練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

高い通気性と透湿性

2017年11月18日 08時00分00秒 | メンテナンス

 

結露の気になるシーズンが近づいてきました。

日本では、古くから気候・風土に適した漆喰やじゅらくなどの塗り壁が一般的でした。

いかし現代では、施工性・コスト・手軽さなどの理由からビニールクロス仕上げが大半です。

経年で硬く、汚くなれば張り替える。

帯電し空気中の埃を引きつける『硬い樹脂』に『可塑剤』という名前の化学物質を添加し、軟らかくしているビニールクロスの宿命です。

廉価であるはずのビニクロですが、10年ごとに貼り替えることを考えると意外に安くないことがわかります。

貼り替えの際には、ビニクロを剥がし下地の凹凸をパテで平らにし、新しいビニクロを貼ります。

パテを平らに削る際には、廻りが粉で真っ白になるため養生も必要です。

ご自分で貼り替えるのは、中々難しいと思います。

もちろん、10年以上貼り換えずに使っている家だってたくさんあります。

素材を変えてみたら・・・。

例えば紙由来の壁紙を使えば、静電気は発生しません。

だから空気中の埃を拾うこともなく、経年による汚れが少なくなります。

可塑剤を一切使用していませんから、硬くなることもありません。

上から塗装を施すことも可能です。

貼り換えの手間がいらないし、DIYも可能です。

どうせなら、下地の石膏ボードも変えてみてはいかがでしょうか?

市場には『調湿石膏ボード』というものが出回っています。

空気中の水蒸気を吸ったり吐いたりして、湿度の調整をしてくれる石膏ボードです。

一般的な石膏ボードと調湿石膏ボードのそれぞれに、ビニクロ・紙クロスを貼って、吸・放湿量を比較したデーターを以下に示します。

石膏ボードにビニクロを貼った場合の吸・放湿量は43g/㎡・16g/㎡です。

そして調湿石膏ボードに紙クロスを貼った場合の吸・放湿量は261g/㎡・175g/㎡となります。

その差は218g/㎡・159g/㎡ですから、仮にリビングの天井+壁面積を120㎡とすれば、吸湿量26㎏・放湿量19㎏の違いになります。

凄い量だと思いませんか?

壁紙が湿度の緩衝帯となり、室内の湿度環境が安定します。

結露やカビの発生も抑えてくれるでしょう。

こうした壁紙&石膏ボードを使用する際には、断熱材の防湿対策を徹底することが重要になります。

断熱材を吸放湿材として利用するのは止めた方がいいと思います。

 

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

配筋検査を受けました。

2017年11月17日 14時14分31秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

練馬・板橋の天気は快晴です。

気持ち良い青空、少し肌寒いですが穏やかな陽気と言えるのでは・・・。

『FPの家 K邸』

瑕疵保険会社による配筋検査を行いました。

写真は現場から見る隣地の空。

白い外壁と緑、そして青空が相まって良い感じでしょ。

10時30分からの検査に備え、10時に現場到着。

基礎屋さんと2人で、鉄筋下の金属ゴミを拾っていました。

「あっ、ヒゲ発見!」

写真の赤丸内のように、鉄筋を結束する『なまし鉄線』の端部が型枠の方に伸びた状態を私達は『ヒゲ』と呼んでいます。

なまし鉄線は錆びます。

これが型枠側に伸びていれば、コンクリートが外側から中性化した場合に比較的早い段階で錆びてしまいます。

せっかく、かぶり厚さを確保していても、ヒゲがあれば意味がありません。

こうした部分も、配筋と同様に重要なチェックポイントです。

早速、内側にヒゲを折り曲げ、基礎屋さんに注意しました。

錆びた鉄筋の表面もブラッシングされ、浮き錆はありません。

「ヨシヨシ。」

10時15分、検査員が到着しました。

(おっ、少し早いじゃん!)

敷地内に足を踏み入れた検査員は、開口一番こう言いました。

「敷地に余裕ありますね。」

「???」

「車、停めさせてもらっても良いでしょうか?」

「はい、どうぞ。」

「駐車場料金高くって・・・。」

「これから車を取ってくるので、少しお待ちください。」

「・・・。」(こんなケース、初めてです。いくら東京の駐車料金が高くたって・・・。)

それから5分後、検査員の車が来たのでバックを誘導し、ようやく検査をスタートしました。

「200円、取られちゃいました。」

(・・・。)

「おっ、溶接鉄筋ですね。」

「なるほど・・・。」

検査自体は20分ほどで終了しました。

特に指摘事項はありません。

最後に何枚か写真を撮って帰りました。

いよいよ、コンクリートの打ち込みです。

 

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

換気システムのメンテナンスとエネルギー

2017年11月17日 08時00分00秒 | 24時間換気システム・風量測定

 

昨日、東京ビッグサイト会場内で開催されたセミナーに参加してきました。

演題は『換気システムのメンテナンスとエネルギー』

講師は高知工科大学 システム工学群/准教授 田島昌樹氏でした。

以前からお話を聴いてみたかったんです。

先生曰く、今回の対象は設計者・施工者およびマニアックな利用者との事。

そんなマニアックな居住者いないでしょ?

