鈍足親父の独り言

50歳目前でジョギングを始めた鈍足な親父が

ランネタを中心に日常生活を思いつくままに綴った徒然日記

春RUN漫

2017-04-10 | 千葉を走る(昭和の森)
日曜日は一日雨模様の天気でしたが,お花見ランができるのも最後かもしれないので,午後からご近所シャワーラン

まずは越智町の大藪池に向かいます。
池の周りのソメイヨシノは満開を迎えつつあります。
やはり雨のせいでしょうか?約2.7kmの周囲を一周しても誰にも会いませんでした。














ミツバツツジや連翹も鮮やかに咲いています。






東の桜並木も満開ですね。




昭和の森まで戻ってきました。
こちらのオオシマザクラもソメイヨシノも満開を迎えていますが,桜を楽しむ人はほんの数人しか見かけませんでした。
















雨に濡れた花海棠もいい感じです。




本日の走行距離:21.4km

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

赤坂チャレンジマラソン2017

2017-04-09 | 大会レポ(その他)
昨日土曜日は,昨年に続き「第19回 赤坂チャレンジマラソン」に参加してきました。昨年は一人での参加でしたが,今年は家族4人での参加です。
この大会は,TBSの「オールスター感謝祭」で行われる「赤坂5丁目ミニマラソン」で芸能人の方が走られるコースの一部を含む1周1.3kmのコースで開催されます。もちろん名物の「心臓破りの坂」も走ることができます。
芸能人の方が走られるサカス坂を通らず,さくら坂から一ツ木通りを走るのであちらの1周850mよりも少し長くなっています。






会場の一ツ木通りBizタワーに到着すると相変わらずの小雨模様ですが走るには支障はなさそうです。
受付を済ませて陣地を確保したところで,今回お誘いしたmurasakiさんとだ〜まえさんと合流しましたが,女将♪さん(炭やの女将さんとは別の)は残念ながらDNSということでした。
早速家族4人&murasakiさんとコースの下見にいきます。
名物心臓破りの坂です。






さくら坂とサカス坂の分岐付近,コース沿いには感謝祭の表示がなされています。




チアリーダーに扮したmurasakiさんは「仮装ラン」に,だ〜まえさんと親父は「チャレンジラン」にエントリーしています。




えんぴつさんをはじめシャー専用のみなさんは,今年もハイレベルな仮装です。







FBランニンググループのshihoさんとそのお仲間さんたちも昨年に続いての出場です。




ケセラからもshinoさんはじめ,数名の方が参加されていました。

司会進行は今年もTBSの熊崎アナウンサーです。




そしてゲストランナーは,俳優でタレントの森 渉さん,妊娠中の奥様 金田朋子さんもご一緒でした。金田さんの生声初めて聞きましたが,テレビで聴く声と同じでした(笑)。






競技の種目は,
小学生のチビッコラン(1.3km)
中学生以上の健康ラン(1.3km)
中学生以上の仮装ラン(1.3km)
チャレンジラン(3.9km)
チャレンジ駅伝(1.3km×3人)の5種目です。

健康ランで奥さんと娘(二女)が出走。




初田アナウンサーの実況で娘が心臓破りの坂を上り,さくら坂の下りに入ったところで転倒したことを知りましたがなんとか7位でゴールしていました。
練習もやらずに初めてマラソン大会に参加した奥さんもびりになることなくゴールできたようです。




仮装ランのスタート,今年はマック赤坂さんも参加されて大会を盛り上げていらっしゃいました。






仮装ランのチアmurasaki !




親父と息子はチャレンジランに出走。




さくら坂を駆け下る息子と親父






なんとか息子に先着し,親父の面目躍如(笑)
記録は
17分11秒 第40位

昨年の記録を7秒更新していましたが,順位は12番も後退でした。レベル上がっていますね。
夜のテレビを見ていたら,女子のチャレンジランのスタートの模様が映されていましたが,女優でサブ3.5ランナーの森田朋依ちゃんが真ん中に映っていました。16分33秒で3位だったそうで,京都マラソンに続いて連敗です。






