練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

隙間の大きさを測りました。

2017年06月30日 17時48分53秒 | 気密処理・気密(C値)測定・Q値

今日の練馬・板橋は梅雨らしい天気となりました。

ジメジメと湿度が高く、雨もシトシトと降ったり止んだり。

とにかく蒸し暑いったらありゃしない!

カラット爽やかな空気の高原にでも行きたい気分です。

『FPの家 T邸』

気密性能測定を行いました。

簡単に言ってしまえば、気密測定はこんな感じに行います。

①全ての開口部を塞ぎます。

②測定器を設置する開口部を決め、窓を開け、そこに気密シートを貼ります。

③気密シートに穴を開け、測定器の筒状の部分に貼りつけます。

④家に隙間が無ければ、測定器の筒状の部分だけが外気に通じる穴になる筈。

⑤ここから空気を吐き出せば、室内空気は段々と薄くなり排気はいずれ止まる事になります。

でも、そんな筈ないですよね。

隙間は必ずあります。

隙間が大きければ、排気量を増やしても隙間から空気が入ります。

隙間が小さければ、そうはいきません。

この差(差圧)を測定して、隙間の大きさや塊り具合を測るのが気密性能測定です。

2階のタテスベリ窓に機械を据え付け、お客様に気密測定の仕組みや意義をご紹介します。

レクチャーしてくれるのは、いつものK氏。

大ベテランの気密測定技能者です。

ある程度の差圧が発生した時点で、窓に貼られた気密シートを手で叩いてもらいました。

ボンボンといい音がします。

外気に比べて室内空気は薄くなっていますから、建物全体が大気に押されている状態にあります。

最初はダラーンとしていた気密シートも、パンパンに張っていてまるで風船のようです。

気密性が低い建物の場合は、こんな現象はおきません。

試しに窓を少し開けてみました。

気密シートはダラ-ンとしてしまい、叩いてもいい音がしません。

風量をどんどんと上げながら、5つのポイントを測定します。

測定完了です。

全ての隙間を合計すると面積は19㎠になる事が判りました。

4.3cm×4.3cmほどの大きさになります。

これを実質延床面積で割れば相当隙間面積(C値)となります。

C値は、省エネルギー住宅(健康・快適住宅)の目安になる数値です。

一般的にはC値2.0㎠/㎡以下が高気密住宅と言われます。

FPの家 T邸は狭小地に建つ3階建て。

外皮が大きい割に床面積が小さいため、C値的には不利となる傾向にあります。

不安です・・・。

C値は0.3㎠/㎡となりました。

隙間特性値も1.50を超えています。

やっぱり・・・。

残念ながら、弊社として満足いく数値ではありません。

でも、原因は事前にわかっていました。

今回採用したLIXIL社のアルミ樹脂複合サッシは、固定網戸をサッシ溝に押し込むスタイルになっています。

この溝中に水抜き穴があり、ここから空気が漏れてしまいます。

完成気密であれば、パッキン状の固定網戸が入るためこの穴は塞がれますから問題にはありません。

でも、網戸を付けていない状態で測定すれば、これが隙間になってしまいます。

そこにテープを貼ってしまえばいい事ですが、それはルール違反。

あえてそのまま測定しました。

床面積の割に開口部も多いし、引違サッシがあると条件は益々悪くなるんです。

もちろんお客様には、この点を説明しています。

隙間の合計面積の少なさに喜んでも頂けました。

でもなんか釈然としません。

樹脂窓ならこんな事ないのに・・・。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青森に来ています。

2017年06月29日 06時59分28秒 | 講演会・展覧会・勉強会

 

昨日から青森県五所川原市に来ています。

FPの家南関東の北日本グループ交流会に参加するのが目的です。

昨日はミライエECOタウンのモデルハウス6棟の視察とその取り組みをご紹介戴きました。

地元工務店6社による、分譲地を利用した建売住宅を期間限定でモデルハウスとして利用する取り組みです。

しかもお互いを敵ではなく、仲間とし営業活動も協力しています。2009年にスタートして以来、確実に契約棟数を伸ばしているんですよね。

色々と参考になりました。

生憎、撮影はNGでした。

今日は盛岡に移動して、FPの家倍増計画第3弾に参加します。

その報告は明日しますね。

さあ、朝食です。

そうそう、

こちらは、晴天。

湿度も50%台と快適です。

エアコンなんて必要ありません。

窓を開けて、風を入れればOKなんです。

処変われば生活スタイルも変わりますね。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご存知でしょうか?

2017年06月28日 08時00分00秒 | 健康住宅

今日は水曜日。

アセットフォーの定休日となっています。

久し振りに、室温と健康に関するお話を書きたいと思います。

約5000万戸の住宅ストックの断熱性能を示した資料です。

現行水準の断熱性能を確保できている住宅の割合は、なんと5%。

日本の家のほとんどは、断熱されていないと言う事です。

住まいの悩みランキングにも

暑い・・・26.9%

寒い・・・22.6%

結露・・・15.0%

と、その辺りのことがハッキリ出ています。

日本の家って、やっぱり『夏暑くて、冬寒い家』なんですよね。

朝起きた時の寝室の温度を示した資料です。

北海道以外は、寒い朝を迎えていることがわかります。

10℃以下の地域も珍しくありません。

何回もご紹介している資料ですね。

イギリス保健省が2010年3月に発表した『英国保健省年次報告』による冬季の室温指針となります。

推奨温度は寝室18℃/その他21℃とし、16℃未満の部屋に暮らすことには様々なリスクが伴うことを明示しています。

呼吸器系疾患

血圧上昇

心臓血管疾患

低体温症

高齢者になるほど、そのリスクが高まります。

寒い家は、お子さんやお孫さんにも嫌われているそうですよ。

子を持つ親が自身の実家に対して不満に思う事のTOP3は、全て寒さに関する内容です。

「おじいちゃんの家って寒くてイヤ!」

なんて言われない家がいいですよね。

こうした寒い家は、2020年をもって『既存不適格』な家になってしまいます。

今までの省エネ基準は推奨基準(おススメする最低基準)でしたが、2020年以降は義務基準(守るべき最低基準)に変わるからです。

法律に適合していない家の資産価値って低いんですよね・・・。

中古住宅の売買時に、『断熱・耐震性能の向上を義務化する』動きも活発化していると聞いています。

今後は耐震・断熱化改修の時代ということでしょうか

 

