アメトリンの日々

ちょっとした空想話です。^^

気づかせない人たち

2016年10月18日 10時58分13秒 | 日記

今日は少し暖かいです。もうすぐ紅葉が始まりますが、この時期は桜が咲く時期のようになんだかうれしくなります。

ところで、日本の長時間労働が問題になっていますが、なんとなくいつの頃からか、8時間労働で週2日休日というのは、働きすぎではないのかなと思うようになりました。

そもそも学校の教育の場から、このシステムに合わせて生活できるように組み込まれているわけで、なんだろうこの根本からのおかしさは。と思っておりました。

昔学校の教科書で見た中世の社会の階級の仕組みで、労働者の背中の上に聖職者と貴族と王族がふんぞり返って乗っている絵が載っていました。

まあ、この頃は、市民の生活は大変だったのね。と思いましたが、今も、あんまり変わってないことに気がつきました。

どこかの国の王さま限定の話ではなくて、地球規模で地球を操っている支配層がいる。ということは、なかなか気づかないものでした。

インターネット、アーンド次元上昇がなかったら、何かおかしいなと思いながらも、気づかないで過ごしていただろうと思います。

ところで、長時間労働というのは、人間の体と心を縛る、もってこいの環境でございます。

私がもし支配層の人間だとしたら、喜んでこれを導入すると思います。

肉体も精神も自分の魂の目的以外のことに時間を持っていかれると、まず、いろんなことに気付くことは難しくなります。

体も心も疲れていると、視野や思考が狭くなってくることは、誰でも経験していることだと思います。

悪い人たちはこの、気付かれる。ということを非常に恐れているフシがあります。

何もわからないまま、一生を終えてもらうのが、一番彼らにとって都合のよいことなのです。

何か、別の世界に感応する時は決まって、リラックスしていたりたり、ボーッとしている時に起こります。バシャールのいうところのニュートラルな状態というのでしょうか。

なるほど、この世界に触れさせないために、人々の時間を拘束したり、外からの刺激である大音量のテレビなどを使って情報漬けにしているなと思うことがあります。

いろんな世界は自分がツナギのようになって、ダウンロードされてくるものです。

その時は静かに瞑想していたり、リラックスして和んでいたりする時に起こるものです。

人間の本来の持っているパワーを開花させない。というのが、彼らのやり方なのだな。というのがよくわかります。

私は最近まで人間の体にはチャクラがあるのだということも知りませんでしたが、このような大事な情報も封印したり捻じ曲げて伝えたりするところも、とてもピンポイントで大事なところを抑え込んでいるというか、よく熟知しているなと思います。

表層の世界だけを見てみると、人間の体に良さげな情報は開示しないのが当たり前みたいになっています。

最近はその状況もようやく変わってきているのでうれしいのですが、これも地道に次元上昇やその他の良い情報を発信してくれるライトワーカーの皆さまの地道な活動と努力の結果なのだと思いました。



















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真実がすきな人たち | トップ | 光をあつかう人たち »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。