今年は仕事で参加できないとおっしゃっていた赤坂の老舗和菓子屋「赤坂青野」の社長もギリギリでランナーさんの応援に駆けつけてこられました。




1年ぶりのshihoさんと




レースの途中で同じ「T200K(関西)」の赤Tで走られている方を見かけたのでゴール後に話しを聞くと,姫路からの遠征で翌日は茨城県日立市の大会に参加されるということでした。




東京の真ん中で開催されるローカル大会で,参加費は1,000円(それも全額「東日本大震災・津波遺児支援」に寄附されるということでした。)なのに,チップによる計測もあり,参加賞(TBSの粗品)にゴール後のドリンクまでいただきまし た。

終了後は,身内で軽く打ち上げのはずが・・・ついつい飲みすぎて ^^;




さて,来年も家族で参加できるのか?長女夫婦も誘って駅伝2チームもありかな・・・。それともまた一人での参加になるのか(笑)。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

朝から激沈?

2017-04-05 | 千葉を走る(昭和の森)
平日久しぶりの朝ラン,4時前にスタートして昭和の森の桜の開花状況などを偵察,と言っても昨日走られたえっちゃんが「まだまだだよ〜。」と言うてましたが(笑)。






園内のソメイヨシノはまだ二分咲き程度で見ごろを迎えるのは,天気が心配ですが週末あたりでしょうかね?八重桜はまだまだ蕾硬しです。






サイクルロード沿いのオオシマザクラ(山桜?)は,8分ほど咲いていました。




シモクレンは今が盛り,カタクリも見ごろを迎えていますね(明るくなると花びらも可愛く開きます)。








えっ,タイトルの件?^^;

朝からお花見ランで激沈したわけでもないのですが,真冬のレースでもノースリのシャツで走る私のようなランナーには有難いニュースが飛び込んできたんです。
そう,巷で人気のあの「激沈上等」Tシャツにノースリーブバージョン(ブラック)が登場して来週から予約受付が始まるというのです。

詳しいことはこちらで(『【ついにノースリ】座右の銘Tシャツ(黒)は4月12日受け付け開始』)ご確認ください。^o^




そろそろ秋の人気レースのエントリーが始まります。神戸マラソンには年代別チャレンジ枠,大阪 マラソンには市民アスリート枠という特別枠がありますが,今年はいずれもエントリー資格がないので,一般エントリー(陸連登録)で抽選に望みます。と言っても,くじ運が悪いからな〜^^;
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

高水山トレラン2017

2017-04-03 | 大会レポ(トレラン)
日曜日(4/2),東京あきるののお山ではハセツネCUP出場優先権を賭けた「ハセツネ30K」がコース変更のうえ「ハセツネ17K」として開催され,男子は上田瑠偉さんが,女子はかおりんこと吉田香織さんが優勝されたようです。また,女子準優勝には,地元長崎を拠点にしてウルトラマラソンを中心に活躍中のもっちーこと望月千幸ちゃんが入ったようですね。
(私は地道に 6月1日のクリック合戦で本戦を目指しましょう。^o^)

そこから少し北側の青梅のお山では「第19回 青梅高水山トレイルラン大会(30kmの部)」が開催され,3年連続で参加してきました。前日の雨や雪でコースコンディションが心配されましたが,雪も走路への影響はほとんどなく,適当なお湿り状態で逆に走りやすく感じました。

結果:3時間34分43秒(総合 271位・年代別 32位)
KFCさん仕事が早いです。当日のうちにリザルトも発表されています。

昨年から時間は 6分53秒短縮できましたが,順位では年代別で4番上げたものの総合では6番の後退でした。ただ,3時間半がかなり近づいてきたのでできれば来年くらいに実現したいものですがどうなることやら・・・

今年は,毎年恒例となっている(らしい)ブログ村の山宴会の陣地に荷物を置かせていただきました。




コースと高低差はこんな感じです(ガーミンデータ)。






前日くらいから腰に嫌な感じがあったので,バックパックではなく,コルセットを兼ねて(笑)エンデュランスベルトを巻いて走ることにしました。




またランシャツは,朝方は少し冷えましたが天気は良さそうなのでチーム200K(関西)のノースリです。
背中側はこんな感じです。




全体の前よりに村のみなさんと一緒に並んでいると,すぐ前にけーすけさんがいらっしゃいました。不思議とよくお会いします(笑)。








上空からはドローンによるスタート風景の撮影も行われていました。
スタート直後の階段は今年もお約束の大渋滞・・・^^;




階段を上って上から見ても,まだまだ続いています。




この矢倉台の上りが意外としんどいです。(私だけ?)




