鈍足親父の独り言

50歳目前でジョギングを始めた鈍足な親父が

ランネタを中心に日常生活を思いつくままに綴った徒然日記

初ガチゆる走

2017-05-23 | 千葉を走る(昭和の森)
最近いろいろな方のブログでも目にする,巷で話題の「ガチゆる走」というものをやってみました。(今ごろかい!^^;)

NHKの「ラン×スマ」で紹介された練習方法らしいのですが,わが家はBSが見られないので(^^;)他の方のブログ記事などを参考にさせていただきました。

まずは「ガチゆる走」なるもののお勉強から・・・
以下のほとんどは,解説がとても分かりやすかった「駿介」さんのブログ記事から引用させていただきました。

ガチゆる走とは・・・持久力を上げるために脂肪を優先して燃焼させて低燃費な体を作るトレーニングで,ガチランはレースペースマイナス1分,ゆるランはレースペースプラス1分が目処(とのこと)。

1 1kmジョグ(ウォーミングアップ)

2 1kmガチ:目的はアドレナリンを分泌させることで脂肪を分解してエネルギーに変える(らしい)。1km未満でもいいらしいですが,逆に1km以上はガチでは走られなくなるのでNG

3 約3分間休憩:この間に水の摂取はいいそうですが,糖分が含まれるスポーツドリンクなどは脂肪燃焼作用が弱まるためNG

4 1kmガチ(2本目)

5 ゆるラン:4のガチランの後は休憩を入れずにゆるランを最低7km(7km以上ならどれだけ長く走ってもOK)。脂肪が燃えていると体が軽くなるような感じがする(らしい)。

以上を踏まえて朝の4時,レースペースを4:50と想定してスタート!

1:(ジョグ)5:46
2:(ガチラン)3:45
3:休憩(3分)
4:(ガチラン)3:41
5:(ゆるラン)5:17-5:40-5:45-5:45-5:45-5:44-5:39-5:40




久しぶりに1kmを真剣に走りましたが,4分を切るのがしんどいと言っていたこれまでは楽をしていた(サボっていた)ということですね。
ガチの後のゆるランは体が軽いというか,意識して抑えないとペースが自然と上がってしまうほどに楽に感じました。
トレーニングとしてはこれを週に1〜2回やるといいらしいです。

日の出の時間にゼーハーゼーハー言いながら走っている親父は異様に見えることでしょうね(笑)。




昭和の森も「山法師」が咲き始めました。




今年も全日本年齢別マラソンランキングが発表されましたが,ブラックマンデー以上の大暴落でした。「ガチゆる走」でV字回復と行きたいところですが・・・

415位→239位→298位→276位→244位→791位

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

トレイルのコースも

2017-05-21 | ご近ジョグ(千葉)
古民家オフィスからの「ランニング・散策コースマップ」作りの続きで19日は約5kmコースを走り,今日は新たに昭和の森をメインに(プチ)トレイルコースを考えてみました。

《約5kmコース》








《プチトレイルコース(約9km)》
(注)つまらない写真だらけです。適当にスルーしてください。^^;








古民家オフィスをスタートして小山の集落を抜けると右手が「水辺の郷公園」です。




階段好きの方は,ここを何本か往復するのも有ですね。一番下からだと「204段」あります。




約1.3km走って道路を渡ると「昭和の森 下夕田池」です。この時期は水面の半分近くが睡蓮に覆われています。




「春の道」との分岐付近からお花見広場に向かって丸太階段を上ります。ここを上ったあたりからは,冬の晴れた朝には遠く富士山を見ることもできます。




上り切ったらすぐ右折して竹林方面に一気に下って行きます。




下り階段を下りたあたりでは,もうすぐホタルの乱舞を観ることができます。このあとちょっとした竹林を走ります。




竹林を終えて「萩の道」を上ります。




丸太階段を上りきり「秋の道」から「冬の道」へと下りていきます。




苔の生えたシングルトラックが「冬の道」です。




「冬の道」から「四季の道」に出てstarmanさん坂トレコースを走ります。(^^)




