天文・宇宙探査ニュース:画像を中心とした「新しい宇宙探査情報」のページです。

NASA、ESAを始め主に外国の宇宙探査情報を
ハッブルから宇宙ステーションまで、幅広く、毎日
提供しています。

2月26日: 金星と3倍の紫外線の太陽

2018年02月26日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

2012年に変わった種類の日食が起きた。通常太陽を食するのは地球の月である。この年、極めて珍しく、惑星金星が代わった。金星が次第に太陽と並んだとき、月による日食のように金星の面は薄い三日月になった。最終的に並びが完全になり、金星の面はゼロになった。金星の暗い部分が我々の親星を横切った。この状態は、技術的には殊の外大きな火のリングを持つ金星の金環食と分類されるだろう。ここに描かれているのは、掩蔽の間に、地球軌道を周っているソーラーダイナミクス天文台によって、右方向にコロナホールと一致する暗い領域を持つ太陽が、明るい紫外線の三つの色で撮られた。金星がその軌道に留まり続けたので、何時間か後に僅かな三日月形の面が再び現れた。太陽を横断する次の金星の通過は2117年に起きるだろう。

<出典>: 「今日の天文写真(Astronomy Picture of the Day)」

<大判>: イメージをクリック

<ひとこと>: 金星は太陽面のやや左上の小さな暗い点です。大判で確認してください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月25日: 国際宇宙ステーション飛行中イベント

2018年02月25日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

2月23日夜、福井県宇宙技術と科学に関する国際宇宙シンポジウムと国際宇宙ステーションの金井宣茂飛行士との飛行中イベント(JAXA)が行われました。右の写真は水玉をつくって浮かせ、微小重力を実験して見せる金井飛行士。場所は日本の「きぼう」モジュールの中。
右下の写真は「宇宙での病気にどの様に対応するか」を聞かれて、ステーションに持ち込まれた薬のバッグを開いて見せる金井飛行士。「体の不調の時は常時待機している地上の医師の指示を得て薬を服用する」とのこと。当然のことではあるが持ち込まれた薬の種類の多さにビックリ。

<出典>: 「オリジナル」

<大判>: イメージをクリック

<ひとこと>: NASAテレビ中継から録画。なお、質問したのは小学校低学年から中学生まで。金井飛行士自身も医師です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月24日: 最初の探査機

2018年02月24日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

60年前の1958年1月31日、初めての探査機が陸軍弾道ミサイル機関(Army Ballistic Missile Agency)によって Jupiter-C ロケットで成功裏に打上げられた。米国のための宇宙探査の時代を切り開いたエクスプローラー1号は、ジェームズ A. ヴァン・アレンによって設計された宇宙の電子とイオンの密度を測定するための実験装置とともに、温度と流星塵のインパクトを測定するための機器を運んだ30ポンド(13.6 キログラム)の衛星であった。ヴァン・アレンの実験装置によってなされた測定は予想外の結果となり、その後、磁気圏で捕らえられる高エネルギー電子とイオンの、地球を取り囲んでいる二つのベルトの驚くべき発見に結びついた。今、バンアレン放射能帯として知られるこの領域は、低い地球軌道を超えた内部の磁気圏にある。エクスプローラー1号は1958年2月28日に送信を止めたが1970年3月まで軌道上に残った。

<出典>: 「今日の天文写真(Astronomy Picture of the Day)」

<大判>: イメージをクリック

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月23日: NGC 2623:ハッブルからの併合する銀河達/お知らせ

2018年02月23日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

天文学者達は近くの融合する銀河 NGC 2623 をハッブル宇宙望遠鏡の高解像度で撮った。スピッツア宇宙望遠鏡での赤外線、 XMMニュートンによるX線、 GALEX による紫外線、およびその他のハッブル・イメージの分析は、今、元々は二つの渦巻き銀河達が大いに絡み合い、それらの核が一つの活動銀河核(AGN)になったことを示している。このイメージの中央近くの核の周辺で、また、両側に見える引き伸ばされた潮力の尾に沿って星の形成が続き、驚くべきことに、恐らく、左上の核領域を離れて、明るく青い星達の集団が現れている。 Arp 243 としても知られる NGC 2623 は、幅約 50,000 光年、蟹座の方向約2億 5000 万光年に横たわっている。元々の銀河達と銀河の融合がどのように起こるかを再構築することは往々にして挑戦的であり、あるときは不可能であるが、我々の世界がどのように進化したかを理解するために重要である。