過去8年間高水山トレイルランの動画とスライドを1km付近で撮影されていたYAKU(5151)さんが昨年,「今年で最後にしようと思っている。」とおっしゃっていたのですが,もしかしたらと期待して1km地点に向かったものの,はやり宣言どおり今年はいらっしゃいませんでした。ちょっと寂しい気もします。
ところが3km付近までやってくるとビデオカメラを回している方がいらっしゃるではないですか。そこにいらっしゃったのは,なんとプロシードさんでした。




アップダウンを繰り返しながら雷電山(494m)に向かって高度を稼いでいきます。
5km付近でいつも順位をカウントしてくださっているこのスタッフさん(?),昨年は「ちょうど240位だよ。」と教えてくださったのですが,今年は「100番台の後半ぐらい。」いうことでした(笑)。




15kmコースとの分岐,栗平の三叉路を過ぎるとカウベルの音が聞こえてきました。いろいろな大会でボランティアをされているKBTさんです。今日も選手誘導のボラです。寒い中長時間ありがとうございました。
今年は往路復路とも挨拶ができました。




雷電山を過ぎると,関門が設けられている「榎峠(10km地点)」に向かって若干のアップダウンはあるものの下り基調になります。
榎峠を1時間09分59秒で通過,制限時間20分前で昨年より23秒早い通過です。1時間半を超えてしまうとここでUターンしないといけません。




榎峠からは高水山(759m)に向かって上ります。
峠から300mほど上ったところで毎年地域の方がエイドを設けてくださっています。(青木私設エイド)




ここからはとにかく上ることになるので,水を一杯だけいただいてリスタートです。




激坂も終盤になるころまで上ってくると,昨日の雪が少し残っていました。






残雪を見ながらなんとか激坂を上りきり,林道をしばらく走ると「高水山常福院」の山門に続く石段が見えてきます。ここでお参りを終えて折り返すメテオデさんと遭遇しました。
常福院到着:1時間43分23秒,昨年より24秒だけ早く着きました。




本堂に着くと順番に並んで鈴を鳴らしてお参りし,御守りの「鈴」を授かります。これがチェックポイント通過の証明になります。
参加した3回すべてでいただくことができました。




この写真を撮ったところでスマホ充電切れ・・・あとはゴールまで写真なしです。^^;




お参りした後はかなりの高度差を一気に下り,その後の激坂林道へと続きます。この林道をなんとか上りきると再度トレイルに入り少しずつ高度を下げ,急に視界が開けたところが白岩の集落です。ここ白岩自治会館にはコースで唯一のエイドが設けられています。
地元の皆さんと話しながらオレンジなどをいただき,またまた激上りに挑みます。
白岩エイド到着:2時間13分29秒,昨年より54秒早い到着です。

ひと山越えて「榎峠」に戻ってきた時点で,2時間20分26秒,ここまで昨年とほぼ同じペースで走っていたようです。

昨年も苦しんだ雷電山に続く険しい上りを前のランナーを目標にただひたすら上って行きます。
残り5km付近で前方にメテオデさんの背中が見えるようになりました。その背中を必死で追っていると昨年両腿内転筋が攣った残り4km地点もふくらはぎは張ったままですが無事通過しました。
逆に足が攣ってつらそうなメテオデさんをこの付近でかわし,青梅丘陵ハイキングコースで前のランナーを少しずつ抜いて順位を上げていきます。

そして過去2回とも内転筋の攣りで失速したら鬼門の最後の階段です。やはり駆け下りている途中で攣りそうな気配がありましたが,なんとかそのままゴールまで走り続けることができました。




今回の記録更新は,榎峠からの終盤の粘りで達成できましたが,あと5分を絞り出すことができるのか・・・相当頑張らないと3時間半切りは難しそうです。

ゴール後にいただいた今年の参加賞は,ランニング用バックパックでした。容量は9リットルくらいでしょうか?




