くんくだけどフォスターブログ

くんくだけどフォスターブログ

重子のトキ

2016-10-17 01:42:25 | 日記
肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、マッサージをするなどということが大切です。でも、内側からのスキンケアということがより重要なことなのです。不規則な食事や睡眠、喫煙などが重なると、どんなにいい化粧品を使っていても、肌の状態を良くすることはできません。まずは生活習慣を見直すことが、スキンケアに体の内側から働きかけることができます。お肌のお手入れにオリーブオイルを利用する人もいるようです。メイク落としにオリーブオイルを塗っているとか、お肌の保湿のために塗ったり、小鼻に残ってしまった皮脂の黒ずみを取り除いたりと、色々なやり方で使われているようです。ただし、良いオリーブオイルを用いなければ、皮膚の状態に何か支障が出ることもあります。そしてまた、自分には違うなと思った時もただちに肌に塗るのをとりやめて下さい。スキンケアで1番大切にしたいのは正しい手順で洗顔を行うことです。してはいけない洗顔方法とはお肌を傷つけてしまい潤いを保てなくなってしまう、要因をつくります。肌を傷つけないように優しく洗うしっかりとすすぐ、大切なことを意識して洗う顔を洗いましょう。寒くなると湿度が下がるのでそれによって肌の潤いも奪われます。水分が奪われて肌に潤いが足りないと肌荒れやシミ、シワなどを起こしやすくなるので冬はしっかりとしたお手入れが必要です。乾燥によって起こる肌トラブルを予防するためにも保湿・保水を普段よりしっかりと行うようにしてください。乾燥する時期の肌のお手入れのコツは乾燥から肌を守ることが重要です。肌の汚れを落とすことは、スキンケアの基本のうちのひとつです。それに、肌の水分を保つことです。しっかり汚れを落とさないと肌に問題が発生します。また、肌の潤いが失われてしまうことも外部の刺激から肌を守る機能を弱体化させてしまうので、保湿を必ずするようにしてください。しかしながら、保湿を行いすぎることも肌のためにはなりません。スキンケアにおいてアンチエイジングに効果があるとうたっている化粧品を使うと、しわ・シミ・たるみといった肌の老化現象を目立つのを遅くする効果が得られます。しかし、アンチエイジング化粧品を使っているからといって、生活習慣を整えなければ、老化現象のほうが早く進み、効き目はわからないでしょう。体の内部からのスキンケアということもポイントです。乾燥した肌の時、スキンケアが非常に重要になります。間違った肌の手入れは症状を悪くさせるので適切な方法をわかっておきましょう。最初に、洗いすぎは禁物です。皮脂のことがひっかかるからといって1日に何度も何度も洗顔してしまうと肌がかさかさしてしまいます。逆に皮脂の分泌物の量が多くなってしますので、朝と夜の2回だけで十分です。乾燥肌の方がスキンケアで気をつけないといけないことは十分な保湿です。それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも大事なことです。自分の肌に合わない強いクレンジングや洗顔料を使うと残すべき皮脂まで落ちてしまい、お肌の乾燥の元になります。洗顔に使用するお湯の温度ですが熱すぎるお湯では洗顔料と一緒に皮脂も落ちてしまうので気をつけてください。それに、保湿だけに留まらず、自分の洗顔はこれでいいのかと振り返ってみてください。洗顔の後の保湿はドライスキンを予防・改善する上でなくてはならないことです。おろそかにしてしまうと肌の乾燥をすすめてしまいます。加えてクレンジングやメイク用品についても保湿、保水に優れたものを選ぶ必要があります。これ以外にも保湿効果のある入浴剤を使用したり、温度の高いお湯を使わないというのも非常に有効です。「きれいな肌のためには、タバコは厳禁!」なんて言葉をよく聞きますが、それは美白に関しても同じです。本当に白い肌にしたいのなら、タバコはすぐに止めるべきです。タバコが美肌に良くない理由として一番に挙げられているのが、タバコによるビタミンCの消失です。タバコを吸っていると、美白に大事なビタミンCが破壊されます。
ミスアール
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怜(さとし)で田嶋 | トップ | ヘチマチャンピオンがフローラ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。