激坂を上ったところを左折するとお花見広場,右折すると梅林です。今回は梅林に沿って「秋の道」入口までサイクルロード,または芝コースを走ります。




「秋の道」からすぐ「あじさいの小径」に入っていきます。




「あじさいの小径」をでると展望台です。遠く九十九里の海まで望むことができます。




展望台を後にして「ななもじり坂」を小中池に下りていきます。切り通しのダブルトラックがいい雰囲気です。




「小中池」です。右の奥のほうに「小中大滝」があります。




小中の集落から素掘りのトンネルを抜けると,小食土の田園風景が目に入ってきます。




しばらくロードを走って再びトレイルに入ります。このルートは,小食土の「八幡神社」の参道となっています。




シングルトラックの激坂を上り切ると小食土の「八幡神社」に到着します。昭和の森ランナーさんは,レース前にお詣りされています。(^^)




再び昭和の森に戻り,辰ヶ台遺跡を経由して展望台を左に見ながらお花見広場に向かいます。




お花見広場から湿性植物園(花菖蒲園)に一旦下りて,すぐ向かいの階段を冒険広場のほうに上ります。ここでは市立船橋高校陸上部の選手がトレーニングしている姿をよく目にします。






冒険広場からローラーすべり台を見ながら下って,またすぐ前の階段を展望広場目指して上ります。






途中こういう「キジ」くんの姿もよく目にします。




「石楠花の道」を下り,再びローラーすべり台を見上げながらモミジ広場を経由して太陽の広場まで駆け上がります。




休日の太陽の広場では,運がいいとkuribowさんにも会えるかも・・・




荻生道遺跡から第二駐車場横を下り,「湿性植物園」に下りていきます。




「湿性植物園」からカタクリの群生地を横目に「昭和の森フォレストビレッジ」に向けて最後の上りを上ります。






フォレストビレッジの広場に新設されたフットサル場を右に見ながら第二キャンプ場を抜けていきます。






第一キャンプ場の手前を左折して丸太階段を下ると下夕田池です。






ここから来た道を古民家オフィスに戻って終了です。




今日のこのコースを昭和の森のマップに書き込んでみました(赤い線)。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ランニングコミュニティ

2017-05-16 | ご近ジョグ(千葉)
私が住む地域で活動するNPO法人に「土気NGO」という団体があります。地元の若者を中心に地域の活性化や新住民と従来からの住民(里山住民)の融和などを目指して様々なイベントなどが行われています。

昨年団体の事務所も街中から里山の古民家に移し,この古民家を活かしてランニング・コミュニティや将来的には民泊(特区)なども検討されています。




そのようななか今回「スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム」の助成が決定し,「空き古民家をランニングコミュニティケアの駅として利活用:新住民のランニングとウォーキングで周辺農村農村ケアを支える」というプロジェクトがスタートしました。
5月から日曜日はスタッフが常駐することになりましたのでたくさんの人が気軽に立ち寄ってくださるようになるといいですね。




今後は,この古民家の倉(物置)をランニングステーション&パブリックキッチン(1階)にして多くの人がくつろげる場所にするという構想のようです。(2階は宿泊施設)




5月21日には,ここを拠点としたランニング・散策コースのマップを作るためのミーティングも始まります。
これくらいなら私もお手伝いできるかもと思い,参加させていただくことにしました。




ミーティングの前にジョギングシミュレーターを使って私なりの「約3kmコース」・「約5kmコース」・「約10kmコース」を考えてみました。
そのうちの約3kmコースを日曜日に,約10kmコースを今朝実際に走ってみました。

《約3kmコース》








《約10kmコース》








10kmコースは,すぐ近くの「昭和の森公園」の草花を愛でながら走ることができます(笑)。今は下夕田池の睡蓮が見ごろです。






3kmコースから少し公園に入ると「朴の木」が大きな花を咲かせています。




オフィスと「昭和の森公園」の間に位置する「水辺の郷公園」には「黄菖蒲」が咲いていました。




アップダウンが多く,市原方面に向かわないとフラットなコースの設定ができないのが悩みどころです。^^;
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