ゴール後は厚かましくも村の山宴会にお邪魔させていただきました。
ご馳走まで頂戴しありがとうございました。




永山公園の下にはハナニラがたくさん咲いていました。




常福院付近は地元の方が雪かきまでしていただいたそうで,今年も綺麗に整備されたコースを気持ち良く走ることができました。スタッフ,ボランティアのみなさん,随所で応援いただいた皆さん,ご迷惑をお掛けしているにもかかわらず気持ちよく譲っていただいたハイカーのみなさん,そして一緒に走ったランナーの皆さんありがとうございました。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

弐萬伍阡粁

2017-03-28 | ランネタ
ジョグノートを見るとこれまでの走行距離が25,000kmを超えていました(3/26現在)。

2007年9月1日から走り始めて9年と207日(3,495日)目のことです。仮に地球を一周するとなると,あと 15,000kmも走る必要があるんですね。これまでのペースで走れたとしても 6年近くはかかりますね。64才か〜,ふぅ〜・・・^^;




ジョギングを始めた2007年9月1日のブログ記事を読むとこんなことを書いていました(笑)。

『3月からぼちぼちと近場の山歩きをやってきたにも関わらず,最近体重が増えてきたようなので(まさかの 60kg超)職場の同僚を見習い,体力維持も兼ねてジョギングを始めることにしました。元来が三日坊主な性格なのでいつまで続くか分かりませんが,怪我をしない程度に走ってみます。まずは,2〜3kg 絞ってベストの 57〜58kg を目指します!

早速今日は早朝から,マンションをスタートして水辺の森公園の外周を回ってきました(2周だけ ^^;)。戻ってキョリ測で調べてみると 4.2kmでした。

歩くようなスピードにもかかわらず,めちゃしんどいです,もう初日から萎えそう~(笑)。』


これが初めて走った4.2kmのコースになります。




果たして目標は達成されていたのか?

2007.09.01:60.5kg
2008.01.01:59kg弱
2010.09.30:55.2kg
2010.10.01:禁煙開始
2010.10.24:60.0kg
2017.03.26:60.2kg

順調に減り続けたものの,2010年10月の禁煙を機に一気に増量,その後は一進一退を繰り返して結局走り始めたころと変わらず(涙)。

長崎時代によく走っていた水辺の森公園と爆心地に近い松山の陸上競技場です(写真はいずれも借り物です)。








何歳まで走り続けられるか分かりませんが,まずは 30,000km を目指してぼちぼちと頑張ってみます。
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

なごり雪

2017-03-27 | 千葉を走る(昭和の森)
夜来の雨が朝には雪に変わり,千葉のチベットとも呼ばれるわが家のあたりは季節はずれの雪景色
週末は4月だというのに,まさになごり雪です。






この週末も佐倉朝日マラソン,とくしまマラソン,六甲CBラン,伊豆大島ウルトラなどなど各地で大会が開催されました。参加されたみなさん,お疲れ様でした。
このお二人も冷たい雨のなか,いい走りができたようです。


(写真提供:えっちゃんスポーツ)


で,私はというと・・・隙間時間にホームコースの昭和の森でゆるジョグ・・・,西の方からこんなTシャツ(ノースリ)が届いたので無理矢理の200km超え(笑):単なる距離稼ぎですね(汗)。





3月25日(土)
23.4km,間に芝の200mトラックを使って400m×10本 を入れましたが後半は90秒も切れずヘロヘロ〜 (85-87-88-89-89-92-91-90-92-89)

カタクリの花も二輪,三輪と咲き始めました。




青空に凛と映えるハクモクレン




冬の道の倒木処理も終わり綺麗に整備されています。




切り通しのこの坂に「ななもぐり坂」という名前があったことを初めて知りました。





3月26日(日)
19.2km,雨の中のシャワーラン,ひと気の少ない閑散としたこんな日は,キジくんたちも山から出て悠々と遊んでいます(笑)。この日は,雄のみでしたが4羽のキジに出会いました。






雨が小降りになったところで,女子チーム(実業団? 学生?)がトレーニング開始,そういえば先週はユニバーサルの選手と小出監督もいらっしゃったようです。




雨のなかでもはなももは綺麗に咲いています。




菜の花畑




次の日曜日は,青梅高水山のトレイルですが最後まで足が持つのか・・・下肢の状態は不安だらけです。^^;

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

パンケーキとJOG

2017-03-20 | ご近ジョグ(千葉)
昨日は朝から,コストコ生クリームを消費するためにこんなものを食べてしまったので,午後から昭和の森やご近所をカロリー消費ラン(笑)。

エッグスンシングスとカイラの合わせ技のようになってしまいました。どうでしょう,1,500〜1,800キロカロリーはありそうですね?




