もとmoto元・甲斐の馬券神

2007年甲斐から笄に、2011年芝浦に拠点を移し、さらに2016年からは本拠札幌にて競馬三昧の日々を送る毎日。

2017年G1第9戦・優駿牝馬 予想&結果

2017年05月20日 | G1予想&結果
◆「今年の牝馬のレベルは高い」と言われつつ、皐月賞ファンディーナの敗戦後の陣営の「力負け」のコメントのせいで、NHKマイルCの牝馬ワンツーを取り逃がした輩が日本中に100万人ほどいることだろう。一喜一憂すんなよ。今年の牝馬はレベル高いよ。とくに牝馬で能力が高い馬は2歳の早いうちからその持てる能力を発揮しているので、阪神2歳JFで好走した馬は、このオークスでも上位にくるはず。というのが今回の予想の骨子。

◆阪神JF上位馬でこのオークスで馬券対象とするのは2頭。桜花賞を制したレーヌミノルは「マイルでも長い」との評価は不変。背中の短さが致命的だ。
 したがって、本命筋は桜花賞3着の2ソウルスターリングと14リスグラシュー。
 2ソウルスターリングは気性面と父フランケルが不安視されているが、フランケルの父は欧州G1を席捲しているガリレオで、昨年の凱旋門賞をワンツーしてその万能ぶりを天下に証明した。思えばサンデーサイレンスだって、産駒がいろんな距離で実績を示すまでは「アメリカンダートで強い馬が芝で走れるかは分からん」と評価されていたんではないか。
 桜花賞では、なんだかモタモタした姿が頼りない感じだったが、鞍上ルメールによればこの馬はストライドが広い馬とのこと。しかもベタ爪で渋った馬場でも3着にきたことこそが、この馬の能力の証左だろう。遠く離れた蝦夷地在住ゆえ府中のリアルタイムの天候は分からないが、今週末の天気はどうやら雨の心配はしなくても良いらしい。前走の精神的なダメージが一抹の心配あるも、良馬場の時のこの馬のポテンシャルと鞍上ルメールの大一番での強さを信じて、本命としておく。
 2番手は、リスグラシュー。鞍上武豊はキタサンブラックでは圧倒的なパフォーマンスを示すものの、その他の重賞では人気のない馬をそつない騎乗で3着にもってくることが多い。リスグラシューの能力はソウルスターリングにはかなわないものの、鞍上が左右する比率の高い2400mという距離と武豊の手腕により馬券圏内に絡む可能性はかなり高いものと推測する。

◆一方、桜花賞までは「オークスでは本命に使用」と思っていたアドマイヤミヤビは、鞍上にデムーロを配しながらボロボロの12着の惨敗に。いかに重馬場不得手ではあっても、ここまで負けるのは能力的に超一線級とはいえない。すくなくとも同じく重馬場がそれほど向いていなかったであろうソウルスターリングとリスグラシューを逆転できるまでには至らないものと考える。まあ、馬券対象にはしておくが、アタマの対象にする必要はないだろう。

◆その他の馬については、まず消去法により消込をしていき、残った馬を加重する方法にて、最終判定をすることにした。

◆消す馬:条件1=1勝馬は消し(過去10年、1勝馬は2着と3着が2回のみ。ハイレベルの今年は出番なし)
 4ミスパンテール、11レッドコルディス、15ヤマカツグレース、3フローレスマジック

◆消す馬:条件2=連対率50%未満は消し
 9ディーパワンサ、12ブラックオニキス、17カリビアンゴールド、18マナローラ

◆消す馬:条件3=キャリア4戦~7戦以外(近5年で3着以内にきたのは1頭のみ)
 6ハローユニコーン、7ディアドラ
 ※ 実はこの2頭はオークス検討である「SS×ダンチヒorヌレイエフ」に該当するので馬券対象としたかったんだが、両馬とも8戦と10戦と使い込んだわりには「強くなった」と評価できないのがネック。ハローユニコーンは500万条件の白梅賞で6着に負けたこと、ディアドラは桜花賞で権利がとれず2週前の矢車賞を使わざるを得なかったことで消しとした。