寺ふぇす

2017-05-13 | ご近ジョグ(千葉)



先日見かけたこの案内板が気になっていたので,今日のお昼からラン仲間のriorioさんと出かけてきました。終始大雨で場所によってはくるぶしまで水に浸かりながらよくやりますよね〜^^;


(写真提供:riorioスポーツ)


宝蔵寺さんの前は何度か走っていましたが,お参りするのは初めてです。ご住職の奥様がいろいろなカルチャー教室を開催されていらっしゃるようで,そのお仲間や生徒さんが集まっていらっしゃいました。
いろいろな体験もできるようです。「寺ヨガ」とかちょっと気になりますね。少しは身体も柔らかくなりますでしょうか・・・? もう少しゆっくりしてもよかったのですが,雨粒がどんどん大きくなってきたので・・・






境内にはミニバラ園があります。今年は開花が少し遅れているようです。満開の時期にも寄ってみたいですね。




立派な本堂です。




参拝の記しに,ご住職に御首題(御朱印)をいただきました。




御朱印帳しか持っていなかったのでまずいかな・・・と思っていましたが,奥様手作りの御首題帳も用意されていました。
やはり日蓮宗のお寺さん用に,御首題帳も用意しておいた方がいいですね。(御朱印帳だといただけない場合もあるようです。)




なんとBeans工房さんのハンドドリップコーヒーがいただけます(100円)。


(写真提供:riorioスポーツ)


riorioさんくつろぎ中 (^^)




riorioさんの案内で近くにあるらしいという小学校跡地へ,二本の石柱は当時の校門のようです。




「土気小学校第二分校跡」という石碑が建てられています。




今は公園になっています。
明治6年に創設された大和小学校が明治41年に土気尋常小学校に統合され第二分校となり,昭和41年に本校に統合されるまで存在していたようです。




第二分校と聞いて,「じゃあ第一分校跡にも行きましょう。」と,今度は私の案内で向かいます。




こちらは畑になっています。
明治6年に創設された大椎小学校が明治41年に土気尋常小学校に統合され第一分校となり,昭和41年に本校に統合されるまで存在していたようです。




大雨の中でしたが,なかなか楽しいご近所散策ランでした。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

八十八鍛え

2017-05-10 | ランネタ
久しぶりに本のことでも,
今回はジョグノやFBでもお世話になっている小説家,倉阪鬼一郎さんの時代小説「大江戸秘脚便シリーズ」についてです。




安政年間の町飛脚の活躍を描いた時代小説なんですが,昨年の6月にスタートしたこのシリーズには次のような耳慣れない言葉が出てきます。
では問題です,次の言葉を現代の言葉(カタカナ語)にしてください。

1.長遅走り(ながおそばしり)
2.終い上げ(しまいあげ)
3.尻上がり走り(しりあがりばしり)
4.足先走り(あしさきばしり)
5.休み入れ走り(やすみいればしり)
6.刃磨き(はみがき)
7.布切れ(ぬのきれ)
8.力のせ(ちからのせ)
9.終いの細横幕(しまいのほそよこまく)
10.八十八鍛え(やそはちぎたえ)

なんのことかわかりましたか?(笑)


これは現代のランニング用語を,江戸時代だったらたぶんこう言ったであろうという倉阪さんなりの訳語なんです。他にもいろいろ面白い言葉が出てきます。

そうなんです。このシリーズは,時代小説なのにマラソン小説としても楽しめるという倉阪ワールドなんです。
というのも,倉阪さんはフルマラソン(ベスト:3時間39分)からウルトラマラソンまでこなす走る小説家さんで,最近はトライアスロンやトレイルランとさらに幅を広げられています。
弟さんともあるウルトラマラソンでご一緒したことがありますが,ご兄弟揃っての俗に言うド◯なランナーさんです(笑)。

時代小説なのにその参考文献として,リディアードのランニングバイブルとかダニエルズのランニングフォーミュラとか・・・さらには砂田さんや青山さんなどの著書まで並んでいます(笑)。