<出典>: 「今日の天文写真(Astronomy Picture of the Day)」

<大判>: イメージをクリック

<お知らせ>: 今日2月23日午後9時40分から、福井県宇宙技術と科学に関する国際宇宙シンポジウムと、国際宇宙ステーションの金井宣茂との飛行中イベント(JAXA)が予定されています。中継放送時刻等は「ホームページ」の 「ウェブNASAテレビ放送予定」 から。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月22日: オシリス・レックスからの地球と月/お知らせ

2018年02月22日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

NASAのオシリス-レックス(OSIRIS-REx:Origins, Spectral Interpretation, Resource Identification, and Security–Regolith Explorer)宇宙船の目的は、小惑星ベンヌ(Bennu)からのマップをつくり、有機素材または生命の分子の前身を含むかもしれない炭素の豊富な岩のかたまりのサンプルを持ち帰ることである。ベンヌは、また、数世紀の間は起きないが、地球近くを通過し衝突する可能性さえある小惑星である。オシリス-レックス宇宙船は2018年8月に目的地小惑星ベンヌに着く予定である。地球と月のこの合成イメージは、宇宙船が地球と月の間の距離の約13倍の、地球から約500万キロメートルにあったときの、2017年10月2日にオシリス-レックスの MapCam 装置によってとられたデータから作られた。

<出典>: 「起源・スペクトル解釈・資源確認・安全性・表土探査機(OSIRIS-REx)」

<大判>: イメージをクリック

<お知らせ>: 明日2月23日午後9時40分から、「福井県宇宙技術と科学に関する国際宇宙シンポジウム」と、国際宇宙ステーションの金井宣茂飛行士との飛行中イベント(JAXA)が予定されています。中継をご覧になる方は「ホームページ」の「ウェブNASAテレビ放送予定」から。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月21日: オタマジャクシ IC 410

2018年02月21日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

この望遠鏡で見たクローズアップは、殊の外かすかな輝線星雲 IC 410 を示している。それは、また、ガスとダストの宇宙の池の、中央左下のオタマジャクシ IC 410 の二つの注目に値する住民を特徴づけている。星達の若い銀河の集団 NGC 1893 を囲む星雲そのものは、手前のダストによって部分的に不明瞭にされている。星間の雲の中で僅か400万年前に形づくられたこの強烈に熱く明るい集団の星達が、輝くガスにエネルギーを与えている。密度の濃い冷たいガスとダストで構成されたこのオタマジャクシは、長さ約10光年の、恐らく星の構成が進んでいるサイトである。集団の星達からの風と放射によって侵食されて、それらの頭はイオン化されたガスの明るい隆起によって輪郭を描かれ、一方、それらの尾は集団の中央領域から尾を引いている。 IC 410 は星雲の豊富な星座ぎょしゃ座の方向約 10,000 光年に横たわっている。

<出典>: 「今日の天文写真(Astronomy Picture of the Day)」

<大判>: オタマジャクシはイメージをクリックして大判からご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月20日: 渦巻銀河 NGC 1398 のリボンと真珠

2018年02月20日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

渦巻銀河 NGC 1398 は、真珠の星達、中央周辺のガスとダストのリングばかりでなく、その中央を横断する星達とガスの棒、遠くからはリボンのように見える渦巻の腕を持っている。このイメージは、チリのパラナル天文台のヨーロッパの大型望遠鏡(VLT)でとられ、印象的な詳細でこの壮大な渦巻を解いている。 NGC 1398 は、恐竜が地球から消えた時代に相当する、約 6500 万光年に横たわっている。この写真写りの良い銀河は小さな望遠鏡でろ座の方向に見ることができる。中央近くのリングは、恐らく、他の銀河との重力の遭遇による、または銀河自身の重力非対称による、星形成の拡大する密度の波である。