と突っ込みたくなりました。

さて、本題です。

換気設備計画を検討する際には、次のようなステップに従う必要があります。

ステップ1/選択する換気システムの検討

①住まい方・住宅の計画・気密性および暖房/冷房方式の確認

②換気システムの種類と換気経路の検討

③熱交換器の有無に関する検討

④温度差利用型のハイブリッド換気採用の検討

ステップ2/換気システムの配置計画

日常の清掃に留意した屋外および室内端末部材の配置の検討

日常のメンテナンスに留意した換気システム本体の設置位置の検討

③住宅の構造に留意したダクト配置の検討

④換気経路の再確認

ステップ3/省エネルギーに配慮した換気システムの能力確認

①設計風量の確認

②機外圧力の低減に関する検討と機外圧力の計算

③消費電力を考慮したエネルギー効率の高いファン選定と検討

④風量切り替えスイッチの設定・確認

ステップ4/施工後に実施する事項の確認

維持管理が可能かどうかの確認

風量測定の実施

風量調整の実施・検討

以上、『自立循環型住宅への設計ガイドライン』より抜粋しました。

この本の作成にも先生は参加しているそうです。(知りませんでした・・・。)

ピンクで書かれた部分が、今回のセミナーのツボに当たるそうです。

住宅の換気風量を測定する為の機器は色々あります。

安価なものから高価なもの。

正確な風量が測れるものから、そうでもないもの。

操作が簡単なものから、難しいもの。

(測定者の熟練度合により、測定結果に差異があるらしい・・・。)

弊社では、全棟換気風量の測定を行い、風量調整により設計通りの換気風量を実現しています。

ですから、当然風量計を持っています。

弊社が使っている『フード付風量計』は、比較的高価で、正確。但し測定者の熟練度合により測定結果に差異があるタイプのようです。

また『ピトー管式風量計』の方は、安価で正確。熟練度合による差異もないタイプでした。

研究者が使う風量計の中には、1500万円もするようなものもあるそうです。

ベンツと変わりありません。凄い・・・。

換気扇は定期的に清掃を行わなければなりません。

例えばパイプファンの場合、清掃前と清掃後の排気風量差は82㎥/hにもなります。

次の写真は、2年間清掃をしていなかった住宅用換気扇を撮ったもの。

清掃前と清掃後の風量差は29.2㎥/h、比消費電力差は0.06W/(㎥/h)となります。

比消費電力とは、1㎥の空気を搬送するのに必要な消費電力(W)を表します。小さい方がお得です。

ダクト方式の方が壁付け式よりも、汚れによる風量低減は少ないようですね。

換気方式による違いもあるようです。

第1種換気方式と第3種換気方式の、清掃による換気風量と消費電力の変化を比較したデーターをご覧ください。

どうやら、後者の方が清掃による室内環境の劣化が少なく、消費電力も少ないようですね。

弊社が、第3種をお勧めする理由のひとつを先生がアピールしてくれました。(良かった・・・。)

まめに清掃すれば、換気風量も本来の計画通りに行われ、健康被害を招くこともありません。

そして、消費電力も少なくなり、お財布にも優しい・・・。

逆を言えば、清掃を怠れば本来の換気が行われず、健康被害の元になります。

消費電力も多くなり、お財布の中が寂しくなる・・・。

わかっちゃいるけど、面倒くさいですよね。

先生は、最後のまとめとして、こう仰っていました。

シンプルなシステムほどアドバンテージがある。

 第1種よりも第3種

 壁付け式よりもダクト式

 機械式よりもパッシブ換気

えっ!パッシブ換気?

最後に、そんな事言うなんて・・・。

でもパッシプ換気については、何の言及もありませんでした。

設計・施工がかなり難しいんですよね。

しかも、室内外の温度差が大きい時期にしか有効ではありません。

建物全体を送風室として利用する方式です。

只今、勉強中というところでしょうか。

隣のブースでは、福島先生がこのテーマで講演をしていました。

お二方は仲が良いそうですから、事前に打ち合わせをしていたのかもしれませんね。

 

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

配筋の自主検査を行って来ました。

2017年11月16日 11時38分45秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

 

今日の練馬は、気持ち良い青空。

やっぱり、サイコーです。

道路際に植えられたイチョウの木の黄色が、青空に映えて綺麗です。

イチョウは東京都のシンボルにもなっています。

ここで、ラジオで仕入れたネタを少々・・・。

イチョウの名前の由来をご存知でしょうか?

ご存知、イチョウの葉です。

そして、これが鴨の足。

その形が似ている事から中国語の『鴨の足/Yā jiǎo(イーチャウ)』からイチョウと名付けられたそうです。

なんか、イマイチの由来だと思いませんか?

さて、本題です。

『FPの家 K邸』

鉄筋組みの自主検査をしてきました。

現場はこんな感じです。

耐圧盤のダブル配筋も無事、終わりました。

こちらの写真の鉄筋ピッチ100mmになっています。

そして、こちらは間隔150mm。

一般部は200ピッチで配筋しています。

何故、違うのか?

という方もいるでしょうね。

全ての配筋要領は、地耐力と構造計算によって決定されます。

弊社でも標準的な仕様は定めていますが、現場によって異なるケースもざらにあります。

余所の配筋に比べて、ごつ過ぎないかなぁーとは思いますが・・・。

写真は開口部の補強筋を撮影したもの。

全て、伏図および配筋要領書の通りになっていました。

これで、明日の配筋検査に安心して臨めます。

コンクリート打設に備えて、『水抜き穴』の設置も行っています。

こんな製品を100Φのパイプに取付け、これを耐圧盤に設置します。

これで、工事中の雨水が基礎に溜まる事を防ぐことが可能です。

そうそう、いつもアップしている鋼材の『検査証明書』と『出荷証明書』を忘れていました。

まずは出荷証明書。

現場にどんな鋼材が何本納品されたのかを証明しています。

そして、検査証明書。

所定の性能を有した鋼材である証明となります。

これで、準備万端です。

検査に合格したら、コンクリートを打設します。

 

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の空気

2017年11月16日 08時00分00秒 | 注文住宅/電気・空調設備

 