そして走った結果は・・・
1,291キロカロリー,ぜんぜん足りていませんでした。




昨日は風はありましたが,天気も良く昭和の森公園は,たくさんの行楽の家族連れで賑わっていました。

ハクモクレンも咲き誇っています。






こちらは利休梅




水仙もまだまだ元気




足下にはオオイヌノフグリ




スミレの花も咲き始めました。

「スミレ」:まさにスミレの中のスミレ,凛とした姿です。^o^




「タチツボスミレ」:ふだん一番目にするのはこれですね。




「ヒメスミレ」:一ヶ所だけこの種が咲いていまさした。




後半に1kmだけ気合いを入れて3分台で走ったら今朝になっても足がダル痛い・・・(涙)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

飯能アルプス

2017-03-15 | 各地で走る
これまでマラソン大会の翌日に仕事を休んだことはなかった(物理的に当日島を離れられなかった「壱岐ウルトラマラソン」を除いて)のですが,はなももマラソンの翌日の昨日月曜日は珍しく休みをいただいていました。

休みだからと家でのんびりしていてもつまらないので,6月に参加予定のトレイルランの大会の一部下見も兼ねて奥武蔵のお山を走ってきました。この年になると翌日に筋肉痛が出ることもありませんし,レースであれだけ苦しんだ足底の痛みもほとんど感じない状態でしたからね ^^;。とは言っても昨日の今日ではまともには走れませんでしたが(笑)。

ルートは西武線の高麗駅(こまえき)をスタートして飯能アルプスを子の権現からできれば伊豆ヶ岳あたりまでと考えていました。
結果は・・・子の権現で終〜了




高麗駅と言えば・・・朝鮮半島の道祖神で高麗神社の「将軍標」ですね。「天下大将軍」と「地下女将軍」が対になっています。




駅前をスタートして住宅地を3キロ弱ほど走り,飯能アルプス永田入口からトレイルが始まります。




右手に横手の住宅地を見ながら少しずつ高度を上げて行きます。




しばらく進むとケルンが積まれた永田山(277.5m)のピークに到着します。




ここからルートを左にとって久須美坂から東峠に向かいます。




東峠到着




ところどころで奥武蔵の山々を眺めることができます。この日は天気がいまひとつで遠く富士山まで臨むことはできませんでした。




東峠から30分もかからず「天覚山(445.5m)」に到着しました。




稜線上の細かいアップダウンを繰り返しながら大岩に到着。ここで賑やかな三人連れのハイカーさんに追いつきました。





大岩からしばらく上るとすぐに大高山に着きます。




大高山から一旦林道に出たところで,登山道の倒木を片付けてこられたという地元のおじさんに会い,いろいろと話しを伺うことができました。

このあたりはヤセ尾根が続いています。






こんな気持ちのいいシングルトラックも




ひと山越えて前坂に到着,足が重くてこのまま吾野駅に降りようかと思いましたが,浅見茶屋のうどんも捨て難く気を取り直しスルギに向かいます。




スルギに向けてもなかなか楽しめるコースです。






栃谷の頭(530m)で一休み




六ツ石の頭(545m),石は6個以上はありました(笑)。




スルギ到着,ここまで来ると子の権現まであとわずかです。




子の権現天龍寺到着,本日はここまで






お参りしたあとは,ひたすら下って麓の浅見茶屋さんを目指します。




今日はこれのために,途中背中の食料にも手をつけませんでした。
肉汁釜揚げうどん&泡泡




お店にはまだ雛人形が飾られていました。
いつまで?と聞くと,次の定休日に片付ける予定ということでした。




この「(駅から)徒歩50分」という説明,なんか好きですね・・・^^;