<出典>: 「今日の天文写真(Astronomy Picture of the Day)」

<大判>: イメージをクリック

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月19日: 金井宣茂、初めての船外活動

2018年02月19日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

国際宇宙ステーションの日本の宇宙飛行士、宇宙歩行者金井宣茂が、今日の初めての船外活動の作業を終えて、古い Canadarm2 ロボット・ハンド(ラッチング・エンド・エフェクタ)をクエストエアーロックにしまい込む。

<出典>: 「国際宇宙ステーションブログ(Space Station BLOG)」

<ビデオ>: イメージをクリックしてインスタグラムからの録画をご覧ください。

<ひとこと>: このビデオでは、2月16日の船外活動で、NASAのマーク・バンデ・ハイと日本の金井宣茂が、地球に送り返すラッチング・エンド・エフェクタ(LEE:右図では白い〇で囲んである)の一つを船内の取り込む作業を行っている。イメージでは二人が上下から LEE を扱っている。このビデオでは、この作業で管制センタ(ヒューストン)からの通信を担当した星出彰彦(アキ・ホシデ)の声が聞こえる。船外活動の詳細は「ホームページ」の「国際宇宙ステーションは今」から。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月17日: チェリャビンスクの小惑星

2018年02月17日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

2013年2月15日に M. Ahmetvaleev によって見られたチェリャビンスクの小惑星による水蒸気の雲が尾を引いて残されている。直径約20メートル、以前には分らなかった 13,000 トン(13 000-tonne)の地球近傍オブジェクト(NEO)がチェリャビンスク市の地球の大気に入った経路を示している。約30キロメートルの高さで爆発したこの小さな小惑星は、ガスの雲による明るく熱い爆発をつくりながら窓や建物、建造物の一部を破壊した。以降の報道では、死者は報告されなかったが約 1500 人が飛んでくるガラスやその他の破片で傷ついたと報告された。

<出典>: 「Space in Images;ヨーロッパ宇宙機関」

<大判>: イメージをクリック

<ひとこと>: この事件以降国際的な小惑星監視体制が構築され、2018年1月までに発見された地球近傍オブジェクトは 17,500 を超え、その84パーセントが2013年1月以降の増加となっています。「ホームページ」では特に地球と月との距離の約20倍以内に接近する小惑星を対象として、「今後数カ月間に予想される出来事」に掲載しています。

<お知らせ>: 明日2月18日(日)の更新は休みます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月16日: 噴出する巨大プロミネンス/お知らせ

2018年02月16日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

1992年7月31日(世界時)、乗鞍コロナ観測所のコロナグラフで巨大プロミネンスが上昇・噴出する様子がとらえられました。プロミネンスは最初、秒速30キロメートルのゆっくりとした速度で上昇し始めてから次第に加速し、高さ59万キロメートルの巨大なアーチ状の形状となりました。プロミネンスの先端部で、細い磁力管が複雑によじれ絡み合い、らせん構造を形作っている様子が鮮明にとらえられています。プロミネンスは、その後、さらに外側へと噴出しています。

多波長でとらえた巨大プロミネンス噴出

乗鞍コロナ観測所では、濃霧が消えた0時43分から観測を開始。秒速30キロメートルのゆっくりとした速度で上昇し始めたプロミネンスは、次第に加速し、1時37分には高さ59万キロメートルの巨大なアーチ状になりました。アーチ状のプロミネンス頂上の一部では、秒速220キロメートルまで加速されています。プロミネンスの頂上部は、その後、さらに外側へと噴出しています。また、プロミネンスの先端部では細い磁力管が複雑によじれ絡み合ってらせん構造を形作っており、プロミネンス内部の複雑な磁場構造を反映していると考えられます。

乗鞍コロナ観測所ではこれまでにも何度かこのようなプロミネンス上昇を観測してきました。しかし、この現象は、「ようこう」衛星(1991年8月打ち上げ)、野辺山電波ヘリオグラフ(1992年6月観測開始)でも観測され、Hα線、X線、電波など多波長による同時観測で、プロミネンスの上昇・噴出の様子をとらえることに成功しました。Hα線や電波で観測されたプロミネンスの足元には、X線ではアーケード状の磁気ループ構造が観測されており、プロミネンスの周囲の磁場構造の理解へとつながりました。