冬になると、良くこんな声を耳にします。

「朝起きると、喉が痛いことが多いんです。」

「肌が敏感で、すぐ乾燥するんだよ。」

「風邪ひきやすいんだよね。」

これらの原因の多くは部屋の中の湿度が低くなり過ぎている為。

冬季の外気は湿度が非常に低く、この空気をそのまま換気等で採り入れてしまえば、室内空気の湿度は低下します。

そして、肌や喉に影響を及ぼします。

空気中に含まれる水蒸気は、多過ぎれば『汚れ』になりますが、少なすぎれば『過乾燥』となり、様々な問題を引き起こします。

上図は健康に対する最適湿度範囲を示したもの。

これによれば、40~60%が最適範囲となります。

最適範囲を維持するには、湿度計とにらめっこしつつ、換気システムを上手に活用する必要があります。

乾燥対策として加湿器を利用する方が増えましたね。

でも加湿器の利用は高湿環境を招き、カビや結露の発生を助長することに繋がる場合もあります。

機器の湿度表示に惑わされることなく、ていねいな湿度管理を心掛けることが大切です。

ガスコンロを使っている時間も、注意が必要です。

ガスは燃焼時に大量の水蒸気を放出します。

適度な湿度は温度以上の暖かさを与え、暖房温度の低下に繋がります。

でもその反面、放出された水蒸気は室温を下げ、暖房エネルギーに負荷を掛けてしまいます。

不完全燃焼防止の為にも、燃焼時の換気は必ず行いましょう。

室内に人が少ない場合には、換気システムの風量を少なくするのが過乾燥には有効です。

 

 

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節外れの話題

2017年11月15日 08時00分00秒 | 建築基準法・行政の動き等
 
今日はアセットフォーの定休日。
 
天気も回復するようですね。
 
いよいよ秋も終盤のようです。
 
少し遠出して、秋を満喫しようかな・・・。
 
なんて、考えています。
 
そうそう、昨日、初めて知りました。
 
環境省では、色々な広報を行っているんですね。
 
ホームページを覗いてみて、「しまった!」と思いました。
 
 
なんだろう?
 
と思った方は、是非ご覧ください。
 
季節外れの話題なんですけど・・・。
 
ズバリ!『花粉症』です。
 
以下、HPの抜粋です。

花粉症対策を行うためには、まず、花粉の飛散状況について正しい情報を得ることが大事です。

環境省では、花粉症対策に役立ててもらうため、全国の主要都市の飛散開始時期などを、「別ウインドウで開きます花粉飛散開始情報」で、順次提供しています。

また、花粉飛散シーズンには、リアルタイムの花粉の飛散状況について

別ウインドウで開きます花粉観測システム(愛称:はなこさん)

で情報を提供しています(2月初旬から開始予定)。

「はなこさん」では、アメダス観測地点の気象データと組み合わせて、1時間ごとの最新の花粉飛散量、飛散方向なども分かります。

携帯版サイト(http://kafun.taiki.go.jp/mobile)でも情報提供していますので、ぜひ、チェックしてみてください。

環境省花粉観測システム「はなこさん」トップページ

残念ながら、現在はオフシーズン。情報は更新されていません。
 
花粉症に悩んでいる方は、是非ご活用ください。
 
私も以前は花粉症に悩まされていました。
 
目が痒くなり、涙がポロポロ。
 
鼻はムズムズし、ティッシュが手放せない。
 
頭がボーッとして、スッキリしない。
 
オンシーズンは辛いですよね。
 
でも今の家に引っ越してからは、症状が軽くなった気がします。
 
自然給気口についた花粉フィルターが、花粉をシャットアウトしているから?
 
そうかもしれません。
 
でも体についた花粉は、そのまま入っている筈・・・。
 
24時間換気システムがきちんと機能しているから?
 
事務所乃び外出先でも、症状は出ていません。
 
何故だろう???
 
体温が高くなったからかもしれません。
 
36.2℃あった体温が最近は少しだけ上がり、36.5℃になりました。
 
先日のセミナーでは、『36.5℃以上の体温が健康の秘訣』と言っていました。
 
そう言えば、最近は風邪もひかない・・・。
 
暖かい家に住むと、いつの間にか体温が高くなっています。
 
体の免疫機能が高まり、病気になりにくい体になるようですね。
 
薄着のまま、ゴミ出しをしても大丈夫です。
 
体温が高いと『寒がり』になる気がしますが、そんな事はないようです。
 
でも、お風呂は以前よりもぬるく感じるかも・・・。
 

 

http://www.assetfor.co.jp

posted by Hoppy Red 

所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨が降って来ました。

2017年11月14日 17時04分52秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

 

やっぱり、雨になりました。

ついていません・・・。

『FPの家 K邸』

鉄筋組立工事の最後の追い込みをしようと思っていたのに・・・。

現場は、こんな感じです。

耐圧盤の上端筋の施工が進んでいます。

下端筋と上端筋の間には、スペーサーが置かれ、双方の間隔が保たれています。

昨日まで綺麗な鉄筋色だったのに、曲げている部分にはうっすらと錆が出ています。

どうしても、鉄筋の切断面や曲げ部分は錆びやすいんですよね。

雨に当たると錆びてしまいます。

鉄筋に、付着性を低下させる油や錆が付くことは避けなければなりません。

錆びた鉄筋をそのまま組み立てる事はありませんが、組み立てた鉄筋が雨で錆びてしまった場合はブラッシングをして、浮き錆を取ることでそのまま利用しています。

「少し位錆びている方が、付着性が高まる。」

なんて言う方もいるようです。

確かに、錆が出れば表面は凸凹になります。

その分表面積は大きくなりますから、付着性は高まるかもしれません。

でも錆と鉄筋が離れてしまえば元も子もありません。

ブラッシングをする事で、浮き錆を無くす事は必要だと思います。

雨が降らなければ、今日中に鉄筋の組立が完了していたのに・・・。

明日は晴れるようですから、問題ないんですけど。

木曜日に配筋の自主検査を行います。

そして金曜日に瑕疵保険の配筋検査を行います。

コンクリートの打ち込みは土曜日の予定です。

「てるてる坊主」の画像検索結果

テルテル坊主、つくっておいた方がいいのかなぁー。

 

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふと、思いました・・・。

2017年11月14日 08時00分00秒 | たわいもない話

 

