アメトリンの日々

ちょっとした空想話です。^^

シールドを使う天使

2017年07月12日 11時24分46秒 | 日記
 
 今日は曇りです。

ところで、天使やアセンデッドマスターの皆さまに意識を向けたり守ってくださいとお願いすると、柔らかいシールドのような温かいエネルギーが降りてきますが、このエネルギーは体全体を包んで、保護膜のように悪いものから守ってくれるエネルギーです。

よく、繭に包まれているようなと、表現される天使のこの防御のエネルギーですが、このエネルギーに守られると安定感と安心感を感じるようになります。

天使に限りませんが、観音さまや日本の神界の神さまなどに意識を向けるということは、その神さまなどにコンタクトをこちらからとっているようなことになって、必ず、相手に伝わるものです。

天使や良い存在と信頼関係が築けたり、その存在に感謝することが多くなるほど、パイプが太くなるような感じを受けます。

天使や神さまは実際に守ってくれる素晴らしい存在ですが、とても、立派な素晴らしい存在だからといって、崇拝したり妄信したりすることは、ちがうと私は思っていて、感謝して、信頼するのが、程よい距離感なのかなと感じています。

大天使ミカエルはあまり緊張しないで頼みごとができる、度量の広い感じを私は感じているのですが、天使に頼むと、実際に効果が感じられます。

目に見えない存在というのは、人間の守備範囲を超えた部分で活動できますので、常識では考えられない。とか、科学では証明できない。といわれている人間が証明出来たり認識出来たりする部分の埒外で、活動してくれます。

人間の考える常識や科学で証明できることは本当に狭い範囲であると感じるのですが、その他の空間にある出来事というのは、多いものです。

天使に頼みごとをすると、解決の糸口になるような番組を偶然見たり、目の前を通った通行人がそのその話題を口にしていたり、どのような要素が重なり合ってそのような結果になったのかと、不思議におもうほどの偶然が重なって、悩みが解消される方向に動いていくようなことも起こるようになります。

私はよく、ビリヤードで玉突きをしていて、一つの球を突いて、隣のいくつかの球に当たって連鎖反応で結果的に魔法のように遠くにあった球がポケットに落ちるというようなイメージを受けることがあります。

天使のやり方はこれに似ていて、どこかの誰かや物事に働きかけて、人間には手の及ばない、遠くの場所にある目的を解消する結果になっていると感じることが多いのです。

時空を超えて干渉できる。というのが天使や良い存在の特権なのかなと思ったりもします。

大天使ミカエルなどの天使は、人間に頼みごとをされるのがうれしいようですので、信頼して、頼みごとをしてみるのもよいのかもしれません。

私も天使についての入り口と基礎知識はこの方の本から学びましたが、ドリーン・バーチューさんの本などを参考に読んでみると、わかりやすいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 順調にすすむ世界 | トップ | エクササイズを始める人たち »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。