<出典>: 「国立天文台:今週の一枚」

<大判>: イメージをクリック

<お知らせ>: ① 13日に打上げられた国際宇宙ステーションプログレス69号貨物船は、日本時間15日午後7時38分に、国際宇宙ステーションとドッキングしました。詳細は 「ホームページ」の「国際宇宙ステーションは今」から。

② 明日16日午後9時過ぎ、金井飛行士達による船外活動が予定されています。中継放送時刻等は 「ホームページ」の「ウェブNASAテレビ放送予定」 から。詳細は 「国際宇宙ステーションは今」 から。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月15日: 車、地球を周る/お知らせ

2018年02月15日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

先週、車が地球を周った。人間によってつくられた地球のロボットであるこの車は、太陽系の中に宇宙船を置くファルコン・ヘビー・ロケットの能力を実証するために「スペースX」社によって打上げられた。故意に気まぐれな形をしたこのアイコンのような車は、コンクリートブロックより良いデモンストレーション・オブジェクトとして考えられた。スターマンと呼ばれる宇宙服で装ったマネキンが運転席に座っている。この特集されたイメージは、車に取り付けられた3台のカメラの一つによってとられたビデオからのフレームである。自動車のバッテリに接続されているこれらのカメラは、今ではパワーを失っている。第二段ブースターに取り付けられたこの車は、間もなく地球軌道を離れ、恐らく、今から何億年かの、我々の太陽が赤色巨星に拡がるときまで、地球と小惑星帯の間で無期限に太陽を周るだろう。万一回収されることがあれば、この車の遺物は、地球で第20世紀と第21世紀初めに開発された技術のユニークな窓になるかもしれない。

<出典>: 「今日の天文写真(Astronomy Picture of the Day)」

<大判>: イメージをクリック

<ひとこと>: 一昨日の記事を参照。

<お知らせ>: 今日2月15日木曜日午後7時ごろから、13日に打上げられ15日に国際宇宙ステーションに到着する、プログレス69号貨物船のドッキングの中継放送があります。また、明日16日9時過ぎには金井飛行士達による船外活動が予定されています。ともに中継放送時刻等は「ホームページ」の「ウェブNASAテレビ放送予定」から。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月14日: ダイヤモンド・リング(宇宙のバレンタイン)/お知らせ

2018年02月14日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

赤いバラに熱心か、今年の全てに無関心か否かに関わらず、我々は宇宙のバレンタインの楽しみを持っている。真っ暗な空に対して微かに光るこのリングは、2017年8月21日に米国の全域で起こった食の間に見られた。この出来事は米国を横断する帯の観察者のための皆既日食であった。この食の影は、オレゴンからサウスカロライナまで、米国を横断するのに 1.5 時間を要した。それは全地帯の熱心な食の観察者に160秒の真っ暗闇を与えた。このスナップショットは、ヨーロッパ宇宙機関の科学と天文調査 CESAR の教育イニシアティブの一部として食の探検の間に捕えられた。(以下略)

<出典>: 「Space in Images;ヨーロッパ宇宙機関」 (上の解説は要約しています)

<大判>: イメージをクリック

<お知らせ>: 明日2月15日木曜日午後7時ごろから、13日に打上げられ国際宇宙ステーションと自動ドッキングする、プログレス69号貨物船の中継放送があります。放送時刻等は「ホームページ」の「ウェブNASAテレビ放送予定」から。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月13日: ロードスター、スターマン、惑星地球/お知らせ

2018年02月13日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

これはスターマンと名付けられた宇宙服を着たマネキンである。惑星地球の日の当たる三日月が背景に退き、2月6日にファルコン大型ロケットで打上られた積載物のこの最終的なイメージで、スターマンがテスラ・ロードスターに気持ちよく座っている。国際的には 2018-017A と名付けられたロードスターとスターマンは、火星の軌道を超えた宇宙に向かっている。成功したファルコン大型ロケットは、今、運行中の最も強力なロケットになり、4台の電気自動車の一つ、ロードスターを惑星地球から打上げた。他の三つは、歴史的に強力な(しかし再使用できない)サターンVロケットで月に向けて打上げられた。しかし、スターマンのロードスターは、恐らく、法的条件を満たした唯一のものである。