だんだん寒くなってきましたね。

私の場合、通勤は自転車と電車そして徒歩になります。

この季節、自転車がネックなんですよね。

服装が難しいんです。

秋になると薄手の上着を羽織ります。

この時期だと、少しだけ厚手の上着にしています。

首元を閉めればハイネックになるタイプです。

当然、袖口が絞ってあるタイプ。

風対策となります。

自転車は風がきついですから・・・。

学生時代、私は登山部に在籍していました。

「下着は木綿を避けること。」

「木綿は濡れると体温を奪われます。」

「ウインドジャケットは必ず携帯してください。」

「風が吹いてくれば、セーターではすぐに体温が低下します。」

「首・手首・足首を隠せるタイプにしましょう。」

「こまめな調節が必要です。」

なんて煩く指導されていましたが、これって自転車通勤にも通じますよね。

風に体温を奪われないように工夫します。

暑ければ首元を開き、熱を逃します。

そろそろ手袋と帽子が欲しくなってきました。

セーターを着ることもあるでしょう。

もう少し経つと、ダウンジャケットやタイツが恋しくなるんでしょうね。

雪が降れば、厚手の靴下を履くこともあります。

でも、電車に乗れば暖房が効いています。

手袋・帽子を取り、場合によっては上着を脱ぎます。

暑さ・寒さに合わせて服装を変える事で、私達は快適に暮らしています。

住まい自体はどうでしょうか?

最近の家は、暖かいセーターの代わりに厚い断熱材で身体中を包んでいます。

でも上半身だけ暖かくしても、下半身が薄着では寒さは変わりませんよね。

家だって同じです。

天井・壁・床、全ての断熱材を厚くしなければ寒さが残ってしまいます。

せっかく暖かいセーターを着込んでも、強い風が吹けば寒くなってしまいます。

そこで必要になるのがウインドジャケットです。

家であれば、防風層に当たります。

これがしっかりしていれば、風による暖かい空気の損失を防ぐことができます。

でも、首・手首・足首がスースーしていたら寒いですよね。

だから袖口をきっちりと締めて、隙間を無くします。

これが気密層の役目です。

繊維系の断熱材であれば、濡らしてはいけません。

木綿のシャツと同じです。

だから防湿層・防水層を設け、断熱材を濡らさないようにします。

それでも寒さがきつい時には、カイロを使います。

寒さに合わせて必要な数をお使いください。

背中や腰に貼るのが有効です。

家であれば、エアコンやストーブなどの暖房器具が、これに当たります。

つければつけるほど暖かくなります。

寒さは身体によくありません。

どんどんつけましょう。でも費用が嵩みます・・・。

そもそも、断熱性能の低い家で暖房をガンガンつけたら暖かくなるのでしょうか?

裸にカイロを貼って、寒い冬に外出するようなものですよね。

そんな実験を行った人の動画を貼っておきます。

是非、ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=TobbmwMd8rc

裸にカイロ・・・。低温火傷も怖いですよね。

暖房器具も同じです。

使いすぎれば、色々なデメリットがあります。

「使いたくて、使っている訳じゃないよ。」

そうですよね。

だったら、暖かい家をつくりましょう。

服装と違って、家は簡単に厚着をしたり薄着をしたりという訳にはいきません。

だから、必要充分な断熱施工を行うことをお勧めします。

きちんと施工した断熱材は、いつまでも長持ちします。

高性能設備は長く持っても10年です。

最近のエアコンは、メーカーに言わせれば5年が寿命らしいですよ。

「断熱材を厚くしたら、夏暑いのでは?」

そんな事はありません。

暑くなったら、窓を開けたり、換気扇のスイッチをつければいいんです。

サンバイザーやサングラス、日傘が必要な場合もあるでしょう。

パッシブ設計を意識した家づくりも重要です。

昨日の雨のせいで、今朝はバス通勤。

こんな事を考えてしまいました。

 

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ、続きます。

2017年11月13日 11時54分57秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

 

天気が下り坂のようですね。

もうしばらく、晴れ間が続けば良いのに・・・。

『FPの家 K邸』

鉄筋組立工時、まだまだ続いています。

今日で3日目、ようやく立上り筋と耐圧盤の下端筋の組立が終わります。

端部の曲げ加工や、補強筋の取付など細かい作業はまだ残っているようですが・・・。

外周部立上り筋

内部立上り筋

地中梁筋

弊社では『異形鉄筋』を利用したユニットは鉄筋を採用していますが、下の写真のようにフック付縦筋にしています。

このフックの有無については、色々と意見が分かれているようですね。

フックの必要性については、構造計算(許容応力度計算)による安全性の検討の有無により判断が異なります。

許容応力度計算による安全確認を行わない場合には、建築基準法告示第1347号の仕様規定に準拠しなければなりません。

告示にはべた基礎・布基礎で、それぞれこう書かれています。


<べた基礎とする場合>
「立上り部分の主筋として径12mm以上の異形鉄筋を、立上り部分の上端及び立上り部分の下部の底盤にそれぞれ1本以上配置し、かつ、補強筋(縦筋・あばら筋)と緊結したものとすること。」

<布基礎とする場合>
「前項各号(第五号ハを除く。)の規定によること。(以下略)」

ここで言う緊結とは、存在応力を十分に伝えることですから結束線で留めただけの施工は認められません。

よって、以下2つのいずれかの方法を取る必要があると思われます。


①縦筋の端部にフックを付ける
②品質が明らかな(溶接金網に関する構造耐力性能評定((財)日本建築センター)等を受けた)スポット溶接を用いる

②であればフックなしでもOKです。

でも適当な溶接は不可。

工場生産のいわゆるユニット鉄筋の中でも、『工場が性能保証型スポット溶接として性能評定を受けるなどの溶接の品質が担保されたもの』でなければなりません。

許容応力度計算をしている場合はもっとシンプルです。

構造計算時にあばら筋の端部をフックなしとみて(あばら筋効果に期待せず設計して)安全が確認できればOKとなります。

ちなみに弊社の場合は、許容応力度計算をして安全確認をした上でフック付縦筋にしています。

上の写真のようなフックなしの現場を時々見掛けますが、ちゃんと安全確認が出来ているのでしょうか?

