アメトリンの日々

ちょっとした空想話です。^^

真実がすきな人たち

2016年10月17日 10時32分03秒 | 日記

 よいお天気でございます。

ところで、人間には真実やウソに反応するセンサーが付いているのだと言いますが、次元上昇が始まってこのセンサーの感度が全体的に良くなってきているそうです。

わりと、若い人は進化した状態の体や心で生まれてきているので、余計この傾向が強く出るそうです。

クリスタルチルドレンや、インディゴチルドレンといわれている人たちの特徴に当てはまる人も多いのではないのかなと思います。

この真実やウソに反応するセンサーは、ネコが猫じゃらしに反応するように、ほとんど本能で反射的に反応してしまう類のものです。

フィクションや、映画や物語のお話の中で、このお話は本当ですよ。作り話ですけどね。という、エンターテイメント的な程よいウソ加減なら気持ち
よくそのお話をフィクションとして楽しめるのですが、これが、真実として世の中に出回ったり、その状態が実生活に影響したり脅かすほどの影響が出てくると、反応の仕方も別なものになってきたりします。

だいたいの、テレビや新聞の情報は操作がされていて、最近は、核心の大切な部分をワザと避けて言わないのも、ウソをついていることに当てはまるのかなと思ったりします。

アメリカやヨーロッパでは、マスコミは信じられなくなっているというのはもはやネットを使う人たちの間では常識になっているようで、このことに対する反発や不信感も強いようです。

CGで加工した画像を、これは真実の画像です。とか、芸能人のすっぴんや、整形が、目にとまってしまうのもこのセンサーが反応しているのだと思います。

騙すほうも、うまく、完璧に騙せばいいものを、なんだかこう、ツッコミたくなってくるような、微妙で雑な作り方で騙そうとしているところがあったりします。

そのクオリティでは無理。と、騙されようとするほうも思ってしまいます。着ぐるみの背中にチャックが見えている感じで、ちょっと面白い感じになってしまっているのです。

世界的なハッカーの集団や、真実を見つけてはブログなどにアップしてくれている人たちも、このセンサーが反応して、ウソを真実だと力技で持っていこうとしている勢力に反発しているのだろうと思います。

私の親世代はテレビと新聞の情報を鵜呑みにして、それに頼っているようなところがありますが、このような人たちは、素直というか純粋といいますか、えらい立場にいる人たちが、悪いことをするはずがない。とどこかで信じ切っているようなところがあります。

この素直で純粋な人たちと違って、ネットを使いだした最近の人たちというのは、免疫があります。少々のことでは、驚かないようになっているのです。

真実の情報が暴露されようとも、ダメージを受けないというか、そんなに動揺しないのです。

現在進行形で世界のウソが暴露されていますが、まるで猫じゃらしに飛びつくネコのように、直感でそれを捕まえて、退治してやろうとする人たちが、世界中には多くいるのです。

ちなみにプーチンさんやトランプさんは真実を喋っているという共通点があって、特にプーチンさんは猫じゃらしに果敢に飛びつく勇敢なネコたちを、守ってあげようとしているそうです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アップデート | トップ | 気づかせない人たち »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。