~着やすく ・おしゃれに・いきいきと♪~

川崎マイスター栗田佐穂子が、ユニバーサルファッション&おしゃれな介護服の情報や、服飾教育現場のエピソードをお伝えします!

登戸ドレスメーカー学院とユニバーサル服飾高等学院の合同研究発表会に思うこと

2017年05月05日 | ユニバーサルファッション

こんにちは、着やすく・おしゃれなアイディア服デザイナーの栗田佐穂子です。




登戸ドレスメーカー学院とユニバーサル服飾高等学院との合同研究発表会が行われました。
登戸ドレスメーカー学院の学生は高校卒業後すぐの人と大学で異分野を修了した人、
社会経験をしてから「服飾の仕事がしたい!」と方向転換した人など様々です。

ユニバーサル服飾高等学院には「手芸が好き」「ファッションの仕事がしたい」「人がたくさんいると緊張してしまう」など
色々な想いを持ちながら学び始め、あっという間にファッションの楽しさに夢中になります。

中には「人前で話すのは苦手」と言っていたはずなのに・・・、
全員が研究発表会にて一年間学んだ、デザイン・パターン・縫製理論・色彩応用・
二年生は、立体裁断(ドレーピング)・ピンワーク・教育実習報告・
インターンシップ活動(川崎市長さんのハロウィン衣装デザイン~製作)などを広く・深く発表しました。

社会経験(先生・保母さん・行政職・看護師さん・ヘルパーさん等々)のある登戸ドレスメーカー学院学生の気配りに包まれ、
ユニバーサル服飾高等学院生徒は「自分が持つ優れた能力:知識・技術」に気づき実感することにより、
会場の人々を感動させる発表が続きました。

「徹夜して仕上げた!」と思わず告白したスピーチに笑い、
「初め自分はできない・・と不安だったが、今、完成できた自分を誇りに思う」
「三年間ユニバーサル服飾高等学院でコツコツ学んだお蔭で、大学に合格できた」等々
一人ひとりの言葉に胸が熱くなりました。

いつも思うことですが、
能力の差はない。
能力を伸ばすキッカケに出会わなかっただけ。


研究発表会の目的は
「自分はできる」
「本気ですればできる」
「自分に合わせた努力の仕方が分かれば、できるのだ」と、
自分、自ら気づくこと。


そして翌日は卒業式。
涙を拭い、晴れやかな笑顔の卒業生を送り出しました。

教育に関わる醍醐味に酔いしれたひとときでした。



着やすく・おしゃれなアイディア服デザイナー 栗田佐穂子
アソシエCHACO総合HP:http://www.a-chaco.com
アソシエCHACOネットショップ:http://chaco-brand.com
アソシエCHACOセレクトギフト:http://chaco-kaigofuku.com
--------------------------------------------------------------------------------

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新年明けましておめでとうご... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ユニバーサルファッション」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。