お腹もいっぱいになりビールも飲んでからの,吾野駅までの3kmは意外と辛いんですよね。^^;




前日にR2さんに聞いていたとおり,せいぜい500m程度の山ですが上ったり下ったりの繰り返しで予想以上にしんどかったです。




ここから先,伊豆ヶ岳から刈場坂峠を経由して顔振峠までは前にやっているので,次は顔振峠から先を優先して試走しないと・・・
久しぶりのお山20.5kmは,しんどかったけどやっぱり楽しいですね。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

古河はなももマラソン2017

2017-03-15 | 大会レポ(ロード)
3月12日開催の「第5回 古河はなももマラソン」に参加してきました。
後半足の痛みや痺れもあり,途中何度もリタイアを考えた大激沈レースでしたが,知り合いや沿道の声援でなんとかゴールまでたどり着くことができました。

記録 : 3時間53分22秒(ネット : 3時間51分42秒)

~スタート
最寄り駅を5時23分発の始発電車に乗り東京駅に向かっていると息子からメールが・・・
「時計忘れてるよ・・・」
なんとGPS時計(ガーミン)を忘れてきたようです。ただいつもガーミンと普通のランニングウォッチ(スーパーランナーズ)の二本使いなので,腕にスーパーランナーズは着けており,細かいペースなどを気にしなければこれでも大丈夫と思って大して気にはしませんでした。
何度かの乗換えののちJR宇都宮線古河駅に着いたのが7時39分。駅前のはなももが咲き始めていました。




駅前からシャトルバスの乗り場まで15分ほど歩き,そこからバスでさらに20分ほどで会場到着です。

会場に着いて受付を済まし,オットさん,ワタナベさんに設営いただいたブログ村の陣地にお世話になります。そこにはキミ兄さんはじめ今や全国区となった「激沈上等」Tシャツのみなさんがいるわいるわ・・・,応援の方も含めると十数名も。


(写真提供:キミ兄スポーツ)


他にも75Tのすーぴーさん,マーマンさん,なるぽんTのFIREさん,50Tのトヨチンさん,チアのみゃあこさん,などなどなどたくさんの方が準備の最中でした。


(写真提供:キミ兄スポーツ)


で,ふと前を見るとチームおっTのだ〜まえさんやポンゆたさんがいらっしゃいます。なんと亀さんが簡易テントを設営されたのが偶然にも村の陣地の隣りでした(探しに行かなくて済んだのはラッキーでした)。




このころステージではゲストの小島よしおさんが「そんなの関係ね〜っ!」とやられていたようです。

時間も迫ってきたのでスタート位置に向かいます。今年のスタートブロックは「G」,昨年より2ブロック後方からのスタートです。この大会はもともと多くのブロックに分けられていましたが,今年はさらに細かくなり最後のランナーさんはUブロックだったようです。

Gブロックの近くまできた時に目の前に現れたのが「ゴジラジャージ」を身につけた美ジョガー,初めましての京子マン,まさか古河の地でk.katoさん繋がりのゴジジャーを目にするとは思いませんでした。




まさに



(加トさん語録よりお借りしました。)

その後声をかけていただいたのが,なんとご近所ランナーのウッチーさん,それも激沈上等Tで登場です。




また,bgさんとも久しぶりにお会いすることができました(写真撮り忘れました)。


◯~05Km 25分46秒

スタートロスは1分40秒,スタートしてもなかなかペースを上げることができません。
2km付近で前に亀さんの姿が見えたのでしばらく一緒に走ります。お互い少し速すぎるペースを気にしながら・・・(笑)




3km付近ではさっそく黄色いプロさんと(K12)R2に応援いただきました。
このコースは折り返しが多いのでスライド区間でのエール交換も楽しみのひとつです。上位のランナーさんとすれ違いながら5km手前でまず折り返します。
ガーミンを忘れてしまったこともあり,綿密なレースプランなどを考えることもなく昨年くらいで走ることができればいいかなといったアバウトな頭で走っていました(笑)。


◯~10Km 49分14秒(23分28秒)

5kmを過ぎたあたりで今年のIAU24時間世界選手権の日本代表に内定しているゆりさんと一緒になりしばらく並走させていただきました。




6km付近でR2さん,プロさんに再度声をかけていただき,激沈Tのえいぱぱさんやまっつんさんたちと前後しながら走っていると,ほかのランナーさんが「激沈上等ってなかなかいいですね〜!」などと声をかけてこられます。

頭の紫アフロに付けた古河市のゆるキャラ「ゆきとのくん」と「ゆきひめ」には何の反応もありません。沿道からも「何あれ?」とか「かわいい〜」といった声は聞こえてきますが「ゆきとのく〜ん」と呼ぶ方は少なかったです。ご当地でも知名度は今ひとつなんでしょうかね?(笑)




◯~15Km 1時間12分41秒(23分27秒)

ここのコースはほとんどがフラットで下手をすると飽きて眠くなりそうになりますが(笑),それを紛らせてくれるのがたまにやってくる緩いアップダウンです。ただそれほど気になるものでもなく,それ自体はラップにも大した影響はなかったように思います。

10kmあたりまでは手動でラップをとっていましたが,途中で変な操作をしたのか,時計がおかしな表示になり,まったく機能しなくなりました。そのときは電池切れかな? と思っていましたが,日付も何年だかの1月1日になっていたのでたぶんオールリセットしたのでしょう。このために経過時間も分からなくなり,残りの30km強は完全に時計なしで走っていました。

折り返してくる上位のランナーさんに声をかけながら走っていると,14km付近でなんと(福田)六花先生に追いつきました。せっかくなので少し話しをさせていただくと(迷惑な親父です),今日は奥さんのベスト更新のサポートランで3.5以内を目標にしていると聞いたので後ろにつかせていただくことにしました。
が,
20kmを過ぎるともうついて行けません(涙)。恵里佳さんは最後まで24分台の安定したペースで走られ,3時間25分見事にPB更新されていました。


◯~20Km 1時間36分53秒(24分12秒)

折り返して15Kmを過ぎると,今度は後続のランナーさんがエールを送ってくださいます。亀さん,mizoreさん,きんぎょさん,だ〜まえさん,ササヲさん,すーぴーさん,ポンゆたさん,さる隊長,みゃあこさん,フジヤマさんはじめ激沈Tのみなさん(すいません,まとめて ^^;)などなど・・・(順不同,洩れもたくさんだと思います)。


◯~25Km 2時間02分58秒(26分05秒)

中間点の時計で確認すると通過が1時間42分17秒,昨年より1分程度遅れていますが,なんとか3.5は狙えそうなタイムです。
しかし
このあともう持病になってしまった足底の痛みを感じるようになり徐々にペースダウン・・・

22km手前の折り返しの前後でもたくさんの方とエール交換させていただき,落ちるペースをなんとか維持しながら走っていました。
しかし,痛みがひどくなった24km付近の上りでは後ろの人に悪いと思い歩道に出て走って(歩いて)いると,折り返してこられたbgさんに見られて「なんでそんなところ走ってるんや〜!」と喝を入れられてしまいました。


◯~30Km 2時間32分05秒(29分07秒)

25kmの折り返しを過ぎるとさらに痛みだし,下肢の痺れも加わってペースはキロ6分近くまで落ちていたようです。このあたりからそれまで後ろにいらっしゃった知り合いのランナーさんにも抜かされるようになります。
左足を庇い過ぎたのか右のふくらはぎが攣ってしまい歩道でストレッチをしているときにmizoreさんが通過されたので後ろにから声をかけて「さすがに今日はリタイアするかもしれません。」と話すと「私は歩いてでもゴールしたい。」と返ってきました。肋の骨折が完全には癒えていないのにこの根性,ここは意地でもリスタートです。
mizoreさん,なんとほぼ 3.5のセカンドベストでゴールされていました。


◯~35Km 3時間02分52秒(30分47秒)

30km過ぎても相変わらずの走りで,どんどんどんどん抜かされます。後で確認すると中間点以降1,000人以上の方に抜かされていました。
32km付近では最近ブログでコメントを交わすようになったくじらさんが声をかけてくださいました。ここでもついつい,もしかしたらリタイアするかもなどと弱音を吐いてしまいました。