そしてシリーズ3作目の「大江戸秘脚便〜開運十社巡り〜」が 5月16日にリリースされます。前作でもこの十社巡りについて予告されていましたので楽しみにしていましたが,これを読んだら実際に「東京十社巡りマラニック」をやって見ようと思っています。ラン友のさりーさん夫妻を始め「東京十社巡り」をやったランナーさんもたくさんいらっしゃいますが,また違った楽しみがあるかもしれないと期待しています。上手く回れば40km〜45kmくらいの走行距離になると思います。


(写真は借り物です。)


なお,「東京十社巡り」は,明治天皇が明治元年に定められた准勅祭神社を巡ってご利益をいただこうというもので,昭和天皇の即位50年を奉祝して昭和50年に始まったものですからかなり新しい風習といえます。これをあえて江戸時代にやったという経緯にも興味があります。^_^


(写真は借り物です。^^;)


(写真は借り物です。^^;)


また,倉阪さんは現代版(笑)のマラソン小説も書かれています。
湘南国際マラソンが舞台の「湘南ランナーズ・ハイ」,ひらつか24時間リレーマラソンが舞台の「夜になっても走り続けろ」の2作品です。
そして次の作品は,多摩川を舞台にした架空のウルトラマラソンの物語になるようです。(^^)




それでは問題の答えです。

1.LSD
2.ラストスパート
3.ビルドアップ走
4.フォアフット走
5.インターバル
6.シャープナー
7.ゼッケン(ナンバーカード)
8.カーボ・ローディング
9.ゴールテープ
10.ヤッソ800

いかがでしたか?


参考:東京十社

神田明神
亀戸天神社
富岡八幡宮
芝大神宮
品川神社
赤坂氷川神社
日枝山王神社
白山神社
王子神社
根津神社
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

睡蓮開花

2017-05-07 | 千葉を走る(昭和の森)
GW最終日は,昭和の森散策ラン 16kmほど

下夕田池では「睡蓮」の花が咲き始めました。








少し見上げると「栃の木」や「紅花栃の木」の花が咲いています。






足下には「赤花夕化粧」と「庭石菖」も・・・






先月は黄色いタンポポの絨毯だった梅林も,今日は白い綿毛の絨毯に変わっていました。




花木園付近には「唐種招霊(カラタネオガタマ)」のバナナに似た甘〜い匂いが漂っています。






「都忘れ」の花も綺麗に咲いています。




第2駐車場入口では,「ミズキ」の花が迎えてくれます。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

TOGANE 2LAKES 30

2017-05-07 | 千葉を走る(その他)
6日日曜日は,「昭和の森ランナーズ」のラン友さん(サブ3ランナーさん,サブ4美ジョガーさん)を案内して東金方面に30kmマラニックに出かけてきました。
ちなみに「昭和の森ランナーズ」というランニングクラブはありません(笑)。
アップダウンあり,ちょっとしたトレイルありと変化のあるルートをチョイスして,おまけとして途中に激坂アタックに用意しました(笑)。立夏を過ぎて暑い一日になりましたが,さすが実力者のお二人は難なく完走でした。

ルートのアップダウンはこんな感じでした。




土気城(跡)搦め手のクラン坂を大網に向かって下りて行きます。




最大勾配は,28%とも30%とも言われる通称「男坂」を楽々と駆け上がるKTOさん




えりまきさんも間もなく折り返しです。




雄蛇ヶ池到着




雄蛇ヶ池の遊歩道は気持ちよく走れます。




日吉神社でもらい水(笑)




杉木立のなかの雰囲気のあるトレイルです。




日吉神社から八鶴湖まで一気に下ります。






八鶴湖到着




辺田方トレイルの途中,浅間神社の三猿と二猿(笑)




山王台公園からの東金市内,遠くには九十九里の海が見えています。激坂を上り返して少々お疲れぎみ?




