囲碁日記:明日への一打

囲碁上達を夢見る一アマチュアの日記です。

9月30日(金)-10月2日(日):帰省

2016年10月16日 02時22分08秒 | 旅行
9月30日(金)から10月2日(日)の二泊三日で帰省してきた。

この土日は、女子中学の説明会など計画していたことがあったのだが、親戚の葬儀ということで急な予定変更もやむなし。

30日は会社が終わってすぐに都営浅草線の日本橋から地下鉄へ。京急の羽田空港国内線ターミナル駅行の電車を初めて利用したが、乗り換えなしで楽だし便利で良かった。

羽田空港で食べた金沢カレー。


松山空港に着いてから、JRの特急の時間まであまり余裕がなかったのでタクシーで松山駅へ行くことにした。飛行機の座席が比較的前の方だったので早めに機外に出てタクシーにスムーズに乗ることができた。特急にも間に合い、今治には22時過ぎに到着。
松山駅に向かう車中で、松山空港ではタクシー待ちの行列ができているという無線が入っていたのを耳にした。飛行機の座席が後方だったら、タクシーがつかまらず特急には乗り遅れていたかもしれない。

JR松山駅のセブンイレブンでみかけて、懐かしさのあまり購入した金ちゃんヌードル。高校生のとき、よく夜食で食べたものだ。


10月1日の朝の天気は曇り。葬儀は松山で行われたので、今度は今治から松山へJR特急で移動。途中雨が降ったものの、松山に着いてからは雨は上がり晴れた。暑いくらいであった。

葬儀の後にいただいた食事。
今回、せっかく瀬戸内に帰ってきたというのに、お魚はこのときに食べただけだった。


葬儀の後、今治に戻ってきてから、晩御飯は何にしようかと考えたところ、ふとご当地グルメで売り出されている焼豚玉子飯(やきぶたたまごめし)を食べてみようと思い立った。数十年前の高校生の頃、友達と学校の帰りに何回か食べて以来のことで、割と知られるようになってからは口にしたことが無い。
ちなみに、焼豚玉子飯はB-1グランプリで受賞したと思っていたのだが、実は今治焼豚玉子飯世界普及委員会に与えられたプライズで、料理が受賞したものではないとのことである。
「今治焼豚玉子飯世界普及委員会」のホームページ参照のこと。

ネットでお店を調べると、重松飯店と白楽天の二店が有名らしかった。どちらにしようか迷った末に、そんなに機会があることではないし、両方食べれば良いじゃないかという結論に至った。

ということで、まずは重松飯店へ。まったく人気のない真っ暗な通りのなかでぽっかりと灯りがうかんでいた。


焼豚玉子飯。大盛、中盛、並盛、小盛とある。並盛を注文。中盛から玉子が三つにグレードアップする模様。


「おいしい食べ方」を見ながら食す。美味しくいただいたが、タレ多めで味付けも濃いと感じた。昔自分が食べたものとはかなり印象が異なる。当時は叉焼数枚の上に目玉焼きが乗っかった至ってシンプルなもので、味はもう少しあっさりしていたように思う。まあ、記憶はいい加減だし、お店によってアレンジは異なるだろう。


続いて白楽天へ。腹ごなしに歩く。途中、今治市公会堂の前に巨大なスクリューを発見。昔今治港に設置されていたと思うが、いつの間に公会堂前に設置されたのだろう。知らなかった。


正面から。


ちなみに、今治市公会堂は「世界のタンゲ」丹下健三の設計による。ウイキペディアによれば「老朽化やバリアフリー化への対応が不十分なことから取り壊しも検討されてきたが、丹下健三の貴重な建築物であることから保存を求める声が挙がった。2012年8月から2013年8月末まで外観はほぼそのままに約7億円をかけて改修工事が行われた。」とのこと。今治に住んでいたのは18年ちょっとだからねえ。知らないことが多い。

子供の頃はデパートが3つ4つあって、初めてエスカレーターに乗った時の混雑が思い出される。いまやそのデパートはなく、更地も増えて寂しい限り。

白楽天は市の中心部にある。お店の前には広い駐車場が用意されている。


重松飯店は町の食堂という趣があるが、白楽天は中華レストランという感じ。


調理場に近い奥まった場所にあるカウンター席に案内された。
重松飯店でいい加減お腹いっぱいだったにもかかわらず、なぜか無謀ともいえる唐揚げとのセットを注文。お店はお客さんが一杯で、調理場はフル回転の様子が窺えた。そのせいか暫く料理が出てくるまで待たされたのは、むしろ有難かった。ということで、以下の感想はお腹一杯状態だったことを考慮して読んでいただければと思う。


焼豚玉子飯の近景。目玉焼きの黄身はとろとろながら、白身の裏面はカリカリ状態。コショウも多めか。焼豚は重松飯店と比べて小刻みにされていた。私の好みとしては重松飯店の方が良かったと思う。


セットの唐揚げは、焼豚玉子飯の濃い味付けに比べて淡泊すぎて、正直あまり美味しいとは思わなかった。お店のメニューに白楽天の唐揚げはソースも合うと書かれていたが、それほどでもなかった。それもこれも、お腹一杯だったせいだと思う。


実はこの2か月ばかり、ダイエットのためジムに通ったり食事にも気を付けたりしていたのだが、ここにきて一気に炭水化物を摂取してしまった。旅行など普段と異なる環境に身を置くと、羽目を外しがちになるということはよくあることであろう。
(ジム通いのダイエット効果は殆どなくてガッカリだったのだが、気が向いたら日記で触れることがあるかもしれない。)

10月2日は特急で松山へ。午前中には羽田空港に戻ってきた。早いものだ。


飛行機の中から富士山が見えた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「厳選洋食さくらい」にて食事 | トップ | 10月2日(日):個人面談 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL