もとmoto元・甲斐の馬券神

2007年甲斐から笄に、2011年芝浦に拠点を移し、さらに2016年からは本拠札幌にて競馬三昧の日々を送る毎日。

2016年秋G1第4戦・天皇賞(秋)予想

2016年10月27日 | G1予想&結果
◆記録的な猛暑となった今年の夏、競馬予想界の重鎮・清水成駿が逝去した。ここ十数年の間、馬券神の予想において参考としていたのは田原成貴と清水成駿だった。一方の田原は覚せい剤の闇に溺れ、残る清水も世を去った。もちろん、馬券予想に当たっては、田原や清水の予想をそのまま馬券を買っていたわけではないが、馬主のスタンスや馬の能力の見定め方などについて、プロの見方というものに感嘆を覚えたことは数知れない。その経験がわが身の競馬予想にいくらかでも厚みを増してくれているような気がする。
 この秋のG1はここまで3連勝ではあるが、展開がわずかに変わっただけでも3連敗になった可能性もあるわけで、驕らず昂ぶらず冷静な予想に徹してみたい。

◆ラブリーデイは2015年にG1を2勝したが、清水成駿はそれを「強い世代が引退した世代の隙間をついたもので能力的にはそれほど高くない」と評価していた。ラブリーデイもすでに6歳を迎え、年齢的な衰えとともに強いといわれる現4歳世代が古馬になり、世代交代の波をモロに被りそうな気配が濃厚だ。加えて大外15番枠が当たったこともあり、前年覇者ではあるが、今回は無印とするのがディフェンディングチャンピオンに対する礼儀だろう。

◆逃げ・先行を競うであろう3頭のエイシンヒカリ・クラレント・ロゴタイプは、それぞれ1番・2番・5番と絶好の枠に入った。巷ではエイシンヒカリが逃げると考えられているうと思うが、ゲートの速さではクラレントが一枚上手。おそらくスタート直後に先頭に立つのはクラレントだろう。そうすると、内にいるエイシンヒカリは一旦クラレントをやり過ごしてから二の脚で先行する必要がある。他の馬がいなければ逃げるクラレントの外側2番手にスンナリ位置取りできるだろうが、やはり逃げたい田辺ロゴタイプがクラレントのすぐ外を塞ぐ形になる。田辺もエイシンヒカリを楽に前に出すわけはないので、エイシンヒカリがハナに立てるのは、クラレントがハナを切りその後外側を追走するロゴタイプをパスした後となる。ロゴタイプが通過した後ゆっくりしていると、他の馬が次々と内に切れ込んでくるので、武豊はロゴタイプが脇をかすめた直後には、気合をつけてエイシンヒカリを先行させ場合によってはハナを奪う展開に持ち込むことになる。
 ここが今回の天皇賞の第一のポイントとなる。エイシンヒカリがクラレントやロゴタイプの内側からあまり脚を使わずに先行できるか、それとも一旦この2頭をやり過ごして改めて先行策をとるのか、の2択だ。前者であれば余力をもって直線に入ることができ、逃げ残りの可能性も高まるが、後者の展開になれば前半の無理がたたり直線ズブズブに沈む可能性が高いものと考える。武豊としてエイシンヒカリの国内最終戦となるここで、先行しないままレースを終えることはできないだろう。とすれば、エイシンヒカリは多少無理をしてでも逃げの手に出る作戦しか進む道はなく、あとは直線どこまで粘れるか、という展開に持ち込むしかない。
 うまくいけば逃げ粘りのアタマ。他馬の状態と展開次第では、掲示板もないスブスブ、というのが、今回のエイシンヒカリの運命のように思う。「1着もあるが、アタマがなければ良くて3着」というのが、今回に関するエイシンヒカリの評価としておく。エイシンヒカリが沈む時には、それより能力の低いクラレントとロゴタイプは馬券圏内にはいられない。両方とも無印でいいだろう。

◆さすれば、どの馬を本命にするかといえば、マイルの絶対王者モーリスを指名する。この馬の今回のチャレンジをみると、その昔やはり安田記念を連覇しマイルで圧倒的なパフォーマンスを誇り、ついには距離未経験な天皇賞をもぎとったヤマニンゼファーを彷彿させる。ヤマニンゼファーは5歳になるまで1600m以下の経験しかなかったが、前哨戦の毎日王冠6着を経て見事初距離となる天皇賞を制覇した。
 モーリスは3歳時に1800mや2200mを使ったものの成績は今イチ。しかし本格化した5歳で2000mの札幌記念を経由してここに臨むローテーションには、陣営のこのレースに賭ける深慮遠謀が窺える。馬の絶対能力に加え厩舎の研ぎ澄まされた戦略を高く評価したい。

 対抗は、逃げ先行の上記3頭の直後の絶好の位置といえるポケットをとれそうなアンビシャスとする。モーリスが中段で進める以上レース中何らかの不利を受ける可能性もあり、その場合より前に位置取りできるこの馬は不利を受ける可能性が低い分相対的な有利さがある。前哨戦毎日王冠ではルージュバックに完敗だったが、後の天皇賞を睨んだ余裕をもたせた造りでもあり、勝ったルージュバックともそれほど差があったわけではないので、叩いた上積みを考慮すればこの馬の方が今回は上位にくるものと考える。