見掛ける度に心配になります。(大きなお世話ですが・・・。)

写真は縦筋と型枠の間隔を確保する為の『ドーナツ型スペーサー』です。

使用に当たって色々と意見が分かれるようですが、弊社ではコンクリート打設前に取外します。

また写真の赤丸部分の鉄筋は、立上り筋がグラグラと揺れないように捨てコンに挿して固定するためのもの。

このまま挿しっ放しにしておけば、かぶり厚さが0mmになってしまいます。

時々挿しっ放しの現場を見掛けますが、危険な施工です。

(鉄筋先端に防錆塗料を塗ったものを使っている施工者もいるそうですが、抜いちゃった方が確実ですよね。)

弊社では、全ての鉄筋組立が終わり、剛性確保でき次第抜いてしまいます。

さぁ、みんなで捨てコン上に散らばった鉄線や鉄筋の切屑拾いです。

磁石を使って拾います。

この作業も重要です。

捨コン上の切屑が錆びてしまい、もらい錆びの危険があるからです。

瑕疵保険会社による『配筋検査』の立会前に、最終確認を行います。

この時に切屑が落ちていれば、ひとつ1000円の罰金です。

それが終われば、いよいよ耐圧盤上端筋の組立です。

立上り筋との絡みが多く、面倒な作業となります。

まだまだ、時間がかかりそうですね。

 

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家電エネルギーを減らす

2017年11月13日 08時00分00秒 | ゼロエネルギーライフ(ZEL)

 

少し古いデーターで申し訳ありません。

資源エネルギー庁による2006年版エネルギー白書によると、家庭部門の用途別電力消費は次のような内訳になっています。

大きな電力を占めるのは

冷蔵庫

テレビ

温水暖房便座

となっています。

これらの機器を上手に選び、使いこなす事が省エネの近道になりそうですね。

例えば温水暖房便座です。

買い替えによる省エネ効果も大きいようですよ。

上表は温水洗浄便座の買い替えによる効果の例となります。

1998年製の温水暖房便座を61kwhの温水暖房便座に買い替える事で、年間消費電力は206kwh(5150円)も節約できるそうです。

仮に温水暖房便座の取替え工事が4.0万円(税別)だとしても、8年弱で元が採れる計算です。

出典は『しんきゅうさん』ホームページとなります。

自動代替テキストはありません。

興味のある方は、以下のページをご覧ください。

https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fondankataisaku.env.go.jp%2Fshinkyusan%2F&h=ATM2Eel4MBf4A1fsYAuhbYRKQbCH1yimfTucMenhzC3nEPeVsxP8J2Enk7Vn1lFSSaKes4Kv4G110TK7JpE97Mla_jqe5MokmIZqo36-qm05aBH6oV6PIIOdBME3Oob6EXranUaTeXvlHhVdFVNyQh2aJQnSeBfyqU9dLjcOMfDSgoRGIzDWXmnY2GFolj4spWjFS2limC7OTKRoSq-SjL7FaSKUKqGwd8hHIHTt0hSwS47mBshCyiRQ_yh2AJQBxQvn-0FUz6Re8e6Xc-Z7YeS32Ssugqe7yRZ9p596

エアコンや温水暖房便座の買い替えによる省エネ効果を確認できるページです。

「買い替えなんて、考えてないよ。」

と言う方には、カンタンに出来る省エネ手法があります。

①使わない時はフタを閉める。

 フタを開けっ放しにした時と比較して、年間で34.90kwh(872円)の節約が出来ます。

②便座の暖房温度は低めに。

 冬季の設定温度を中から弱に下げ、夏季はスイッチOFFする事で、年間28.40kwh(710円)の節約が出来ます。

③洗浄水の温度は低めに。

 洗浄水の温度設定を中から弱に下げる事で、年間13.80kwh(345円)の節約が出来ます。

なお基準となる温水暖房便座は2005~2006年当時の温水暖房便座(貯湯式)の平均値。

年間消費電力=228kwh(年間電気料金=5700円)となります。

①+②+③=77.10kwh(1927円)ですから、削減率は-33.8%。

「たいした事ないな。」

と考えるのか

「結構、節約できるね。」

と考えるのか・・・。

人によってマチマチだと思います。

まずは、小さな事からコツコツと実行してみませんか?

お財布に優しい暮らしは地球環境にも優しい暮らしです。

CO2の排出抑制による『STOP!地球温暖化』にも繋がります。

 

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バルコニー笠木廻りからの漏水

2017年11月12日 15時20分42秒 | 注文住宅 その他

 

パラペットやバルコニーはトラブル多発箇所なんだそうです。

新築住宅瑕疵保険の雨漏り事故物件を対象に、雨水侵入箇所を調べ、発生割合の多い順に並べたのが次の円グラフです。

家全体に占める『陸屋根およびバルコニー』からの漏水は22.1%。

その内訳の中でダントツの一番は『笠木廻り』の50.1%です。

その部分の参考納まりとして、住宅金融支援機構の『木造住宅工事仕様書』に示されているのが次のイラストです。

パラペットの天端に防水紙を2枚重ね、その上に鞍掛けシートを被せます。

その上に防水テープを貼り、笠木用の固定金具を留め付け、最後にアルミ笠木を載せて施工完了。

調査報告書をまとめたJIOの担当者は次のように言っています。

「笠木の下の天端は水平なので、侵入した雨水が溜まりやすい。」

「溜まった雨水は下地の木材や胴縁などに徐々に浸透し、腐朽を招く恐れがあります。」

「この点が、傾斜のある屋根とは違うので注意しなければなりません。」

「日射の影響も無視できません。金属製の笠木は日射の影響でかなりの高温になります。」

「その熱はパラペット内部にも伝わり、透湿防水シートの劣化を早めます。」

では、どのような納まりが良いのでしょうか?

