天文・宇宙探査ニュース:画像を中心とした「新しい宇宙探査情報」のページです。

NASA、ESAを始め主に外国の宇宙探査情報を
ハッブルから宇宙ステーションまで、幅広く、毎日
提供しています。

10月17日:火星に向かうパラシュート/速報

2016年10月17日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

パラシュートが開かれたエクソマーズ、エントリー、降下、着陸モジュール(スキアパレリ)のフルサイズモデルが、オランダでの欧州宇宙機関の一般公開日に展示された。重さ600キログラムのスキアパレリは、10月19日に赤い惑星に到着するだろう欧州宇宙機関・ロシア連邦宇宙局共同のエクソマーズミッションの一部である。それは、火星での、直径12メートルのパラシュートを使った、制御された着陸のヨーロッパの技術を実証するだろう。その着陸には毎時 1700 キロメートルの速度で約6分かかるだろう。パラシュートは着陸船を2分未満で毎時240キロメートルまで減速し、地表上1キロメートルほどで放棄されるだろう。続いて、探査機の速度をコントロールするために推進装置が点火され、モジュールの下側の衝撃吸収構造が地表との接触を保護するだろう。

<出典>: 「Space in Images;ヨーロッパ宇宙機関」

<大判>: イメージをクリック

<ひとこと>: この着陸船は、2020年に予定されているヨーロッパ宇宙機関のローバー(探査車)のための着陸試験船です。ミッションは短期間で終了します。降下のシミュレーションビデオは こちら からご覧ください。エクソマーズ宇宙船の中継等最新情報は「ホームページ」の「アストロトピックス」から。

 

<速報・追記>:
1、中国の宇宙ステーション「天宮2号」にクルーを送る「神舟11号」は17日朝予定通り打上げられました。写真は @CCTVNEWS から。
2、日本時間昨夜行われた、ヨーロッパ宇宙機関の火星探査宇宙船エクスマーズの、周回軌道船(TGO:ガス追跡軌道船)と着陸実験船スキアパレリの分離は成功しました。スキアパレリの着陸の試みは10月19日の予定です。
3、今朝(10月17日朝)予定された国際宇宙ステーションへ補充物資を運ぶシグナス宇宙船の打上は、地上の打上設備の異常から24時間延期されました。

 

詳細は「ホームページ」の「トップニュース」からご覧ください。

 

ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月16日:アンタレスロ... | トップ | 10月18日:火星の砕けて... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。