 3番手グループは3頭。毎日王冠を完勝したルージュバック、毎日王冠では内側でゴール前100mまでドン詰まっていたステファノス、安田記念で喫した惨敗が懸念されるが、元来マイルから中距離がベストであろうリアルスティール。
 ルージュバックはあまりにも終い一辺倒で重くなりそうな馬場など心配な面はあるが、ノーザンファーム天栄の場長の「4歳になって体力がついてきた」との前向きなコメントにちょっと乗っかってみることにする。

 押さえの△は、サトノクラウン、サトノノブレスの2頭。サトノノブレスは「小回り向き」との陣営の評価だが、馬場が重くなりそうな今回は、小回り向きの器用さがプラスに出るような気がする。

 エイシンヒカリは、「1着か3着以下」の★評価。

◆評価

 ◎ 8 モーリス
 〇 3 アンビシャス
 ▲ 9 ルージュバック
 ▲ 12 リアルスティール
 ▲ 14 ステファノス
 △ 4 サトノクラウン
 △ 7 サトノノブレス
 ★ 1 エイシンヒカリ 

◆馬券<35200>

◇3連単<14400>
 8,3-8,3,9,12,14-8,3,9,12,14,4,7,1(48点)@200 <9600>
 1-8,3-8,3,9,12,14,4,7(12点) @100 <1200>
 8,3-8,3-9,12,14,4,7,1(12点)@300 <3600>

◇3連複<12000>
 8,3-8,3,9,12,14-8,3,9,12,14,4,7,1(30点)@300 <9000>
 8-3-9,12,14,4,7,1 @500 <3000>

◇馬連<8800>
 3-8=@4000
 3,8-9,12,14 @800 <4800>


一晩明けて少し気が変わった。これが吉とでるか凶とでるか・・・おそらくこの秋の勢いからいけば吉とでるのでしょう。。。。

<競馬終了後>馬券購入後に馬券チェックしてたら、購入額変えてたとこあった。ついでに菊花賞の成功に気をよくしてPATにて追加。

◆馬券<28600> → <29800+PAT4800>

◇3連単<10800>
 8,3-8,3,9,12,14-8,3,9,12,14,4,7,1(48点)@100 <4800>
 8,3-8,3-9,12,14,4,7,1(12点)@200 <2400>
 8-3,9,12,14、7-3,9,12,14,4,7,1(30点)@100 <3000>
 1-2-5 BOX @100<600>


◇3連複<9000>
 8,3-8,3,9,12,14-8,3,9,12,14,4,7,1(30点)@300 <9000>

◇馬連<8800> → <10000>
 3-8=@4000
 3,8-9,12,14 @800 <4800> → @1000<6000>

◇PAT追加:3連単
 8,3-8,3,9,12,14-8,3,9,12,14,4,7,1(48点)@100 <4800>


 


◆結果

2016年10月30日(日) 4回東京9日 11R 第154回 天皇賞(秋)(GI)サラ系3歳以上 2000m 芝(国際)(指定) オープン 定量

1 5 8 モーリス 牡5 58.0 R.ムーア 1:59.3   33.8 514 +4 堀宣行 1
2 7 12 リアルスティール 牡4 58.0 M.デムーロ 1:59.5 1 1/2 33.5 502 +4 矢作芳人 7
3 8 14 ステファノス 牡5 58.0 川田将雅 1:59.7 1 1/4 33.5 486 0 藤原英昭 6
4 2 3 アンビシャス 牡4 58.0 横山典弘 1:59.9 1 34.0 466 -8 音無秀孝 4
5 3 5 ロゴタイプ 牡6 58.0 田辺裕信 1:59.9 アタマ 34.5 496 -6 田中剛 9
6 4 6 アドマイヤデウス 牡5 58.0 岩田康誠 1:59.9 ハナ 34.2 476 -14 橋田満 11
7 5 9 ルージュバック 牝4 56.0 戸崎圭太 1:59.9 クビ 33.9 450 -4 大竹正博 3
8 6 11 ヒストリカル 牡7 58.0 田中勝春 2:00.1 1 1/4 33.7 450 -2 音無秀孝 12
9 8 15 ラブリーデイ 牡6 58.0 C.ルメール 2:00.3 1 1/4 35.1 482 -6 池江泰寿 5
10 4 7 サトノノブレス 牡6 58.0 A.シュタルケ 2:00.4 3/4 34.7 496 -10 池江泰寿 10

馬連 8-12 2,420円 10番人気  @1000
馬単 8-12 3,700円 14番人気
3連複 8-12-14 7,430円 31番人気  @300
3連単 8-12-14 32,400円 119番人気  @300


投資=34600
回収=143690
収支=+109090

これで4週連続でG1払い戻し10万円OVER。ニヤニヤが止まりませぬ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年万馬券(025) | トップ | 2016年万馬券(026) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。