雄蛇ヶ池まで戻って残りは10km






途中ちょっとしたアクシデントもありましたが,暑いなかでも楽しみながら走れた30kmでした。(^^) お付き合いいただいたお二方,ありがとうございました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ローラーすべり台

2017-04-30 | 千葉を走る(昭和の森)
昨日の30km走の影響で足腰ボロボロです。走り方がおかしいのか,右のアキレス腱から大臀筋まで痛みが・・・。
そんな状態ですが,午後から時間ができたのでいつもの昭和の森でほぐしジョグでもと思い出かけてきました。

昭和の森には子供たちにも人気の「ローラーすべり台」があります。長さ109m,高低差25mは,千葉県でも最大級らしいのですが,昨年8月に関東地方を直撃した9号台風の影響で破損していました。その修復工事が終了し,28日からまた利用できるようになり今日も長蛇の列ができていました。なんとかGWに間に合って子供たちも(大人も)大喜びです。






ゆるゆると走っているといろいろな発見があります。
竹林ではたけのこが場所も選ばずにょきにょきと・・・




そして竹林とは相性がいいらしい「クマガイソウ」も綺麗に咲いています。花の大きさは,日本の野生蘭のなかでは最大級らしいです。






この時期ひときわ目立つ「小手毬」と「大手毬」






石楠花の小径の「石楠花」も一部咲き始めました。




「白藤」も




「ツツジ」も鮮やかです。




ピンクの「花蘇芳(はなずおう)」はほぼ終了しましたが,白花はまだ見頃のようです。




「碇草」は,まだまだ大丈夫そうです。




昭和の森のすぐ近くにある「善勝寺」までやってきました。その昔は土気城の出城で善勝寺砦が置かれていたところです。
その境内から墓地に行く途中に「土気三等三角点」が設置されています(標高 95.9m)。わが家のもう少し近くにも「小山三等三角点」というのがあるのですが,ちょっと入り難いんですよね。でもいつかは確認してみたいです。




本日の走行距離:15.2km(月間走行距離:328.6km)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

あのあたりまで

2017-04-29 | 千葉を走る(その他)
今日は昭和の森の展望台から見える「あのあたり」まで走ってきました。




今日の九十九里浜(白里海岸)には,いい波がきているようです。






折り返してハーフまではなんとかキロ4分台・・・




もう「姫檜扇水仙」が咲いています。




そして,最後の激坂で激ち〜ん!(><)






戻った昭和の森では「上溝桜(ウワミズザクラ)」も咲いていました。



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

昭和の森から

2017-04-24 | 千葉を走る(昭和の森)
日曜日は午後から昭和の森公園へ,
鯉のぼりが泳ぐ太陽の広場は多くの行楽の人で賑わっていました。




kuribowさんの周りには今日も子供たちがたくさん・・・




ゆるゆると走っていると,お二人の美ジョガーと遭遇,えっちゃんの腰のものが気になります(笑)。




しばらく一人で走ったあと,練習会にお見えになっていた中央区の「幸◯や◯さクラブ」のみなさんと一緒させていただきました。
せっかくなのでプチトレイルコースから昭和の森を飛び出して,ご近所の約10kmコースを案内させていただきました。

昭和の森公園から水辺の里公園,そして地元のNPO法人の古民家オフィスに立ち寄ると,保育園ママ友さんたちの「筍収穫祭」が行われていました。裸足で遊ぶ子供たちの姿がなぜか新鮮です。


(写真は,土気NGOさんからお借りしました)


この古民家の「倉(物置)」をランニングとコミュニティケアの拠点にしようと今準備が進められています。簡単な食事もできるランニングステーションが完成したらみなさんぜひ利用してくださいね。
写真左がオフィスで,いろいろなイベントが行われています。右奥に見えているのが倉になります。




代表の池田さんにお話しを聞いたあとは,里山の原風景のなかを走りながら「大椎城跡」に向かいます。城跡の周囲は,ちょっとしたオフロードでトレラン気分で走れます。(^ ^)
大椎城は,千葉市の祖と言われる千葉常重,常胤親子が千葉城(亥鼻城)に移るまで本拠としていた城です。






城跡を後にして綺麗な街並みの「ワンハンドレッドヒルズ」を走り,スタートの昭和の森公園に戻ります。




大手毬もまもなく,真っ白な大きな花を見せてくれそうです、



本日の走行距離:なんだかんだで 21.1km ^_^
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加