http://www.assetfor.co.jp

posted by Hoppy Red 

所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

呼吸する壁の深読

2017年06月27日 13時32分26秒 | お客様から教えていただくこと

お客様という訳ではありませんが・・・。

昨日、FB友達から教えて戴いた貴重なデーターを整理してみました。

工学院大学 西川研究室のレポートです。

かなりマニアックな話です。ご覚悟を・・・。


呼吸する壁の深読

はじめに

近年普及している高気密高断熱住宅において、外壁内の室内側に防湿フィルムを施工することが推奨されています。

防湿フィルムは室内で発生した湿気が壁内に侵入することを妨げ、内外の温度差によって発生する冬型の壁体内結露を防止する役割を担っています。

しかしながら、湿流が逆となる夏季に於いて防湿層は、壁体内から室内に湿気が移動することを妨げ、『夏型結露』の発生を助長することが懸念されています。

実験条件

実験条件を以下に示します。

計測期間:白色 2015年8月3日~8月18日/黒色 2015年8月20日~8月27日

計測間隔:5分間隔

測定範囲:温度0~55℃/相対湿度10~95%

測定精度:温度±0.3℃/相対湿度±5%

実験場所:東京都八王子

方位:南

室内設定温度:25℃

室内設定相対湿度:60%

実験期間は2015年8月3日から8月27日、工学院大学八王子校舎の居住環境制御システム比較実験装置にて実験を行いました。

また通気工法及び遮熱通気工法においては、外壁色の違いによる壁内の熱湿気性状への影響を比較するため、サイディングを交換しました。

その期間は、白色が8月3日から8月18日の16日間。黒色が8月20日から8月27日の8日間です。

供試体概要

供試体は図に示すように650mm×1600mmとし、木枠の中に間柱を設置し両脇を緩衝空間、中央を評価対象としました。

 

供試体は上下方向に空気の移動がない枠組み壁工法や高気密の在来木造住宅を想定したものであり、その上下端はポリエチレンシートによって断湿しています。

通気層工法は木造住宅工事仕様書に準じ、室内側に防湿層、室外側に通気層を設けた断面構成です。

外張り断熱工法は通気層を設けず外装材に断熱材を用いた断面構成であり、遮熱通気工法は通気層の間に低放射率材料として、気泡緩衝材をアルミ箔で挟み込んだ建材を用いています。

それぞれの工法の防湿層は周囲の湿度に応じて透湿抵抗が変化する『可変透湿シート』を用いますが、通気層工法に関してはそれに加え、一般的な防湿フィルムを施工した供試体で実験を行いました。

断面構成は断熱材にグラスウールと木質繊維断熱材の2種類、外壁色は外張り断熱工法を除いて白・黒の2種類のため、実験に用いた外壁の断面構成は合計で14種類になります。

外界気象計測

外界気象の計測は、実験室屋上に設置された通風乾湿計により外気温度・相対湿度を計測。

実験室南面外壁に設置された精密全天日射計により屋外垂直面日射量の計測を行いました。

壁体内部の温湿度分布

外界気象と夏季日中における各壁体内部の温度と相対湿度分布を代表日別で以下に示します。

白色代表日の8月6日、黒色代表日の8月22日は共に晴天日。

外壁の屋外側と室内側に大きな温度差が生じていますが、8月17日は雨天日のため、内外の温度差はほとんど生じていません。

白色代表日の8月6日と黒色代表日の8月22日を比較すると、外壁色による日射吸収率の違いから、外壁表面温度は黒色代表日の方が7℃程度高く、日射の影響を受けやすいことがわかります。

夏型結露は多孔質材料の昇温による放湿が原因にあることから、外壁色は白色系の方が発生しにくいと言えます。

外張り断熱工法や遮熱通気工法を採り入れることにより、日射の影響は抑制されることもわかりました。

木質繊維断熱材の吸放湿特性

下図に白色代表日での断熱材室内側における相対湿度の計測結果を示します。

全ての工法で木質繊維断熱材の相対湿度は低く推移しています。

日中の温度上昇に伴い胴縁や外装下地から放出された水蒸気が、グラスウールを用いた外壁ではそのまま室内側に移動するのに対して、木質繊維断熱材を用いた外壁では断熱材自体が吸湿を行ったためと推察されます。

可変透湿シートによる透湿性

防湿フィルムが用いられている通気工法と可変透湿シートが用いられている通気工法を比較すると、日最高相対湿度は前者98%に対して後者は94%でした。

この差は時間経過と伴って増大していて、18時の時点での壁内相対湿度は前者94%、後者84%。24時の時点で前者79%、後者64%となりました。

これは壁体内が高湿な状態となった際に可変透湿シートの透湿抵抗が小さくなり、室内空間へと湿気を逃すことで壁体内の相対湿度が減少する傾向が表れていると考えられます。

また冬季において、可変透湿シートは防湿フィルムに比べ約10%高く推移しているが、一日を通じて70%を下回っており、『冬型結露』は発生しないと予想されます。

壁内相対湿度の発生頻度

実験期間(24日間/576時間)を通じての断熱材室内側における相対湿度の発生頻度を以下に示します。

グラスウールを用いた外壁AからDにおいて、壁体内に結露水が生じるとされる相対湿度95%以上となる状態は

A:37.5時間

B:7.9時間

C:0時間

D:0時間

また木質繊維断熱材を用いた外壁EからHにおいては、相対湿度が80%を上回る事も無く、壁内結露は生じないものと予測されます。

報告は以上です。

結論を簡単にまとめると以下のようになります。

①室内側に防湿フィルムを施工したグラスウールの壁体内に夏型結露は発生する。

②防湿フィルムを可変防湿シートにする事で、その度合いは減少する。

③可変透湿シートを使用しても、冬型結露の発生が増大することはない。

④外張り断熱工法および遮熱通気工法も、夏型結露においては有効な対策となる。

⑤外壁は白色より黒色の方が壁内温度は上昇する。

⑥遮熱通気工法は壁体内温度上昇対策においても有効である。

⑦室内側に防湿フィルムを施工した木質繊維断熱材の壁体内に夏型結露は発生しない。

やはり、蒸暑地における調湿性のないグラスウールの壁はどんなに防湿施工を徹底していても夏型結露を防ぐことができないようですね。

グラスウールを採用するならば、可変透湿シートの採用は必須でしょう。

いゃー、木質繊維断熱材の調湿性能には驚きましたね。

でも、室内側の防湿フィルムを省略したらどうなるのでしょうか?

確実に相対湿度は上がり、断熱性能は下がります。

どの位の湿度になるのか、興味津々です。

あいにく今回の実験に発泡プラスチック系断熱材は含まれていませんでした。

でも断熱材自身が防湿層を兼ねる硬質ウレタンも、確実に夏型・冬型を問わず結露を防ぐことが出来ます。

なんとなく実在を疑われていた夏型結露でしたが、グラスウールの家には存在するようですね。

あなたの家は大丈夫ですか?

S様、貴重なデーターありがとうございました。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

窓の重要性

2017年06月27日 08時00分00秒 | 省エネ住宅の基本

家全体の断熱性能を高めるためには、窓の性能強化が有効です。

何故なら、窓は家の中で熱の出入りが最も多い場所だから。

上のイラストは冬に窓から逃げる熱の様子を示したもの。

外気温-1.2℃/室温20℃の場合、アルミ樹脂複合窓の熱損失は家全体の33%。

樹脂窓は24%になります。

その差、9%。大きいですよね。

住宅の高断熱化を行う際には、アルミ樹脂複合窓よりも樹脂窓の方が効果的ですよ。

窓の断熱性能を断熱材で置き換えてみました。

一般的な壁に使われるグラスウール16Kの厚さは100mmです。

プラチナFPパネルであれば、44mmの厚さに相当します。

これに対して、それぞれの窓はどの位の厚さに相当すると思いますか?

①アルミ窓+Low-E複層ガラスの場合

グラスウール16K換算で、なんと7mm。プラチナFPパネルであれば、3mmにしかなりません。

②アルミ樹脂複合窓+Low-E複層ガラスの場合

グラスウール16K換算で、なんと15mm。プラチナFPパネルであれば、6mmにしかなりません。

③樹脂窓+Low-E複層ガラスの場合

グラスウール16K換算で、なんと30mm。プラチナFPパネルであれば、13mmにしかなりません。

④樹脂窓+Low-Eトリプルガラスの場合

グラスウール16K換算で、なんと55mm。プラチナFPパネルであれば、24mmにしかなりません。

 国内最高水準のレガリスに至って、ようやくグラスウール16K換算で、110mm。プラチナFPパネルで、48mmになります。

まだまだ、窓の性能って低いんです。

それにしても、①の窓の性能ってひどいですね・・・。

いくら壁や天井・床の断熱材を厚くしても、窓の性能がこれでは駄目。

建売住宅や一部の注文住宅では、未だに採用されているんですから驚きです。

窓の性能は低い・・・。

だから昔の高断熱・高気密住宅は窓を少なく、小さくする傾向にあったんです。

ナ・ル・ホ・ド・・・。

でも、窓を大きくするメリットもあります。

①窓の配置を上手に行えば、風を採り入れ、涼感を得ることが可能、冷房エネルギー削減も図れます。

②太陽光を採り入れ、照明エネルギーの削減を図ることが可能です。

③日射取得率の高いガラスを採用すれば、冬季の暖房エネルギーの削減を図ることも可能です。

天気が良く湿度のちょうどいい日であれば、窓を開けることで換気エネルギーの削減を図れます。

ただし、視線などのプライバシー確保や防犯性・防臭性などに対する注意も必要です。

結局、窓の選択&配置・形状・大きさは設計者の知識&能力に頼るしかありません。

でも、①の選択はあり得ないと思います。

YKKapのカタログよりイラストを転載させていただきました。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

殺虫剤

2017年06月26日 18時53分34秒 | 健康住宅

たびたびお話していると思いますが、弊社の事務所の断熱性能はダメダメです。

RC造のマンションの1階で、上階はありません。エアコンの室外機が何台も置かれているだけ。

床スラブの上にOAフロアーを設置、断熱材も入れていません。

北西道路に面していて、一面ガラス窓になっています。

前回、西側に真空ガラス、北側にアタッチメントペアガラスを入れましたが、フレームはアルミのままになっています。

西日が当たる時間は、ジリジリとした陽光でグングン上がる室温を下げるのが大変。

裏口と正面ドアを開けて風を入れる場合も多いんですが、そのせいか『』が多いんですよね。

結局『蚊取線香』のお世話になります。

でも、蚊取り線香に含まれる成分『ピレステロイド』と私って相性が悪いようなんです。

線香の煙を吸うと、喉がヒリヒリするんです・・・。

そんなある日、FB友達が弊社に顔を出してくれました。

その時、手渡された書類が

健康な妊娠・出産を支援する米国妊娠協会 妊娠中の殺虫剤暴露』と書かれた印刷物。

なんだか物騒な話題ですよね。

でも、実にタイムリーです。

その内容を、そのまま転載したいと思います。

特に成分を特定している訳ではありません。あくまでも殺虫剤全般が対象のようですね。

 

殺虫剤への暴露は、成人・子供を問わず健康への影響が懸念されますが、妊娠している女性は特に注意する必要があります。

女性が家庭で殺虫剤スプレーを使用するのは、例えば花壇の害虫・ノミ・蚊・アリ・ゴキブリなどの駆除のためです。

殺虫剤には昆虫の神経系統を攻撃して殺すための化学物質が含まれています。

妊娠初期の3か月間に、あなたの赤ちゃんの神経系統は急速に発達しますので、この時期はどんな形でも殺虫剤に接触してはいけません。


妊娠時、農業用殺虫剤に暴露しても安全ですか?

殺虫剤暴露の危険性は、妊娠初期の3か月、特に神経管が形成される最初の3~8か月が最も高いとする複数の研究報告があります。

あなたが殺虫剤を使用している農場の近くに住み、妊娠に気づいた場合は、薬剤への暴露を避けるため転居をするようお奨めします。

農業殺虫剤と先天性障害・妊娠合併症・流産との相関性に関する報告を記載している専門誌にはつぎのようなものがあります。

Annals of Oncology,Toxicology and Applied Pharmacology,Journal of Neuroscience,Occupational Environmental Medicine,the American Journal of Public Health


家庭用殺虫剤に妊娠中暴露しても安全ですか?

最も安全な原則は、妊娠している婦人は出来る限り殺虫剤を避けることです。

先天性障害を調査しているカリフォルニア先天性障害モニター協会(CBDMP)によれば、4人に1人の女性は自宅で殺虫剤に暴露しています。

同じ報告は、妊娠している女性がガーデニング用殺虫剤に暴露すると、口唇裂・神経管欠陥・心臓血管・四肢欠陥のリスクがある程度高まると結論しています。

農場から400m以内に住む婦人も胎児の神経管欠陥のリスクが増加するといわれています。

環境衛生展望誌(EHP)第110巻は、屋内で殺虫剤に暴露した子供は、白血病のリスクが高まると報告しています。

また、このリスクは、妊娠初期の3か月に暴露した場合や屋内で駆除業者が害虫駆除した場合に高くなると付記しています。


天然殺虫剤に妊娠中暴露しても安全ですか?

これらの殺虫剤に含まれるのは、天然の植物中に存在する毒物です。

一見健康的に聞こえますが、『有機』とか『天然』という言葉が『よりよい』や『より安全』と同意義ではありません。

天然の化学物質も含め全ての化学物質は正しく扱わないと潜在的に有害です。

使用する前に、殺虫剤容器ラベルの注意書きを必ず読んでください。


妊娠時の殺虫剤使用について役立つ情報

殺虫剤に暴露したと気づいてもパニックを起こすことはありません。

①本当に危険なのは長期間あるいは高濃度の暴露です。

犬のノミを駆除で殺虫剤がかかった程度では、おなかの赤ちゃんへの悪影響は小さいでしょう。

②安全を期して、妊娠中は屋内・ペットの世話・ガーデニングなどで殺虫剤を使用するのは避けましょう。

特に赤ちゃんの神経管や神経組織が形成される妊娠初期の3か月は殺虫剤を使用しないでください。

③自宅やペット、庭でどうしても殺虫剤処理が必要な場合は、暴露の可能性を低くするため、次のガイドラインに従ってください。

・殺虫剤の使用を他の人に頼む。

・容器ラベルの記載を参考に、一定期間、殺虫剤使用区域から離れる。

・殺虫剤を使用する区域から、食品・食器・台所用品を移動する。

・住居内で殺虫剤を使用したら、食事を調理する区域を洗浄する。

・殺虫剤を使った後は窓を開け、家の中の空気を入れ替える。

・ガーデニングの際、殺虫剤の付着した植物に触れないよう保護衣を直用する。

万一殺虫剤が肌にかかったり、吸い込んだり、飲み込んだりした場合は、殺虫剤容器を持って日本中毒情報センターに電話してください。(2007.3/最終改訂)

http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf

思った以上に、影響が大きいようですね。

でも、使わない訳にもいきません・・・。

木材腐朽菌やシロアリには有効な『ホウ酸』も、殺虫剤には使えないそうです。

残念・・・。

使用時には、最大限の注意が必要だという事を肝に銘じたいものです。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完成現場見学会、終了しました。

2017年06月26日 08時00分00秒 | 見学会・イベント・お知らせ

『FPの家 T邸』

完成現場見学会、無事終了しました。

小雨降る中、テントを張ってスタートした今回の見学会。

朝9時過ぎに1番目の方がお見えになり、最後の方は17時過ぎまで。

ちょうどいい感じに充実した見学会でした。

今回のコンセプトは『ネコもヒトも快適に暮らせる高断熱・高気密&自然素材の家』。

いつもと変わらない会場のセッティングにも、少しだけ変化が加えられていました。

透明なキャットウォークにネコの足あと。

キャットステージにはネコのシルエット

至るところに『ネコアピール』です。

ネコが引っ掻いても破れない網戸

ネコ用トイレの設置スペース&電源

ネコのための留守中の温熱環境にも気を配りました。

弊社初めての試みです。

従来の燃費表示だけではなく

ナイトパージのススメ

スノコの窓外設置

通風&日射遮蔽についてのレクチャーも表示させていただきました。

 

雨のせいか、外気温度は25℃。風速1.0m/S程度の風も吹いていて体感温度は寒1.9℃。

寒いくらいです。

前日からエアコン設定を冷房27℃にしていた室内の方が暖かく感じます。マズイ・・・。

慌てて、ドライモードに変更しました。

室温25.1℃/相対湿度63.8%でお迎えです。

出来れば湿度60%以下にしたいところですが、外の湿度78%超に比べれば充分快適です。

自然素材&計画換気がつくる空気感を、たっぷり体感していただきました。

ロフトに上がる梯子は、お子様に大人気。

何回も昇り降りしていました。

ミーレ食洗機は相変わらず評価が高いですね。

手動昇降式水切台および階段下トイレも、お褒めいただきました。

 

会場周辺の方、現在打合せ中の方、弊社HPにアクセスいただいた方等々・・・。

ご来場いただきありがとうございます。

会場をご提供頂いたT様、ありがとうございます。

昨日戴いたご縁を大切にしたいと思います。

短い時間です。

伝えきれなかった事が、まだまだたくさんあります。

当日、お見せできなかった資料もたくさんあります。

是非、弊社にお越しください。

ゆっくりとお話ができればと思います。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木質内装材

2017年06月25日 08時00分00秒 | 健康住宅

生憎の雨、梅雨に逆戻りです。

せっかくの完成現場見学会なのに・・・。

こんなデーターを見付けました。

出典:愛知県教育大学 橘田名誉教授による『木のまち・木のいえリレーフォーラム イン松本』のパネルディスカッション発表

木造校舎とRC造校舎の湿度環境を示したものです。

床付近および床から1.0mの高さの両方で、木造校舎の方が相対湿度・相対湿度80%以上の時間割合が低いことがわかります。

躯体の木材が空気中の湿度を吸収し、湿度を下げているんでしょうね。

じめじめした梅雨時期には、とてもうれしい『木の持つ特性』のひとつだと思います。

出典:早わかり木の学校(文部科学省)愛知県教育大学 橘田名誉教授による『木造校舎と鉄筋コンクリート造校舎の比較による学校・校舎内環境の検討・科研費報告書1992』

湿度だけではありません。季節外れの話題ではありますが、採暖時の周壁温度にも違いがはっきりと出ています。

湿度や温度を調節する、木の持つ優れた特性について少しだけご紹介したいと思います。

こちらも先程の橘田名誉教授の資料です。

低温環境下における床材質の違いによる自覚症状の比較

子供の実感

どちらのデーターも、木の持つ特性が子供達に効果的に働いていることを示しています。

当然健康にも影響を与え、学級閉鎖数には顕著な差が出ています。

また構造が木造で無くても、内装を木質化することで同様の効果が得られることも示されています。

木材は人の生理面や心理面に良い影響を与えます。

例えば特別養護老人ホームでの調査によると

木材を多く使用した施設と木材使用の少ない施設における対入居定員比は、それぞれ以下のような結果になっています。

インフルエンザに罹った入居者:16.2% / 21.4%

ダニ等でかゆみを訴えた入居者:4.4% / 5.4%

転倒による骨折などをした入居者:8.0% / 12.1%

不眠を訴える入居者:2.4% / 5.3%

この違いを大きいと捉えるのか、小さいと捉えるのか・・・。

本日、完成現場見学会が行われる『FPの家 T邸』は

紙クロス

無垢の床板

無垢の階段

無垢の建具

を使っています。

躯体に使った木材は、国産檜や国産杉。

接着剤や合成塗料も極力使用しないようにしています。

木の香り(フィトンチット)がリラックス効果を発揮してくれると思います。

朝10時~

会場でお待ちしています。

是非、お越しください。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試算してみました。

2017年06月24日 08時00分00秒 | 省エネ住宅の基本

朝から、ちょっとした試算をしてみました。

明日、完成現場見学会を行う『FPの家 T邸』をサンプルにしました。

建物概要は以下の通り

木造軸組工法/2階建て(ロフト付)専用住宅

延床面積:53.82㎡(ロフト面積7.59㎡除く)

UA値:0.47W/㎡K(外皮面積:185.24㎡)

一次エネルギー消費量:593MJ/㎡・年(削減率:29%★★★★★)

C値:0.2㎠/㎡

 

まずは必要暖房能力を以下の計算で算定します。

熱損失=Q値×床面積×(室温-外気温)

「あれ、UA値はあるけどQ値なんてどこにもないじゃん!」

Q値とは熱損失係数の事。

住宅の断熱性能を数値的に表したものです。

値が小さいほど断熱性能が高いことを表します。

外壁や天井・床などの各部位の熱の逃げる量(熱損失量)を計算し、各部位の熱損失量を合計したものを延床面積で割って求めます

またUA値は外皮平均熱貫流率。

以前使われていた熱損失係数(Q値)に変わる指標です。

値が小さいほど断熱性能が高いのは同じです。

各部位から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割って求めます

外皮面積は185.24㎡でUA値が0.47W/㎡Kですから、熱損失は

185.24㎡×0.47W/㎡K=87.06Wとなります。

これだけではありません。

UA値に換気による熱損失は含まれませんが、Q値にはコレを含める必要があります。

換気による熱損失は換気回数×0.35×気積で求めます。

0.5回×0.35×149.73㎡=26.20W

よって合計熱損失87.06W+26.20W=113.26W

これを床面積で割ればQ値になります。

Q値=113.26W/53.82㎡=2.10W/㎡K

ここでは、隙間から逃げる熱もカウントしたいと思います。

実質Q値を使いたいと思います。

Q値にC値/10を加算した値になります。

2.10W/㎡K+0.2㎠/㎡/10=2.12W/㎡K

C値が小さい為、あまり影響は出ていません。

でもC値が2.0であれば、

2.10W/㎡K+2.0㎠/㎡/10=2.30W/㎡Kになってしまいます。

けっこうな差だと思いますよ。

さあ、必要暖房能力計算に戻りたいと思います。

室温を19℃、外気温を5℃に仮定しました。

2.12W/㎡K×53.82㎡×(19℃-5℃)=1597.37W=1.59kw

計算の結果、この家に必要な暖房能力は1.59kwとなりました。

つまり2.2kw(6帖用)のエアコン×1台で、家中の温度を19℃にする事が可能という事です。

例えば定格冷房出力2.2kw(COP5.17)/定格暖房出力2.5kw(COP5.55)のエアコンを採用した場合の年間電気代を試算してみましょう。

暖房費はQ値×床面積×暖房負荷/COP×電気単価で算出します。

暖房時間は24時間/日×30日×4か月で2880時間

電気代は25円/kwhと仮定します。

2.12W/㎡K×53.82㎡×(19℃-5℃)×2880時間/5.55×25円=20722円

という結果が出ました。

ちなみに『建研の一次エネルギー消費量計算』による暖房エネルギーは12.432MJ/年。

これを電気代に換算すると、31844円になります。

この数字は、エアコン×3台を24時間×30日×4か月稼働した際の金額です。

その差、11122円。

電気代を採るか、快適性を採るか・・・。

弊社では快適性を採り、エアコンの設置台数を多めにしています。

FPの家 T邸の場合、1階に1台。2階に2台設置しています。

2階の2台は夏・冬で使い分けて貰います。

ロフトエアコンは夏用、寝室エアコンは冬用です。

家族それぞれ、快適の基準は違います。

各部屋ごとに温度管理が出来て、快適です。


夏の場合は、もう少し複雑になります。

暖房の時にはあえて無視していましたが

日射取得

内部発熱

が大きく影響するんです。

日射取得は窓から入る太陽熱の事。

掃出し窓1か所で600Wの電気ストーブの熱量に相当するそうです。

陽射しの入る窓の数と面積により熱量が決まります。

概ね5.4kw/日くらいの熱量と仮定します。

内部発熱は人や家電が出す熱量です。

大人1人当たり100W

家電は消費電力がそのまま熱量になります。

例えば標準的な冷蔵庫であれば500Wになります。

長時間使う物もあれば、短時間しか使わないものもあります。

内部発熱は43.2kw/日(1.8kwh)くらいの熱量とします。

では計算してみましょう。

室温を28℃、外気温を35℃に仮定しました。

2.12W/㎡K×53.82㎡×(35℃-28℃)+1800=2598.68W=2.59kw

計算の結果、この家に必要な暖房能力は2.59kwとなりました。

つまり2.8kw(10帖用)のエアコン×1台で、家中の温度を28℃にする事が可能という事です。

例えば定格冷房出力2.8kw(COP5.09)/定格暖房出力3.6kw(COP5.45)のエアコンを採用した場合の年間電気代を試算してみましょう。

冷房費も暖房費と同じ方法で計算します。

冷房時間は24時間/日×30日×4か月で2880時間

電気代は25円/kwhと仮定します。

2.12W/㎡K×53.82㎡×(35℃-28℃)×2880時間/5.09×25円=11297円

という結果が出ました。

内部発熱や日射取得がいかに効くかご理解いただけたでしょうか?

この2つの熱量、実は冬季の暖房費に良い影響を与えます。

夏季は室温を上げる要素になりますが、冬季は上げる要素になるんです。

外気温は常に変わります。

暖かい冬もあるし、涼しい夏だってあるでしょう。

計算を簡略化するために、一定温度にて試算しました。

実際にはもっと電気代がかからない筈。

外皮性能を高める事がいかに省エネに貢献するかをお知らせしたくて、こんな試算をしてみました。

かなり雑な計算です。

詳しい方が見たら呆れることでしょう。

でも、大体のイメージは掴めると思います。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

部品が届きました。

2017年06月23日 18時08分56秒 | メンテナンス

今日の練馬・板橋も蒸し暑かったですよー。

梅雨の中休みが続いて現場は助かりますが、体の方はしんどい・・・。

やはり歳でしょうか。

このところ、細かいメンテナンスの依頼が続いています。

朝一番で、外壁・屋根の塗り直し工事の乗り込みに立ち会って来ました。

築17年目のOB宅です。

2週間ほどの工事期間のうちに、空調機器の交換も行う予定です。

 

そして、先日伺った『ドアが開かなくなってしまったお宅』です。

依頼した部品『チューブラ錠』が届きました。

早速電話を入れ、ご在宅時間を確認し、修理に伺いました。

まずはドアレバーを扉から外します。

問題のチューブラ錠です。

扉から抜き取り

新しい錠を取付けます。

ドアレバーを再度取付けて修理完了です。

ドアレバーも相当年季が入っています。

そろそろ交換する時期かもしれませんね。

 

別件で、またしてもドアが開かないという電話が入りました。

こちらも築19年目のOB宅でした。

前回同様に扉をこじ開け、ドアレバー及びチューブラ錠を取外します。

錠の品番を確認、まだ在庫がある製品でした。

ラッチが掛からないようにテープでフタをして、今日の作業は終了です。

錠の発注を済ませました。

納品になり次第、取付に伺います。

 

現在と異なり、以前の現場では建具屋さんに金物の仕様をお任せにしていました。

当時の建具やさんも既に廃業しています。

その為、こうした不具合があった場合は、その都度金物の品番を確認しなければなりません。

現在は金物の品番を図面に記入し製品指定をしていますが、今回のように金物の交換をした時には、その仕様を図面に記入し今後のメンテナンス時に役立てたいと思いました。

家を長く使ってもらうためには、様々な問題に対処できる体制を整える事が必要になります。

図面の整備・保管も、法令順守すれば良いのではなく可能な限り詳細図やメーカーからの見積もりなどを含めて残さないといけませんね。

そろそろ、図面の保管場所・方法を考えないといけないかも・・・。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界では樹脂窓がスタンダードです。

2017年06月23日 08時00分00秒 | 省エネ住宅の基本

世界の樹脂窓の普及率はどの位だと思いますか?

アメリカは67%

ドイツは60%

イギリスは66%

フランスは69%

韓国は80%

中国は22%

そして日本は15%となっています。

窓の性能基準も随分と違うようですよ。

例えば

ドイツは全土で熱貫流率≦1.30

中国は厳寒地区で熱貫流率≦1.60~2.30/寒冷地区で≦2.00~2.50/夏暑冬冷地区で≦2.50~2.80

アメリカは北部地区で熱貫流率≦1.70/中北部地区で≦1.82/中南部地区で≦1.99/南部地区で≦3.41

そして日本は1・2・3地区で熱貫流率≦2.33/4地区で≦3.49/5・6・7地区で≦4.65となっています。

やはり日本は、断熱後進国のようですね。残念・・・。

写真は氷水を入れたコップを部屋の中に置いてサーモカメラで撮影したもの。

アルミコップは冷えやすいので、表面に結露が出来ます。

でも樹脂や木のコップは結露が出来にくく、熱を伝えにくいことがわかります。

樹脂窓の優れた断熱性がよくわかる写真です。

冬の外気温度が0℃になること、ありますよね。

室内温度が20℃であれば、アルミサッシは結露することになります。

でも、樹脂サッシや木製サッシは結露しません。

だから、世界のスタンダードは樹脂窓なんですね。

「樹脂って耐久性低いんじゃないの?」

樹脂素材にも様々なものがあります。

バケツや洗濯ハサミなど、家庭で日常的に使われている製品はポリプロピレン(PP)製が多くなっています。

これらに含まれた可塑剤は年月を経て放散し、白く退色し脆くなります。耐久性が低いのが特徴です。

でも樹脂窓や水道管に使われているのは塩化ビニール(PVC)。耐久性が高く経年劣化に強いのが特長です。

樹脂窓の場合は、紫外線に強いアクリル積層を行っているため耐候性も高くなっています。

ご存知でしょうか?

世界の国々ではあまり使われていないのに、日本では良く使われている窓があります。

そう、アルミと樹脂の複合窓(複合窓)です、

室外側はアルミ製、室内側は樹脂製となっています。

冷たい外気に触れたアルミフレームは冷たくなります。

でも室内側は樹脂製なので、室内の暖かさはフレームには伝わりません。

つまり結露が発生しにくい構造になっている訳です。

風雨や日光に晒される部分には、樹脂よりもさらに耐久性・耐候性が高いアルミが使われています。

樹脂窓よりも廉価。

でも、断熱性能は樹脂窓の方が高いようです。

なるほど、良いことづくめですね。

でも、先日のセミナーではこんな事を言っていました。

複合窓の場合、躯体に取付けるフィン(ひれ)はアルミ製です。

フィンが取り付けられる躯体は室内熱により暖かくなっています。

ここに外気で冷たくなったフィンが触れれば結露が発生します。

また窓廻りの隙間でも同様に結露が発生しています。

クロス表面やフレーム・ガラスについた水滴は拭けばいいですが、こうした水滴を拭く事はできません。

結果カビ・ダニの温床となり、健康被害を招くでしょう。

木材腐朽菌やシロアリの繁殖を招き、躯体の寿命を短くするかも・・・。

開口部廻りの断熱補強および防湿・気密施工は重要ですが、複合窓を採用する時はより重要となります。

また、水蒸気を外に排出するための防風・通気層も大切です。

ていねいにしっかり行わないと、上記発表の通りになりかねません。

こうした施工に自信のない方は、樹脂窓を使った方が間違いないでしょう。

コストを下げようとして複合窓を使ったのに、結露による被害を蒙り、修理費用にそれ以上の費用をかけてしまう・・・。

こんな事になりかねません。

ここ数年、徐々に樹脂窓が普及しているようですね。

値段が下がり、もっと使いやすくなることを願います。

もっとも、樹脂窓を採用して上がったコストは光熱費という形で確実に返ってくるんですよね。

それを知らない設計者・施工者・消費者がまだまだ多いだけなんです。

もっと、知ってもらわないといけませんね。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドアが開かなくなったら・・・。

2017年06月22日 19時00分00秒 | メンテナンス

築21年の弊社OBの方から電話を戴きました。

「ドアが開かなくなりました。」

「部屋に入れません。」

どうやら、ドアレバーとラッチの間の金具の経年劣化による摩耗が原因と思われます。

当時の図面を開いてみると、『東洋プライウッド』の枠付き建具を採用している事がわかりました。

数年前に、住友林業クレストと事業統合している会社です。

電話番号を調べ、電話してみました。

「部品供給は出来るけど、修理は行っていません。」との事。

まあ簡単な作業のようだし、自分で直そうと思います。

取り急ぎ部品の手配を済ませ、まずは扉を開けてきました。

その方法を、以下まとめましたので緊急の際にはお試しください。

お電話いただければすぐ対応させて戴きますが、念のため・・・。

①解除に必要と思われる道具

カッターナイフ・ナイフやスプーン・鋼製定規・プラスチック製カード等。

ハンガーのフック部・市販のS字フック・針金の先をS状に曲げたものでも代用できます。

②開錠方法

扉と枠の隙間に用意した道具を挿し込み、扉のハンドル横から枠に出ている金具(ラッチ)を引っ込ませる作業を行います。

上イラストのように、扉が開く側に作業者がいるのが条件です。

手順1.道具を枠と扉の間に挿し込みます。

手順2.ラッチにフックもしくは板状のものを引っ掛け、手前に引きます。

フック状のものであれば、手前に引きます。

板状のものであれば、奥まで挿し込み手前を上に傾けつつ、下に降ろします。

手順3.ラッチが引っ込んだ事を確認したら、そのままドアレバーを引きます。

そのまま扉を閉めてしまうと、また開かなくなってしまいます。

ラッチ穴に詰め物をするか、ラッチをテープで留めて、閉まらないようにしてください。

なお、扉が開く方に作業者がいない場合はこの方法では開けられません。

その際には、弊社までご連絡ください。

さすがに21年も経過すると、色々不具合も出てきますね。

まだ、メーカーに部品在庫があって良かった・・・。

手元に届き次第、修理に伺うつもりです。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリーニング、終わりました。

2017年06月22日 17時59分47秒 | 見学会・イベント・お知らせ

今日の練馬・板橋は晴れ。

梅雨の中休みというところでしょうか。

蒸し暑い一日となりました。

『FPの家 T邸』

クリーニングが終わり、エアコン及び換気システムを稼働しました。

前回に引き続き、現場の様子をチラリお見せします。

小上がり席の畳です。

正面に見える黒い金物は、壁付タイプのTVのためのブラケット金具。

しっかりとした下地を施工し、耐震性もバッチリです。

玄関収納と飾り棚。

鏡をあしらってみました。

トイレの扉が邪魔でしたね・・・。

クローゼット内の稼働棚です。

造り付カウンターと引出しユニット、化粧棚もついています。

17坪の狭小地に建つ、延べ床面積16坪あまりの2階建てです。

ロフトを足しても18.5坪しかありません。

でも、見所はたくさんあります。

いよいよ、完成見学会も3日後に迫りました。

是非、ご家族・お友達とお誘い合わせの上お越しください。

自然素材に囲まれた、第3種換気システムとエアコンがつくる快適空間をご体感いただけます。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

APWフォーラム2017

2017年06月22日 08時00分00秒 | 講演会・展覧会・勉強会

一昨日、定休日を利用して千代田区丸の内の東京国際フォーラムに行ってきました。

目的はコレ

APWフォーラム&プレゼンテーション2017

コンセプトは『2020年へ、ZEHで勝ち残る。

イマイチ惹かれないテーマではありますが、(一社)パッシブハウスジャパン 理事/松尾和也氏のセミナーを聴きたかったし・・・。

家族サービスを放棄して、出掛けてしまいました。(娘よ、ごめんなさい・・・。)

いつものように、早めに到着。(前から5列目のほぼ真ん中の席をGET!)

会場は、たくさんのセミナー受講者で溢れていました。

700名超の方が来ていたようですね。

YKKAP黒部工場を中心とした紹介映像からスタート

YKKAP執行役員 水上修一氏による新商品プレゼンテーション

独立行政法人 産業技術総合研究所/主任研究員 桜井啓一郎氏によるエネルギーの話

休憩&商品見学(事前に聞いていた商品ばかり・・・。目新しいものはありませんでした。)

予想を超える有意義な時間が続きます。

いよいよ、一般社団法人パッシブハウスジャパン/理事 松尾和也氏による話が始まりました。

その中の一部をご紹介します。

住宅の外皮性能とトータルコストの話です。

①改正省エネ基準相当の家(Q値2.7W/㎡K)

②HEAT20/G1相当の家(Q値1.9W/㎡K)

③HEAT20/G2相当の家(Q値1.6W/㎡K)

の3タイプの家をトータルコストで比較しています。

外皮性能を良くするほど、イニシャルコスト(初期コスト)が高くなります。

でも、その分ランニングコスト(運転コスト)は安くなります。

大事なのは、そのバランスです。

新築後10年までは、①が一番安いことになります。

でも10年を過ぎると、②が安くなります。

30年を超えれば、③が安くなります。

あくまでも住宅の寿命が30年超であればの比較です。

建売業者やローコストメーカーの建てる家であれば①で十分な訳です。

充分な防湿・気密施工を行っていない建物が多いので、長持ちしません。

長持ちはしないけど、とにかく初期投資額を下げたい。

でも、注文住宅がコレでは困ります。

せめて30年もつ家を建てるなら②が必要性能となります。

30年以上もつ家を建てようとするならば、③の性能がお得です。

ちなみに弊社がつくる標準的な住宅は②および③です。

目安として窓が樹脂アルミであれば②、樹脂窓であれば③となります。

高性能エアコンを設置する事で、建物自体の性能不足を誤魔化す事が可能です。

こうした『メカメカ住宅(スマート住宅)』の場合、10年もすれば普通の住宅になってしまいます。

設備の寿命を迎えれば、高性能でも省エネでもありません。

壊れるたびに高価な設備を買い直さなければ、省エネで快適な生活を続けることはできません。

やはり『すっぴん』の性能(外皮性能)で勝負すべきではないでしょうか。

上の写真は①②③の住宅の自然室温と外気温を比較したもの。

性能が高くなるほど、無暖房室の温度は高くなることを示しています。

自然室温と外気温の差を自然温度差といいます。

これを計算式にすると上のようになるそうです。

分母のQ値はコストで決まります。お金を掛ければ誰でも上げることが可能です。

でも、C値を下げる努力・工夫をしなければ意味がありません。

例えばQ値2.7の住宅もC値が5.0であれば、2.7+5.0/10=3.2になってしまいます。

C値は設計・施工の経験とていねいさで決まります。

また、気密性能測定を行わなければ評価できません。

暮らしやすさを実現しつつ、面積をより小さく出来れば自然温度差を少なくする上で有利となります。

設計力って重要なんですね。

分子の日射取得(夏であれば遮蔽)は、まさに設計次第。

パッシブ設計が出来るかどうかで決まります。

思った以上に快適・省エネ性能が変わるんです。

掃き出し窓(165cm×200cm)であれば、およそ600W(こたつ×1個分)の暖房機器に相当します。

南面に掃き出し窓が3つあれば、600×3=1800Wの電気ストーブを点けているようなもの。

どの窓をどの方位に設置するのか。

遮蔽部材をどうするのか。

上手に設計すれば、冬は室温上昇に役立ちます。

夏だって大丈夫。日射熱の侵入を未然に防ぐ事ができれば室温上昇を防げます。

家電や調理器具などによる内部発熱を減らすのは難しいですよね。

せいぜい使わない器具のコンセントを抜くとか、電球をLED化するというところでしょうか。

器具の消費電力を確認し、より少ない物を選ぶのも良いでしょう。

健康・快適で省エネな住宅をつくるには、高い断熱性能気密性能が重要です。

そして地域特性を踏まえた設計能力も重要になります。

機会があれば、別の話もご紹介したいと思います。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湿度対策が肝心です。

2017年06月21日 08時00分00秒 | 健康住宅

アセットフォーの連休2日目。

昨日に引き続き、換気の話を書きます。

空気が見えるものならば、汚れた服を洗濯するような気持ちになることでしょう。

でも残念ながら汚れた空気を見る事はできません。

空気の汚れに鈍感になっている人って、意外と多いんです。

昨日のブログで書いたように現在の高性能住宅は空気の逃げ場が少なくなっています。

そのため夏場は湿度が高くなる傾向となり、私達の生活と健康に大きなダメージを与えることになります。

湿度は高くなると『結露』やアレルギー疾患の原因となる『カビ・ダニ』の繁殖を引き起こします。

また低すぎれば『過乾燥』となります。

どちらも様々な問題を引き起こします。

そんなトブルメーカーの湿度と密接な関係にあるのが二酸化炭素です。

空気の汚れの元である二酸化炭素量が増えると、同時に湿度も上昇します。

さらにホルムアルデヒドなどの有害物質も、気温と湿度が高くなるとその放散量が増えるんです。

これらの事から『湿度』は空気の汚れ具合を判断する指標にもなる訳です。

湿度が上がる主な原因は日常生活にあります。

炊事・洗濯・料理はもちろん、私達自身の呼吸や観葉植物・生き物の飼育。

水蒸気が発生する事すべてが湿度を上げてしまいます。

家の中で発生する水蒸気の量は、4人家族で約10㎏/日。

換気の必要性がここにあります。

お宅では換気をしていますか?

この質問にあなたはどう答えますか?

「魚を焼く時に換気扇を回しています。」

「トイレやお風呂に入る時は換気扇のスイッチを押すよ。」

部屋の空気中には見えない様々な有害物質が散乱しています。

「なんとなく頭が重い。」

なんてことがあったとしたら、二酸化炭素濃度の上昇を疑ってみましょう。

夫婦2人の寝室は、寝ている間に基準値の4倍の二酸化炭素濃度になると言われています。

それに気づく事も無く、換気を怠っているケースが多々あるそうです。

湿度も当然高くなっています。

日々の健康や家全体の事を考えた時、適量の新鮮空気を連続して行う事が重要です。

少しの量の換気を絶えず行うことで、不快感もなく室内の汚染物質・水蒸気の濃度上昇を回避し衛生的な状態を保持することが可能です。

消費電力が気になったり、ファンの運転音で眠れないなんてこともありません。

埃や花粉・PM2.5・黄砂を防ぐフィルターを取付けることも可能です。

こうした対策を『計画換気』といいます。

 

快適な相対湿度は40~60%といわれています。

過乾燥も高湿度も問題です。

計画換気を行い、高湿度をふせぎましょう。

乾燥気味の冬季は適度な加湿を行うことも必要です。

計画換気の必要性、ご理解いただけたでしょうか。

 

http://www.assetfor.co.jp

posted by Hoppy Red 

所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)