Vばら (ある創作&つぶやき)

ある少女漫画を元に、エッセーと創作を書きました。原作者様および出版社とは一切関係はありません。

50周年記念展 (5)

2017-03-20 21:02:50 | つぶやき

 最終の第6章…タイトルは「新しい挑戦」。

 47歳で音楽大学を受験し、見事合格。卒業後は声楽家としての活動もされている池田先生。2005年からは作者自ら「ベルばら」をパロディ化し、4コマ漫画として創作を開始。題名は「ベルばらkids」。メインキャラたちが3頭身姿で、時事ネタや相撲、猫などに関する小噺を展開。

↓  2012年、日本各地で開催された「マリー・アントワネット物語展」のために、新たに描き下ろしたアントワネットのイラスト。

 2014年、雑誌「SPUR」に、「オスカル、モードを着る」と題し、有名ブランドの秋冬コレクションをまとった姿で登場。

↓  表紙にもなったドルチェ&ガッバーナの森を描いたドラマチックな服。

↓  ディオールのコレクション。

↓  ランバンのコレクション。

↓  結婚情報誌「ゼクシィ」では、綴じ込み別冊の表紙で、ウェディングドレス姿を披露。原画は淡い色彩で統一されていてとてもきれいだった。

↓  MC13巻の表紙絵も展示。

 このほかに新作エピソードを発表した際に描いた表紙絵が掲載された、マーガレットの冊子がずらりと並んでいた。一番最初のエピソードである「アンドレ編」は、別冊付録の小冊子として販売されたがこの号は完売したとか。その後改めて本誌に掲載し直して発売した経過がある。

 第6章の締めくくりに50周年記念展のために、特別に描き下ろしたカラーイラストが1枚、飾られていた。特に題名は書いてなかったが、ルネサンス時代の服装をまとった若い男女が描かれており、なんとなく「ロミオとジュリエット」を連想させた。

 第6章のコーナーでは池田先生のこれまでの歩みを、13分にまとめた動画がエンドレスで上映されていた。椅子の数が少ないので、立ち見も出る盛況ぶり。惜しむらくはこの動画の中で自作について語る池田先生の映像は、2004年にNHKで放送されたドキュメンタリーからの抜粋であったこと。かれこれ10年以上も前の言葉だ。池田先生ご自身に関しては、写真が1枚スクリーンに映っただけ。せっかくの記念すべき50周年展なのだから、短時間でもいい、今の池田先生の気持ちを短くてもいいから聞きたかった。これはすごく残念。今からでも遅くないのでこれから開催する会場では、平成29年現在の池田先生の想いを聞かせてほしい。

 今日で日本橋高島屋での記念展は終了。これから関西地区や横浜でも開催される。可能ならもっと多くの都市で開催されるといいなあ。この特別展に足を運べないファンの方々に、少しでも館内の様子を感じていただけたら…と思い記事を書き綴ってみた。見落としが多く拙い文で申し訳ないけれど、楽しんでいただけたら嬉しい。

 読んでくださり、本当にありがとうございます。

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 50周年記念展 (4) | トップ |   

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オスカー)
2017-03-21 13:14:35
こんにちは。
たくさんのお話をありがとうございました!
とても楽しめるました!

ばらの品種について調べていたら、まんだらけのイベントで『ベルばら』同人誌の記事を見つけました。よしながふみさんって同人活動をされていた、されているのですか~? 昔は同人誌とか買っていましたが、今は全くなのでビックリしました~内容には驚きませんが(笑) あまりの高値にクラクラしました!
少し御無沙汰しております。 (まい)
2017-03-21 19:50:37
りらさま、こんばんは。
いつも丁寧なレポートを作成してくださり頭が下がる思いです。
忙しくてなかなか行けなかったのですが、昨日の最終日に浅草にある母のお墓参りの帰りに銀座線で日本橋で下車し、ようやく行って参りました!主人も一緒でしたが、会場の外で一人で待つのも時間が読めないので 嫌がるかな?と思いきや、一緒に中に入って鑑賞してくれました。さいたま市の展示の時も素晴らしかったのですが今回は更に素晴らしく、原画の美しさや芸術性にすっかり魅了されて本当に夢のような世界でしたね!
アントワネット展には結局2度行きましたが この記念展も再度行く価値のあるものだと思いますので、横浜にまた出かけて行くかもしれません(^^)
アラレさまもお求めになられたという一番大きなゴム印、残り4つしかなくて私も買いましたが、(たしか りらさまもお求めになられたように記憶しておりますが‥)全巻通して一番好きな告白場面のイラストですのに左半分のアンドレが無いのが残念です。この場面の原画も本当に素晴らしかった‥:(*´▽`*)

池田理代子展の後は 迎賓館赤坂離宮見学でした。抽選で当たっていたので。あまりの絢爛豪華さ、1t近い沢山のフランス製シャンデリアや大理石の円柱、そして‥天井画、壁の装飾、全てに圧倒されてしまい感激し過ぎて目頭が熱くなってしまいました。+゚(*ノ∀`)
池田理代子展も赤坂離宮も両方に付き合ってくれた主人を少々疲れさせてしまいましたが、おかげで、一日中 夢のような世界に浸れることが出来て本当に幸せな気分になりました。

もう少し仕事が落ち着いてきたらオル窓も再び読み返してみたく思っています!