このあたりから頭も疲れてしまい、記憶もかなり曖昧になっています。くじらさんが先に行かれたあと,ポンゆたさんが追いついてこられて「3.5狙ってみます。」と言って加速して行かれました。

33km過ぎたあたりをヘロヘロで走っているときに後ろから「今の人,ナイス,おっさん!って描いてたよ。」という声が聞こえたので,振り返ると昨年の高水山でお会いしたチームおっTのす〜さんと奥さんでした。こういうサプライズな応援は嬉しいですね。




◯~40Km 3時間38分00秒(35分08秒)

35kmを過ぎると立ち止まることが増え,ペースはキロ7分にまで落ちていたようです。
走ろうとしても足が動かなくなった(感覚?)というのは初めて経験です。
36kmを過ぎたあたりでこうめファミリーの姿が目に入ってきました・・・。応援に来られているとは知らなかったのでビックリでした。
望遠レンズの威力,何も知らないものだから死にそうな顔をしています。


(写真提供:こうめスポーツ)


こうめファミリーに気づいて必死の作り笑顔


(写真提供:こうめスポーツ)


反対にカメラを向けると・・・男性陣はカメラ目線,んっ,女性陣の目はカメラの向こう側に・・・?




なんとすぐ後方に若くてイケメンのだ〜まえさんが迫っていました(涙)。



こうめファミリーと別れてカーブを右に曲がると,激沈Tのかまかまさんといわさんが応援してくださいます。




さらにその先の37km付近には,やはり激沈TのKa_Naさんが私設エイドを開設されていてありがたくコーラをいただきました。たしか,20km付近にもいらっしゃったと記憶しています。

コース上には,激沈Tを着て応援されている方が他にもまだまだいらっしゃいましたし,村の陣地では見なかったランナーさんも多く走られていて,チームユニフォームでもないこのTシャツの人気ぶりには驚きの連続でした。

38kmあたりで本日唯一の激沈T女性ランナーを見かけたのでエール交換させていただきました。ゆっくり話す間もなく安定した足取りで走り去って行かれました(笑)。あとで知ったところによると,人気ブロガーのくろいわさんだったようです。
この前後にはパンダのトヨチンさんにも抜かされたようです。奇しくも昨年トヨチンさんがカオナシの出で立ちで応援されていたあたりです。

39kmあたりで前方にビデオカメラを据えて応援するプロさん,R2さんの姿が見えました。なんとそこにアレキさんも加わってランナーに最後の声援を遅られています。今回はあんまりYouTubeも見たくないな・・・(笑)


◯~ゴール 3時間53分22秒(15分22秒)

40Km地点あたりで沿道から「4時間切れるよ。」
という声がかかり,今の経過時間をなんとなく知ることができましたが,4時間まであとどれくらい余裕があるのかも分かりません(笑)。
去年はここからペースアップできたよな〜と思いながら,相変わらず歩いたり走ったりでゴールを目指します。
競技場に入り最終コーナーを回ってやっと時計が見えてサブ4確信でホッと一息・・・

村の陣地に戻ると,多くの方がベストを更新されていました。とくに同年代(ヒトツ下)のたのくるさんがサブ50まであと数秒というベストで走られたのはまさに称賛でした。とても足が痛いとか言ってられません。

おっTの仲間も全員ゴールし,朝は間に合わなかったピンクおっTの3人娘も一緒にパチリ ^^;




今年は,村のみなさんのアフターにも参加させていただきました。
若い方の前向きな話しに刺激を受けたり,高尚な話しやそうでもない話しなども聞かせていただき,とても有意義な時間を過ごすことができました。




オットさんやキミ兄さんを始めブログ村やおっTの皆さん,たいへんお世話になりました。
また,応援メールやメッセージをいただいた皆さん,沿道で応援をいただいた皆さん,そして古河路を一緒に走ったランナーの皆さんありがとうございました。
来年も3月ははなももかな?(笑)
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

古河はなももマラソン(遅報)

2017-03-13 | 大会レポ(ロード)
「第5回 古河はなももマラソン」足の痛みと痺れで大激沈でした。
ご一緒したみなさん,応援いただいたみなさん,ありがとうございました。いつものように情け無い結果ですいません(涙)。



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加