アメトリンの日々

ちょっとした空想話です。^^

十分まわる世界

2017年05月16日 10時33分13秒 | 日記

 曇りでございます。

ところで、最近世界各地でベーシックインカムという制度を試験的に導入する試みが増えているそうですが、新しい社会のありようとして、人々の意識が変わる、覚醒するきっかけになるのではないのかなと思います。

現在どこの国でも高い税金を徴収していますが、税金を逃れている企業が多かったり、使われるべきところに使われていなかっりします。

地球は元来豊かな星で、世界中の人間が健やかに暮らしていけるだけの余力を十分持っている星だといわれています。

よく、肉食をやめれば食糧危機はふせげるのだと言われておりますが、日本人などは特に、肉食の歴史が浅いようなので、肉を食べなくても健康に生きられるという感覚は受け入れやすいのではないのかなと思います。

世界中の物質重視の豊かさの根源は、人間の欲望と見栄と虚栄心みたいなものから発生しているように思いますが、このような価値観もわりと、悪い存在がする刷り込みと、意識の操作に人間の欲望を刺激されてうまく乗せられているところがあったりします。

意識が変わってくると価値観が変わってきますが、物質中心に重きを置かなくなったりします。

素晴らしい物というのはたくさんありますが、魂の上におくほど、価値のあるものはないのではないのかなと思ったりしま
す。

悪い人チームの人たちは、食べ物に農薬を使ったり、本来必要のないものに、価値や値段をつけて売りつけようとしたりします。

何にどれほど価値があるかは彼らが決めることで、この世界では彼らの俺様ルールがまかり通っています。

悪い人たちの、現在の地球への進化の妨害と、環境汚染などの干渉が減ると、地球は元の住みやすい星に生まれ変わります。

病気になるほど悩んだり、長時間労働しなくても、十分豊かに暮らしていけるのです。

水を汚染したり空気を汚染したり、食べ物に余計な農薬や添加物を入れてみたりすると、病人が増えるというのは、誰でもわかることだと思います。

人類が病気や苦労から解放されるような新しい技術も、潰されたりするというのが、これまでやり方でした。

エネルギー問題が解消されると、他人の土地の資源を奪いに行こうという発想もなくなります。

トランプさんとプーチンさんが何と戦っているのか、誰を平和に解放しようとしているのか。ということが、だんだんわかってくると思います。

プーチンさんの演説やインタビューを聞いていると、それが、よくわかってくると思います。

ロシアには遺伝子組み換えの物は入れないと、はっきりと宣言したりしています。

世界中の人間や動物たちが、ゆったりとまったりと心も体も解放されて伸びやかに生きられる楽園のような世界というのは、悪い人たちが討伐された後に実現される世界なのかなと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一枚上手な人たち | トップ | 寅さんがいる世界 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。