いつも丹念な素敵な記事を提供してくださりありがとうございます(*^^*)
三寒四温、まだ本格的な春の温かさには程遠いですが体調崩すことなくお過ごしくださいませ!
オスカーさま (りら)
2017-03-21 23:56:43
 コメントをありがとうございます。

>よしながふみさんって同人活動をされていた、されているのですか

 現在はどうなのでしょう?「大奥」やBL作品のヒットで、もう同人活動はしていないのではないでしょうか?ばらの品種…どんなことをお調べになったのでしょう?オスカーさまは、ばらを育てていらっしゃいますか?
まいさま (りら)
2017-03-22 00:09:56
 コメントをありがとうございます。

 お久しぶりです。お元気でしたか?福祉施設でのボランティア活動を、続けていらっしゃいますか?手の具合はいかがでしょう?

 20日は何ともゴージャスな休日を過ごされましたね。前半が50周年展、後半が赤坂離宮。しばし現実を忘れ、夢のひとときを味わいましたね。旦那さまもまいさまに付き合ってくださり、良い休日だったことでしょう。

>今回は更に素晴らしく、原画の美しさや芸術性にすっかり魅了されて本当に夢のような世界でしたね

 「ベルばら」はもちろんのこと、「オル窓」やその他の少女のカラーイラストがどれも愛らしくて、見とれてしまいました。画集を出して頂きたいです。私も「もう一度、このイベントを見たいな。」という想いに駆られています。まいさまはアントワネット展を2度、ご覧になったのですね。2回見ると、しっかり記憶に残りますね。スタンプは大小各1つずつ買いました。でもまだ使っていません。誰かに手紙やカードを送る時、押してみたいなあ。

 赤坂離宮は、昨年のGWに行きました。和のテイストと、ヨーロッパの宮殿の雰囲気が見事に調和しており、ゴテゴテ感がなく日本が世界に誇れる建築物だと確信しました。日本に居ながらにして、欧米の宮殿にいる気分に浸れますね。次回は和室も見たいと思っています。

 クラブツーリズムが今年も5月と10月に、アントワネットゆかりの地を訪れるツアーを催行する予定です。まいさま、今年こそ旦那さまと一緒に参加されてみてはいかがでしょう?
Unknown (アラレ)
2017-03-22 17:35:30
りら様、詳しい解説ありがとうございます、私はどうもミーハーにしか書けないので、こちらで、復習と言いますか、見落ちしたのを確認しておりますです、
そう言えば、今回の展示で私が現代の話で割りと好きな【魅女物語】が無かったのが、残念でした

そして、りら様、まい様も買われたスタンプ、本当に大人気で、私はつい、どうしても使いたい、けど、インクで汚れる~ってことで、一番のお気に入りを、使う用にもう1つと、前回買わなかったやつを買ってしまいました

更にその後、ベルばらカフェにレッツゴーしてしまいました、5月末までなので、りら様も是非是非行ってみて下さいませ
アラレさま (りら)
2017-03-23 22:41:18
 コメントをありがとうございます。

>今回の展示で私が現代の話で割りと好きな【魅女物語】が無かったのが、残念でした

 数多くの作品の中から、どれを選択するか、主催者も悩まれたでしょうね。

>りら様、まい様も買われたスタンプ、本当に大人気で、私はつい、どうしても使いたい、けど、インクで汚れる~ってことで、一番のお気に入りを、使う用にもう1つと、前回買わなかったやつを買ってしまいました

 そうなんですね。私が行った時は、たくさん売られていました。買ってはみたもののまだ一度も使っていません。

>ベルばらカフェにレッツゴーしてしまいました

 近頃コラボショップが多すぎて、なかなかすべてを制覇するのが難しいです。
わあ~(*^^*)楽しみ☆ (とんとん)
2017-03-24 11:15:10
50周年記念展、詳しくありがとうございます!!
大阪展がとっても楽しみになってきました。
私は「オルフェウスの窓」は連載時リアルタイムで読んでいたので、オル窓コーナーもめちゃめちゃ期待です。
できればあのオル窓の模型(?)は原寸大で、下から見上げられるようにセッティングしてほしいですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む