、バッチリ息の合ったライブでした。
最後の「こぜにちゃんのうた」はもう可愛くって

ランチライブということでわりとガチガチに緊張する雰囲気ではなくやれたので助かりました♪
そして皆さんの演奏をしっかり楽しませていただきました♪

その他の写真も載せちゃいますねん♪


↑この日の【総監督】PAをやって下さったマンモさん。背中でごめんなさい。(笑)




↑ノリノリの理恵ちゃんとタカヒロさん♪ 盛り上げてくれました!




↑行田まできてくれた仲間たち♪ ホントにホントに嬉しかったよ~ん♪


↑一子さんともパチリ素敵なお姉さまでした~♪


↑出番の後にいただいた、週末限定の【古代米カレー】
古代米のご飯が古墳型。カレーにもお豆が入っていて、古代米のご飯とお豆の食感が楽しくて、美味しかったです♪


★オマケ★

↑理恵ちゃんがドキンちゃんの靴下で、ワタシはパンダだったので二人でパチリ(笑)


↑としーろ画伯が書いてくれた【セーラー戦士ひろえ 山芋のツルに絡まる!】の原画をいただきました!(嬉)


色々あったけど、企画・主催の理恵ちゃん、さんぽ道のみなさん、来てくれた皆さん、ご一緒して下さったすべてのみなさんに感謝感謝の一日でした♪ありがとうございました!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【幸福な食卓】瀬尾まいこ

2017年06月13日 | 

内容紹介
佐和子の家族はちょっとヘン。父を辞めると宣言した父、家出中なのに料理を届けに来る母、元天才児の兄。そして佐和子には、心の中で次第にその存在が大きくなるボーイフレンド大浦君がいて……。それぞれ切なさを抱えながら、つながり合い再生していく家族の姿を温かく描く。吉川英治文学新人賞受賞作。

ほのぼの、とか、心があったかくなる、とかいうコメントが多いですけど。
どうなんだろう。と思ってしまった。

確かにサクサク読めちゃうんだけど、どっかひっかかる。

お父さんもお母さんも直ちゃん(兄)も佐和子も。

みんな、どこか危うい人たちの家族。

お互いをいたわり合っているのはわかるんだけど、でもなんだか変。

そして、何故に大浦君、死んでしまう?

うーーーーん。

小説としては、「イイ!」とは思えなかったな。
普通に面白かったけど。


それと、途中で(大浦君が死んじゃう前ね)シュークリームが食べたくなって、久しぶりに買ってしまった。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【今日の人生】益田ミリ

2017年06月07日 | 日記


内容(「BOOK」データベースより)
むなしい日も、幸せな日も、おいしいものを食べた日も、永遠の別れが訪れた日も……。益田ミリさんの人生がつまり、初めて「死」について書いた著者の転換点となる最高傑作・コミックエッセイ。


大好きなミリさんのコミック・エッセイ

日々の中で、ちょっと心にひっかかったことや、ほっこりした瞬間。幸せに思った事、哀しかったこと、腹立たしかったこと。

そういう小さな気持ちを放置せず、大事にしっかり受け止める、ミリさんの視線が大好きです。

まずはざっと通して読みましたけど、またじっくりゆっくり読み返したいです。

そしてこんな風に、毎日、一日の終わりに『今日の人生』を考えてみるのもいいな、なんて思ったり。

あと、この本、作りがとっても素敵です。

本屋さんで手に取ったら買わずにいられなくなりました。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【春、戻る】瀬尾まい子

2017年05月06日 | 


内容(「BOOK」データベースより)
結婚を控えたさくらの前に、兄を名乗る青年が突然現れた。どう見ても一回りは年下の彼は、さくらのことをよく知っている。どこか憎めない空気を持つその“おにいさん”は、結婚相手が実家で営む和菓子屋にも顔を出し、知らず知らずのうち生活に溶け込んでいく。彼は何者で目的は何なのか。何気ない日常の中からある記憶が呼び起こされて―。今を精一杯生きる全ての人に贈るハートフルストーリー。


GWだし、1冊くらい読んでおこうと思って読み始めたら一気に最後まで、でした。

どう見ても年下なのに「おにいさん」だというこの青年はなにものなのか?
という疑問が解決しないまま終盤まで話は進みます。

でも、善人しか出てこない安心感。

主人公のさくらがあまりにもぼんやりと結婚を決めてしまっているのが初めは若干気になりましたが、読み進めていくうちに少しずつ「大丈夫」と思えるようになってきて。

何より婚約者の山田さんが、いい

舅、姑になる義父と義母もとてもいい人たち。

だって、普通「おにいさん」をあんな風に受け入れられないでしょ。

でもできちゃう人たちなんですよ。山田さんもご家族も、妹のすみれさんも。

そして最後にわかるお兄さんのご両親も。

さくらにはツライ過去もあったけど、きっとこれからの人生ステキだと、そう思える結末。

お休みの日に、気持ちよく読ませていただきました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加