アメトリンの日々

ちょっとした空想話です。^^

陽の時代の大統領

2017年02月13日 16時30分08秒 | 日記

 暖かいです。

ところで、トランプさんを見た人はもうおわかりだと思いますが、トランプさんというのはとてもわかりやすくて、正直な人なのです。

トランプさんが、相手やマスコミによって態度を変えるとか、攻撃的にしか人と接することができない暴君のように報道されていることが多かったですが、これは、当たり前のことだろうと思います。

相手が、悪い人や悪い人の息がかかった感じなら、攻撃的に強く出るのです。嫌いだからです。

相手がアメリカ合衆国の再建に協力的か、以前に悪い人チームと関わったけれども今はこちらに寝返って協力している。というところの人たちは、好きな人たちに入ります。

昔は敵だったけど、これからは協力してね。という感じのことも、わりと気軽にしてしまう人だと思います。

その場合は心から信頼しているということではないのでしょうが、受け入れる度量があるのだと思います。

悪い人チームから寝返る国や人は多いです、このところは爆発的に増えてきていると思います。

大体からして、足かせをはめられているような感じの人も多いので、トランプさんにしてみれば、彼らの境遇に理解や同情するところも多いのだと思います。

日本の首相はトランプさんと仲が良くて、何かイチャイチャしていましたが、とてもよかったと思います。

ロシアのプーチンさんとトランプさんは悪い人チームと敵対しているチームなので、日本はこのお二人と協調して進むのが正解だと思います。

世界の勢力図はもう書き換えられています。ヨーロッパの国々も反応が速いです。

トランプさんを批判するマスコミなどは、とりあわなくてもよいと思います。

悪い人チームの根幹の部分が崩れ去っているので、戦国時代の戦いでいうと、本丸がガタついているというか、崩壊寸前になっていると思います。

トランプさんが嫌う相手は悪い人で、好きな相手は良い人チームの人たち。ということで、分けて考えると、とてもわかりやすいと思います。

プーチンさんはあまり面倒見のよいほうではないというか、表立って、仲の良さをアピールするタイプではないのかなと思います。

トランプさんの愛情表現は本物でしょうが、プーチンさんは、その国が自分の力を最大限に出せるように敵を追い払ってあげるから、後は自分たちでがんばりなさい。というスタンスなのかなと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽しいことをする大統領 | トップ | すぐ怒る存在たちが起こすパ... »

日記」カテゴリの最新記事