2015年9月に日本建築学会で発表された、住友林業技術商品開発部の梅田泰成次長ら5人の研究グループが行った実験をご紹介します。

研究チームが用意した納まりは上図の5種類。

住宅金融支援機構の参考図は、タイプDに当たります。

実験方法は以下の通り。

45度の傾斜をつけた全長1.5mの試験体を用意。

下地材のスギ板に防水シートなどを被せ、その上に水を流す。

製材には笠木の固定金具を141mm間隔で10個設置。

水を20分間流した後、固定金具のビス周りに漏水が無いか確認。

それぞれの止水性能を調べてみると、結果は上図のようになりました。

図中、青い部分が漏水のあった箇所となります。

タイプDでは、9割以上のビスで漏水が起きていました。

逆に、最も止水性が高かったのはタイプEです。

これは、下地木材の上に両面防水テープを貼り、上部には鞍掛けフェルトを貼ったでけのシンプルな納まりです。

こんな簡単な納まりが一番危険の少ない納まりだったとは・・・。

弊社の納まりはタイプCに近いですね。

この納まりは2番目に漏水が少なくなっていました。(良かった・・・。)

でも、問題ですよね。

こうした重要な研究を知ることもなく、危険な納まりが続けられている。

住宅金融支援機構の参考納まりと言えば、いわばお手本です。

多くの方が、これを真似て施工しています。

被害は今後、増えるでしょうね。

弊社の納まりも是正しなければなりません。

日射の影響も配慮する必要だってあります。

幸いなことに、最近は笠木部分の漏水に対応した部材も発売されています。

こうした製品をしっかりと検討し、漏水のない納まりにしなければ・・・。

ついでに、積年の課題である、バルコニー床内部の換気対策も解決できればいいなぁー。

まずは日本住環境の笠木天端スペーサーの納まりをチェックします。

標準納まり図面も直さないとなぁー。

 

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒートショック

2017年11月12日 08時00分00秒 | 健康住宅

 

健康に暮らすための住まい住まい方 エビデンス集

技報堂出版 刊

健康維持増進住宅研究委員会/健康維持増進住宅研究コンソーシアム 編著

編集協力 一般社団法人 日本サスティナブル建築協会

という書籍を購入しました。

定価2800円+税

少し高いけど、中々良い本だと思います。

機会があれば、皆さんも是非ご一読ください。

前回に続き、本文中にあるヒートショックに関する記事を一部抜粋させていただきます。

暖房が普及したといっても、現在の日本の住宅では一部を除き『全室暖房』のところは少なく、部屋ごとに暖房を行う『局所暖房』が多くなっています。

このため、長時間使用する居間寝室は暖房されていても、トイレ・廊下・脱衣室・浴室がほぼ外気温に近い温度に留まっていることが少なくない。

こうした寒冷や著しい室温差による大きな血圧変動(ヒートショック)により、寒さを自覚しにくく血圧の上昇が著しい高齢者では、脳卒中や心疾患といった重篤な疾患に陥りやすいことが知られています。

さらに夜間にトイレに行く回数が高齢者の場合多いので、寒冷や室温差の曝露を受けることも多くなります。

特に高齢者が居住する住宅では、段差や手摺などのバリアフリーだけではなく、浴室等の暖房を行い、室温のバリアフリー化が推進されなければなりません。

ヒートショックによる健康影響を低減させるためには、滞在時間が短い廊下・トイレ・脱衣室・浴室にあっても、室温を水準以上に保つことが大切です。

 

健常な青年男子および高齢男子各8名を被験者とし

23℃の前室に30分間以上滞在後に脱衣し

10・15・20・25℃の室温に設定した人工気候室(脱衣室)に5分間留まり

その後、40℃の湯に肩まで8分間浸かり

その間の直腸温度・皮膚温度・血圧および主観申告を測定した結果は以下の通りです。

入浴に伴う直腸温度の変動に若年・高齢の群間差や室温差は認められませんでした。

平均皮膚温度は高齢群が若年群より高く、この傾向は室温が低いほど顕著になります。

しかし高齢者は脱衣室で若年者ほど『寒さ』を、入浴中は『熱さ』を訴えません。

上図に脱衣室における収縮期血圧から前室値を引いた値を、群別・室温別に示しました。

分散分析の結果、群間・室温間に有意な主効果が認められ、交互作用も有意でした。

室温10・15・20℃では収縮期血圧の上昇度は高齢群が有意に大きく、25℃では両群間に差異は認められていません。

一般に安静時の±10mmHg以内の変動は、生理的変動の範囲内で生体負担は大きくありません。

室温20℃では、若年者の上昇幅は平均10mmHg。高齢者では25mmHgもあり、生体負担が大きいことがわかります。

つまり高齢者の場合、浴室・脱衣室の室温は20℃でも不十分だということが示されています。


ヒートショックによる健康影響を防除するためには、冬季の非居室(廊下・トイレ・脱衣室・浴室)においても室温を一定水準に保つことが必要です。

先述の結果から判断すると、廊下・トイレの室温は15℃以上。

裸になる脱衣室・浴室の室温は20℃以上が必要温度となります。

また高齢者の場合には浴室・脱衣室の室温20℃でも不十分であることが判明しています。

今回で、ご紹介も終了です。

読めば読むほど、健康と住まいの関係がわかる一冊です。

家づくりに関わる方、そして健康に良い家に住みたい方には目を通して戴きたい一冊だと思います。

 

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

配筋工事継続中

2017年11月11日 14時44分06秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

 

天気が続いています。

『FPの家 K邸』

鉄筋組立工時、継続中・・・。

昨日に比べると、随分進んでるでしょ?

