柴犬ももと鈴のつぶやき

松江犬猫の会隊長ブログbyいつでも一生犬命

犬の歳の取り方に想う事

2016-10-18 19:29:50 | 日記
犬の歳の取り方について


皆様、ご存知の様に、人間よりも、犬は速く歳をとります。


そんな犬の中でも、小型犬・中型犬・大型犬では、成長と老化の速度が違います。




小型・中型犬の平均寿命は=15年前後


大型犬の平均寿命は=10年前後と言われています。




小型・中型犬は=生後1か月位で人間に相当して1歳位になり


生後3か月位で、3歳位に。


生後半年位で、9歳位に相当します。



つまり、生まれてから、ほんの数か月で、あっという間に、歳をとります。



その後、3歳以降からは、一年に4歳位のスピードで歳をとります。





*つまり、この幼い数か月の時期がどんなに大切なのか。という事です。






*********



反対に、大型犬は




幼齢の頃の、歳の取り方は緩やかです。




小型・中型犬に比べたら、緩やかに



生後2か月で=人間に相当して1歳


3か月で=2歳


半年で=6歳


1年で=12歳位



しかし・・・


3歳を超える頃からは、急速に年齢のスピードは上がり



1年で7歳のスピードで歳をとります。





******


だから、大型犬の子犬又は子供犬は、幼齢の頃は、小型中型犬に比べて、幼稚です。(そんな気がする)



(体は大きいのですが)





最終的には



産まれて、15年で


小型犬は=76歳


中型犬は=88歳


大型犬は=110歳


に、相当する事になります。




同じ、15年でも、小型犬と中型犬と大型犬とでは、身体の大きさによって


こんなにも、時間の重みが違うのです。





人間の感じる一日の重みと、犬の一日の重みは違います。又、時間の感じ方も違います。




人間にとっての、1年と、犬にとっての1年では、重みが違います。



そんな事を、湖で考えていたら・・・




ほんとに、この瞬間の大切さと、子犬の頃のしつけの重要性を感じます。



また、大型犬との接し方なども、考えてしまいます。



そんなことで、、ふつふつと考えていたら・・・




子犬の交流会・・とか、、やってみようかな。。と。





犬の一生の、、一番大切な時期の




啓発の重要性を・・・・・




楽しく、事故なく、、危険なく・・・




提案していけたら。



そして、そんな場所を提供していければ。。と






想った一日でした。













松江犬猫の会のホームページもぜひご覧になって下さい。

松江犬猫の会ホームページ
是非クリックしてください!!


ランキングに参加しました! ボタンを押して頂けると喜びます♪



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ


にほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松江の恒例行事 | トップ | 高齢者福祉施設に譲渡したG君 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む