<出典>: 「今日の天文写真(Astronomy Picture of the Day)」

<大判>: イメージをクリック

<註>: 上記「他の三つの電気自動車」とは約50年前にアポロで月に送られた探査車3台を指す。スターマンは1984年製作のアメリカ合衆国のSF映画から。テスラ はファルコン・ヘビーを打ち上げたスペースX社の創業者イーロン・マスクが並行して経営する電気自動車の会社名。ロードスターはスポーツカー仕様の車の総称。

<お知らせ>: <速報・追記> ②延期になっていた国際宇宙ステーションプログレス69号貨物船は、日本時間2月13日午後5時13分に打上げられ、2日間の旅で国際宇宙ステーションへ向かいました。 

① 今日2月13日(火)午後5時過ぎ、延期されてきた国際宇宙ステーションプログレス69号貨物船が打上げられることになりました。宇宙ステーションへの到着は即日でなく2日後に変更になりました。中継放送時刻等は「ホームページ」の 「ウェブNASAテレビ放送予定」 から。なお、金井飛行士達の船外活動も変更になっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月12日: 上空からの冬季オリンピックの視界/お知らせ

2018年02月12日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

1924年に最初に冬季オリンピックが開かれて以来、アジアでは二回、しかも日本で二回で開かれただけだった。今年、ゲームは、韓国の北東部の都市、ピョンヤンとカンヌンの新しいホームで見られるだろう。これらの二つの都市が、2018年1月26日にランドサット8号のオペレーショナル陸地画像装置(OLI)で撮られたこの自然色イメージに見える。気象学者達は、バンクーバー(2010)とソチ(2014)の季節外れに暖かいゲームに比較して、この第23回冬のオリンピックの激しい冷温を予想している。実際に、2018年オリンピックは、非常に冷たい西風がシベリアから吹き込む傾向があり、このゲームの歴史で最も冷たいかもしれない。ピョンヤンの2月の長期の低温の平均は摂氏 -10.5 度、高温の平均は摂氏 -0.4 度である。
 冬季オリンピックの間に、NASAは、研究者達が地上と宇宙からの雪をどの程度良く測定できるかを調査し、吹雪の予測のためにより良いデータを提供するだろう。(以下略)

<出典>: 「地球(Earth)」

<大判>: イメージをクリック

<お知らせ>: 日本時間2月11日(日)午後5時58分に予定された国際宇宙ステーション貨物船プログレス69号の打上は、エンジンが点火せず失敗に終わりました。今後の予定は未定です。「ホームページ」の「国際宇宙ステーションは今」 から。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月11日: 冬季五輪/お知らせ

2018年02月11日 06時00分00秒 | 天文・宇宙

今日、2018年冬季オリンピックが公式に始まり、コペルニクス・センチネル2号ミッションは韓国の平昌(ピョンチャン:Pyeongchang)に我々を誘った。平昌はソウルの約180キロメートル南東、 太白(テベク:Taebaek)山脈 にある。
このアニメーションは、開会式・閉会式が開かれるオリンピック・スタジアム、アスリートがボブスレやリュージュを競うスライド・センターなどの、いくつかのイベントのサイトを示している。このイメージは2018年1月30日にとられた。

<出典>: 「Space in Videos;ヨーロッパ宇宙機関」

<アニメーション>: イメージをクリック(mp4)

<お知らせ>: 速報:追記 2月11日(日)午後6時前に予定された国際宇宙ステーション貨物船プログレス69号の打上は、エンジンが点火せず失敗に終わりました。今のところ(午後6時)今後の予定は不明ですが打上は延期されると思われます。

今日2月11日午後5時半から、国際宇宙ステーション貨物船プログレス69号の打上中継放送があります。今回の打上は3時間半でステーションに到着するという初めてのスケジュールで実施されます。到着の中継は午後8時半から。参考までに最長は2日間(例:金井飛行士達のフライト)、最近は6時間が一般的です。詳細は 「国際宇宙ステーションは今」 から。中継放送時刻等は 「ウェブNASAテレビ放送予定」 から。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加