捨てコンの白が、徐々に鉄筋のグレー色に変わって来ました。

ユニット鉄筋同志の繋ぎ目を撮ってみました。

鉄筋を組んでいくと、鉄筋を足さなければいけない時があります。

これを継手と言いますが、その時に使うのが『重ね継手』です。

一般には、40以上となっています。

とは鉄筋の太さのことで、鉄筋の太さが13mm(D13)であれば520㎜以上重ねなさい。10mm(D10)であれば400㎜以上重ねなさいという意味になります。

弊社の場合、主筋の太さは16mm(D16)ですから640mm以上重ねる必要があります。

でも、この話は現場組みの鉄筋の場合に限ります。

ユニット鉄筋同志の繋ぎ目の場合は、必要な長さの鉄筋を用意し、それをユニット鉄筋に添え、定着長さを確保しなければなりません。

1つの継ぎ目に3本の鉄筋がある訳ですから、重ね継手の長さは倍必要となります。

ユニット鉄筋は施工手間や材料の節約が出来ると言いますが、重ね継手を見る度に「却って無駄が多い気がするなぁー。」なんて考えてしまいます。

写真のコーナー継手も同様です。

L型に曲げた鉄筋を用意し、これを左右の鉄筋に添わせ結束します。

昨日ご紹介した『手ハッカー』と言われる道具を撮ってみました。

これを使い、写真の結束線で鉄筋同志を縛ります。

下記のページで、手ハッカーの使い方を紹介している動画を見ることが出来ます。

興味のある方は、是非ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=3Yx1a2gB0g4

結束線で耐圧盤の鉄筋を結束した部分を撮ってみました。

上の写真を良く見ると、青いチョークで印が書かれているのが判ると思います。

捨てコンに書かれた鉄筋の墨となります。

この墨の位置に鉄筋を並べれば良い訳です。

どんどん、鉄筋が組み立てられていきます。

地中梁筋

外周部立上り筋

内部立上り筋

基礎伏図の通りに、組み立てられています。

まだまだ、時間がかかりそうですね。

引き続き天気が続くことを願います・・・。

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒートショック

2017年11月11日 08時00分00秒 | 健康住宅

 健康に暮らすための住まい住まい方 エビデンス集

技報堂出版 刊

健康維持増進住宅研究委員会/健康維持増進住宅研究コンソーシアム 編著

編集協力 一般社団法人 日本サスティナブル建築協会

という書籍を購入しました。

定価2800円+税

少し高いけど、中々良い本だと思います。

機会があれば、皆さんも是非ご一読ください。

前回に続き、本文中にあるヒートショックに関する記事を一部抜粋させていただきます。

入浴死は圧倒的に高齢者に多くなっています。

その理由は、温熱環境に対する高齢者の心理・生理反応に特徴があるためと思われます。

以下にその特徴を示してみましょう。

①血圧変動

人体が寒冷に曝されると血圧が上昇し、高齢者では特にこの傾向が強くなります。

寒冷(10℃)に伴う最高血圧の経時変動を調べてみると、高齢群と若年群の寒冷曝露前の最高血圧には平均25mmHgの差が認められ、前者が有意に高い。

寒冷曝露直後、若年群が平均5mmHg上昇したのに対し高齢群では平均21mmHgと急激な上昇を示しました。

以後、若年群ではやや低下するものの、高齢群では最高血圧はさらに上昇しています。

同様にCollinsらは冬のパジャマ姿で6~15℃に2時間曝した際の高齢者と若年者の血圧変動を調べました。

上図のように、室温6℃では若年者の血圧は上昇後ほぼ安定したらに対し、高齢者の血圧は上昇し続けました。

室温12℃では、若年者の血圧はほとんど上昇しないのに対し、高齢者では血圧上昇が著しく、血圧の変動から見れば『高齢者の室温は最低でも15℃以上必要』と報告されています。

北関東の戸建住宅に居住する高齢者42名の居間と脱衣室の室温を冬季に調査したところ、平均で15.0℃/13.5℃に過ぎず、平均湯温は40.8℃となりました。

なお夏季は平均で居間28.5℃、脱衣室28.5℃、平均湯温40.1℃となっています。

同時に入浴に伴う高齢者の収縮期血圧の変化を測定しましたが、寒い脱衣室で裸になると血圧は上昇し、平均で155mmHgにも達しました。

熱い湯に入ると皮膚血管の拡張により心臓への血液還流が減少し、収縮期血圧は急に低下(平均15mmHg)しました。

比較のため、夏季における入浴に伴う収縮期血圧の変動も調べましたが、夏季には血圧の変動はごく小さくなっています。

また冬季における大きな血圧変動は、室温により大きく影響を受けることも認められました。

さらに日本の高齢者は、厚着をすることにより低い室温に対処することが多くなっていますが、高齢者の健康や安全を考えると問題が多いと思われます。

いくら着衣量を増加しても顔や手・気道は寒気に曝され、その刺激により血圧が上昇することも知られています。

しかも着衣量の増加は運動性の低下を招き、転倒事故の危険を増やします。

高齢者の居室では、出来るだけ着衣量を増やさず、室温を健康・快適域に保つ必要があります。

②温冷感

高齢者と若年者を裸体で10℃前後の寒冷に曝し、生理機能を測定する実験を行いました。

前者は寒さによる不快の訴えが少ないことが50年ほど前に報告されています。

そこで寝間着程度の着衣で10℃の寒冷に50分間高齢女子を曝し温冷感覚を測定、女子学生と比較してみました。

その結果、30分間以上経過した後では両群に温冷感の差異はないものの、寒冷室曝露直後の高齢者の寒さの訴えは有意に少ない。

すなわち高齢者では寒さに対する感受性の遅れがあり、寒さを容認しやすい事が示された訳です。

さらに英国の低体温傾向(体温35.5℃未満)にある18人の高齢女子に対して行った面接調査では、興味深いことに

「もっと部屋を暖かくしたい」と答えた人は3人。

「経済的余裕があれば、もっと暖房したい」と答えた人は6人。

残り半数の9人が「このままで良い」と答えています。

つまり高齢者の中には、居室温度がかなり低いにも関わらず、寒く不快と感じない者が多数存在する訳です。

この温度変化に対する高齢者の感受性の低下や、寒さに対する感受性の遅れの原因には、皮膚からの情報の減少が考えられます。

指先の温度識別能力は50歳位までは約0.5℃であるのに対し、65歳以上のそれは1.0~5.0℃。

温感・冷感の温度識別能力が加齢により著しく低下する事は既に知られていて、高齢者の単位面積当たりの冷点・痛点頻度は若年者に比べて少ないことも報告されています。

明日も、この続きをご紹介したいと思います。

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

配筋工事始まりました。

2017年11月10日 14時22分41秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

 

