黒い沙時計

のんびりした日記なので未更新も長引く事もあります。
こんなブログでも読んで下されば嬉しいです。
リンクはフリーです。

【ガンオン】次回のアップデート

2017-05-20 17:27:55 | ガンダムオンライン(細々と更新)

アトラスガンダム
分からないので調べてみました。ので私なりの捉え方です。


サブレッグ

重力化飛行用ブースターユニット。
これを装備する事によりアトラスガンダムの推力を過剰ともいえる力を与えている。
サブレッグには大型シールドや武装コンテナを外装可能。アトラスガンダムには必要不可欠な装備なようですね。


ブレードシールド

表面に複数のブレードを備えているタイプのシールド。防御兵装としては高い耐熱性を発揮し、モビルアーマークラスの大出力ビームの照射にも短時間ではあるが耐えうる事が可能。
...ガンオンでいう所の耐ビームコーティングみたいな役割なのかな?


ビーム・サーベル

近接格闘用武装。 コムサイを一刀両断するだけの切断能力を発揮する。
ちなみにこの武装には偏光モードが存在する。


レールガン

最初見た時はアーマードコアLRのカスケード・レインジが装備しているハンドレールガンみたいだと思いました。
このレールガンは比較的装甲が厚いズゴックなどのMSを一撃で葬る事もでき、さらには電磁パルスガードを発生させる事により大口径実体弾とメガ粒子砲以外を遮断可能。
ただ、水中では使えないですよね。何故と言われましてもレールガンは電気の力を使って弾を発射するものであり、水中で使うと放電するからでしょうか。

余談ではありますが、アーマードコアLRのハンドレールガンは産廃でした。


アサルトライフル

レールガンのサイドアームとして使用されますが、水中戦ではレールガンは電磁バリアとして用いられる事からこちらがメインアームとなります。


ビーム・ライフル

アンダーバレルにビーム・サーベルが装着されており、格闘戦にも即時対応が可能らしいです。


ジム・キャノン(北米戦線仕様)
ジム・キャノンシリーズの1つです。ちなみに北米戦線に配備された機体は6機。
恐らくは普通のジム・キャノンとなんら変わりはありませんが...
名前にも出てくる北米戦線とは...参考になるかどうか分かりませんが【機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊】と言う漫画にて北米戦線仕様のガンダム・ピクシーが登場しています。(配色は緑色)

余談ですが、愚連隊の漫画ではジム・ストライカー(ネメシス隊仕様)vsガンダム・ピクシー(北米戦線カラー)と言うジムvsガンダムと言う構図でした。

配色が緑なだけにガンダム・ピクシーは初期パイロット以外、幾多の戦闘狂パイロットに緑(えん)がありますね。



アッガイ(TB)

これもサンダーボルトの機体なので分からないので調べました。

本作では12mらしいです。ちなみに大きさですが...機動戦士ガンダムUCのロト(MS変形時)と同じ大きさです。
比べるとしたら...やはりガンダムとでしょう。ガンダムの大きさはWikiで調べた所によると18mらしいです。
-6m低くなった感じでしょうか。相当小さいと思いますよ?


キュベレイMk-Ⅱ(プルツー機)
近接戦闘向きの武装がありますね。恐らくは高機動型ジェガンとかと同じ感じでしょうか。
でもこんなでかいボディで突っ込んでいって大丈夫なんだろうか...?


余談ですが彼氏はプルよりもプルツー派です。生意気で大人びた感じがいいと昔に聞かされた事があります。
ぶっちゃけ知らんがな(´・ω・`)って話しです。

私のシャアよりもカイ・シデン派みたいな感じと同じですね。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【マイクラ】 AsunaのMinecra... | トップ | 【ガンオン】プルツーキュベ... »

あわせて読む