goo

喘息に鍼灸をお試しください


喘息は急に息苦しくなったり、喘鳴と言って息を吐こうとするとゼイゼイといった音が伴ったりするわけですが、東洋医学では、この喘鳴の起こる呼吸困難を哮と呼び、喘鳴の起こらない呼吸困難を喘と呼び、合わせて喘息を哮喘と呼んでいます。つまり、独自の呼び名があるほど東洋医学が喘息の改善に関わることは多く、鍼灸治療は喘息改善にとって大きな役割を果たしているのではないでしょうか。長嶋鍼灸室でも、喘息治療のための鍼灸を行っておりますが、病院での投薬治療では改善しない喘息、そして投薬治療は避けたいという方などには、ぜひ鍼灸治療をお試しいただきたいと思います。



喘息は、もともと子どもの頃に発症しやすいこともあり、気管が炎症を起こしやすい体質なども関係しているのかもしれませんが、最近は大人の喘息も増え、アレルギー反応として喘息を発症するケースが増えているようです。たとえば、アレルギーの元となるアレルゲンには、花粉やダニ、ハウスダストなどが知られていますが、アレルゲン以外にも、風邪から喘息の発作が起こるようになったり、過労やストレスから喘息を発症することもあります。さらに、タバコを吸い始めて喘息になることもあるようです。つまり、大人になってからの喘息には、さまざまな原因が考えられ、原因によっても鍼灸治療の方針が変わり、症状によっても鍼灸を行うツボが変わってきます。

特に、呼吸の粗さや痰の濁りなども鍼灸の治療方針に関わってきます。たとえば、冷たい空気が気管に入り込み喘息の発作を起こしている場合は、喘息の鍼灸治療により、濁った風寒の邪を排出させます。また、熱が伴う喘息や息切れが起こる喘息、身体のだるさが伴う喘息や食欲がなくなるなど、喘息の症状などを見て喘息に効果のある鍼灸のツボを判断して、鍼灸治療を行うことになります。そのためには、鍼灸に取り掛かる前の問診・舌診・脈診・腹診をさせていただき判断することになります。喘息のために仕事に支障が出たり、喘息が原因で眠れずに体調を崩すこともありますので、早めの喘息治療が必要であり、長嶋鍼灸室の鍼灸治療をお勧めいたします。

http://www.seiritsusenmon.jp/nagashimazensoku.html
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
     
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。