今日の練馬は薄曇り。

風も無いし、それほど寒くありません。

現場の人間としては、雨が降らないだけで良し!とすべきなんですが・・・。

やっぱり、気持ち良い晴れを期待しちゃいます。

『FPの家 K邸』

今朝から鉄筋の組立を始めています。

現場には、朝一番でユニット鉄筋と3種類の鉄筋が納品されました。

無加工の鉄筋もあれば、先端を曲げた鉄筋もあります。

こちらはユニット鉄筋ですね。

 ユニット鉄筋とは、鉄筋を現場で加工せず、事前に工場で溶接加工を行い組み上げた鉄筋の事

精度の良い均一な施工と現場の省力化が図れます。

弊社では、地中梁や立上り部分の鉄筋をユニット鉄筋にしています。

でもユニット鉄筋同志の継手やコーナー部分は、現場で手組みするしかありません。

その為に3種類の鉄筋が用意してある訳です。

3種類とは、基礎図面にある以下の鉄筋です。

①太さ16mmの異形鉄筋/D-16

②太さ13mmの異形鉄筋/D-13

③太さ10mmの異形鉄筋/D-10

また耐圧盤部分の鉄筋も現場にて手組みしているので、これらを使うことになります。

一番最初の写真中にあった先端が曲がった鉄筋、実は耐圧盤用の鉄筋だったんです。

まずは、外周部立上り筋を配置し、継手部分に鉄筋を添わせ、なまし鉄線で結束します。

写真は、結束機と言われる電動工具で鉄筋を結束している様子です。

以前はハッカーと言われる工具を使う職人さんが多かったのに、今ではほとんどの方がコレを使っています。

鉄筋の下端にはスペーサーを置かれていて、その上に鉄筋が載せられています。

樹脂製もしくはコンクリート製の小さなブロックですが、コレって凄く重要な部材なんです。

鉄筋を空気中に放置すると、錆びてしまいます。

びることを酸化と言いますが、これは空気中の二酸化炭素などによって 鉄が酸化してしまうために起こる現象です。

でも、コンクリート中の鉄筋は錆びません。なぜだと思いますか?

それは、コンクリート内部に多量に存在する水酸化カルシウムと関係しています。

セメントから供給される水酸化カルシウムは、コンクリートをpH12以上という高いアルカリ状態に保ちます。

この時、鉄筋には不導体被膜という薄い酸化化合物の皮膜が形成され、錆びから保護される訳です。

だからコンクリートの中に入っている限り、鉄筋が錆びることはありません。

ただし、コンクリートが『中性化』しなければ・・・。

中性化(ちゅうせいか、Carbonation)とは、二酸化炭素によって生じる、鉄筋コンクリートの劣化のひとつです。

 コンクリートは外部からの炭酸ガスの侵入によってアルカリ性から中性になってしまいます。

そうなると鋼材の不動態被膜は失われ、耐腐食が低下します。

つまり錆びてしまう訳です。

中性化の進行度合いはコンクリートの調合によって左右されますが屋外部位では打設65年後で1cm~3cmと言われています。

これはコンクリートの置かれる状況によってかなり変わり、実際の予測は難しいそうですが・・・。

 

ちなみに建築基準法施行令第七十九条では、耐久性上必要なかぶり厚さを以下のように定めています。  

 

鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐力壁以外の壁又は床にあっては2cm以上。

耐力壁・柱又は梁にあっては3cm以上。

直接土に接する壁・柱・床若しくは梁又は布基礎の立上り部分にあっては4cm以上

基礎(布基礎の立上り部分を除く。)にあっては捨コンクリートの部分を除いて6cm以上としなければならない。

このかぶり厚さを確保するために必要な部材がスペーサーブロックなんです。

縦・横・厚さの寸法がそれぞれ異なっていて、必要なかぶり厚さに応じて使い分ける事ができます。

先程の写真であれば、基礎(立上り部分を除く)ですから、かぶり厚さは6cm以上になります。

スペーサーブロックを縦にすればちょうど6cmですから、これに載せれば良い訳です。

捨てコンが平らに仕上がっていれば問題ありませんが、もしも平らになっていなかったり、捨てコンを打設せず砕石だけの場合は注意が必要です。

スペーサブロックの据付面よりも高い部分があれば、その分かぶり厚さが不足することになります。

また砕石の場合であれば、鉄筋の上に載った際、重さで沈むこともあり得ます。

スペーサーブロックのサイズを決める際には、充分配慮する必要があるでしょう。

瑕疵保険会社による配筋検査時のかぶり厚さ不足の例を挙げてみました。

参考までにご確認ください。

http://www.kenchiku-gmen.or.jp/file/kekkankenchiku02012.pdf#search=%27%E7%A0%95%E7%9F%B3%E5%9C%B0%E6%A5%AD%E3%81%A8%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%27

捨てコンを打設すれば、こんな間違いなんて起きないのに・・・。

なんで、捨てコンを省略しようなんて思うんだろう・・・。不思議です。

現場では、少しづつ鉄筋の組立が進んでいます。

瑕疵保険会社による配筋検査は来週の金曜日の予定ですから、それまでに完了させなければなりません。

明日以降も、鉄筋組立の様子をご報告したいと思います。

天気が続くと良いんですけど・・・。

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)