goo

北海道で出会った生きもの



先週は、北海道・道東方面に行っていた。
北海道は6月から7月がいいよって言われてたけど、ほんとにきらきらと緑が鮮やかで広大な景色を堪能した。

カメラの中にたくさんの画像があるけれど、まずは北海道で出会った生き物をピックアップ。

鹿の親子には、知床半島を横断する知床峠を羅臼に向かう途中で出会った。
山道を下っていたらジオラマのような美しい風景が見えて車から降りると、前方で鹿の親子がこちらを見ている。
しばらくの間じっと様子を窺っていたようだったが、やがて川岸に向かってゆっくりと降りて行った。




そして、いろんなところ出会ったのはキタキツネ。

サロマ湖の東の湿原を歩いていたキツネ。私たちとの距離を測りながらこちらをじっと見ている。


津別町のチミケップ湖でも。


チミケップ湖から帰る時、近づいてきたキツネを車の中から接写。人間に慣れているのかな?


画像が良くないけど、タヌキ。大空町の芝桜が終わっていた芝桜公園で見かけた。


さすがに熊には出会わなかったけど、日付入りの熊目撃注意の看板がずいぶん立っていたから出没しているんだね。

さてと、この次は北海道で出会った鳥です。どんどん整理しないとね。
















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 鳩山の森で野... 北海道で見た鳥 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。