◆消す馬:条件4=背中が短い
 13レーヌミノル

◆以上の消し条件4つで残った馬は7頭。この7頭の組み合わせにてオークスの馬券を構成する。

 1モズカッチャン、2ソウルスターリング、5モーヴサファイア、8ホウオウパフューム、10ブラックスピーチ、14リスグラシュー、16アドマイヤミヤビ
この中で、アドマイヤミヤビは一時期「この馬がオークスでは本命に」との想いがあったので、1枚上の評価にしておく。

◆評価
 ◎ 2 ソウルスターリング
 〇 14 リスグラシュー
 ▲ 16 アドマイヤミヤビ
 △ 1 モズカッチャン
 △ 5 モーヴサファイア
 △ 8 ホウオウパフューム
 △ 10 ブラックスピーチ

 ちなみに、オークス向きの血統は「サンデーサイレンス系×DanzigまたはNureyev」であり、上記7頭のうちその血統構成になっているのは、5モーヴサファイア、8ホウオウパフューム、10ブラックスピーチ、16アドマイヤミヤビ。ソウルスターリングもリスグラシューもこの血統に該当しないが、能力の絶対値の違いで克服してくれるものと信じたい。

◆馬券<39300>

◇馬連<14800>
 2-14=4000、2-16=2500、14-16=1500
 2-1,5,8、10 @1000
 14-1,5,8,10 @700

◇3連単<12000>
 2,14-2,14,1,5,8,10,16-2,14,1,5,8,10,16 @200

◇3連複<12500>
 2,14-2,14,1,5,8,10,16-2,14,1,5,8,10,16 @500


★ちなみに、金曜日時点での馬券予想は全く違ってた。一応ここに記すが、もし金曜日の馬券が当たってたら涙

◇馬券計=46300
◇馬連<12400>
 2-14=3000、2-1,16=@1500、2-6,7,10,17=@800
 14-1,16=@800、14-6,7,10,17=@400
◇3連複<18300>
 2-14,1,16,6,7,10,17=@300<6300>
 2,14-2,14,1,16-2,14,1,16,6,7,10,17=@500<12000>
◇3連単<15600>
 2,14-2,14,1,16-2,14,1,16,6,7,10,17=@300<10800>
 2,14-6,7,10,17-6,7,10,17,1,16,2,14=@100<4800>

◆結果

 うううううう。金曜日予想の方が4万円超粗利が高かった・・・。
 まあ、しかし。2週続けて寂しい想いをしてたので、当たればいいか。

2017年5月21日(日) 2回東京10日11R 第78回 優駿牝馬(GI)サラ系3歳 2400m 芝(国際)牝(指定) オープン 定量

1 1 2 ソウルスターリング 牝3 55.0 C.ルメール 2:24.1   34.1 474 0 藤沢和雄 1
2 1 1 モズカッチャン 牝3 55.0 和田竜二 2:24.4 1 3/4 34.1 468 0 鮫島一歩 6
3 8 16 アドマイヤミヤビ 牝3 55.0 M.デムーロ 2:24.8 2 1/2 33.9 476 +2 友道康夫 2
4 4 7 ディアドラ 牝3 55.0 岩田康誠 2:24.8 アタマ 33.9 478 +2 橋田満 9
5 7 14 リスグラシュー 牝3 55.0 武豊 2:24.9 3/4 34.2 432 -4 矢作芳人 3
6 2 3 フローレスマジック 牝3 55.0 戸崎圭太 2:25.0 クビ 35.0 448 -4 木村哲也 5
7 6 12 ブラックオニキス 牝3 55.0 大野拓弥 2:25.4 2 1/2 35.1 410 0 加藤和宏 17
8 8 18 マナローラ 牝3 55.0 蛯名正義 2:25.6 1 1/4 34.5 452 +14 鮫島一歩 16
9 5 10 ブラックスビーチ 牝3 55.0 北村宏司 2:25.6 クビ 35.0 444 +4 角居勝彦 8
10 2 4 ミスパンテール 牝3 55.0 四位洋文 2:25.7 1/2 35.6 508 +6 昆貢 11

馬連 1-2 2,290円 6番人気  @1000
馬単 2-1 2,790円 8番人気
3連複 1-2-16 4,600円 9番人気  @500
3連単 2-1-16 20,130円 41番人気  @200



投資=39300
回収=86160
収支=+46860



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年G1第8戦・ヴィクトリ... | トップ | 2017年万馬券(016) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。