アメトリンの日々

ちょっとした空想話です。^^

事情が変わった星

2017年04月19日 12時30分46秒 | 日記

 今日は良いお天気ですが風が強いです。

ところで、次元上昇が始まって地球の波動が全体的に上昇した結果、重いエネルギーというのは地球上に徐々に存在できなくなっています。

年をとって、若いころは好んで食べて消化できていた脂っこいものがいらなくなる。とか、食べたくなくなるようなことと似ているのかなと思います。

次元上昇が始まってからの地球は、悪いエネルギーをこれまでのように取り込まないとか、受け付けないようになっています。

地球のエネルギーの重たい場所は、波動の上昇に伴って、徐々にクリーニングされていくだろうと思います。

地球は周波数と波動の上昇という事情が変わったので、過去に存在できたものが存在できなくなることも起こってくると思います。

脂っこい食事は、若いころは美味しいのですが、年を取ると敬遠したくなります。野菜のおひたしなどの方が美味しく感じるようになるのです。

波動が上昇する過程で食べ物の好みが変わるというのはよく知られていることだと思いますが、エネルギーの質としての波動の悪いもの、新鮮でないものは避けてしまうようになります。

レトルト食品や、肉類、新鮮ではない野菜や果物など、添加物の多い長期保存できるものなども、視覚と本能から避けてしまいまいます。

地球も同じで重たい波動の物を捨てていっている状態です。映画のラピュタのシーンで、空中に浮かぶラピュタの底の重たい部分が、飛行石の効力がなくなって、海に捨てられるように落ちていくところがありますが、ちょうどあのような感じで、自身の波動のそぐわないものを捨てていって、地球は波動の軽い、もっと上の次元に向かって上昇しているのではないのかなと思います。このシーンは毎回何かあると目に浮かびます。

それから、よく人間に悪いものがつく現象がありますが、そのような悪いものも、最近の波動の上昇に耐えきれなくて、自然にもげるというか、外れるようなこともあるのかなと思います。

よく、CMなどで、油で汚れたお皿などを洗剤を溶かしたぬるま湯などに浸けると、油汚れが上に浮き上がるようにして外れていっていますが、あのようなイメージもよく浮かびます。

ついている人間の波動が上昇すると剝がれやすくなりますし、同じ理由で地球が人間だとすると、地球の波動が上昇すると、波動の悪いものは耐えきれなくなって、剥がれていくようになるのです。

昔のように、濃厚な悪いエネルギーが充満したような地球ではもうありませんので、昔の歴史は繰り返せないだろうと思います。

そういう意味で、かつての地球のように、好戦的な人たちが楽しめる星ではなくなったのだなと思います。

あれ?これまでのやり方が通用しないぞ?と、疑問に思っているえらい人がいるようですが、欲を優先にして走っている人たちとは違いますので、そこのところを理解できないと、ボタンの掛け違いが永久に続くと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 間合いを知る人たち | トップ | 起きたら違う世界 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。