練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

燃える?

2017年09月10日 08時00分00秒 | たわいもない話

『火が燃える』という表現があります。

『火がつく』とか『〇〇が燃える』ならわかるけど、火が燃えるって変じゃない?

『火』には次のような意味があるそうです。

①熱の放散と炎を伴う可燃物の急激な燃焼。

②空気中における継続的な酸化現象で発光や強い発熱を伴うもの。およびその現象により生じる光や熱。

③熱や発光または煙を出しながら可燃物が燃える事。

④比較的小さい炎が燃えていること。

⑤宇宙を構成する4大元素(火・空気・水・土)の1つ。

また『燃える』には次のような意味があります。

①火が点いて炎が立つ。燃焼する。

②激しく気持ちが高まる。情熱が盛んになる。(火災には無関係・・・。)

③炎のような光を放つ。光る。陽炎や蛍の光、夏の厳しい陽光など。(火災には無関係・・・。)

火が燃えるということは、火(火災現象を表現する名詞)が燃える(継続的に発生していることを示す動詞)と考えることができそうです。

火を科学的に表現すると、『可燃物と酸素が反応し、熱や光を出す現象』と説明できます。

一方酸素が物質と結びつくことを『酸化』といい、この反応には緩やかに進行するもの(いわゆる鉄が錆びるなどの現象)や急激に進行するものが含まれています。

急激に起こる酸化反応のうち、反応時に熱と光が発生する現象を火や炎といい、高速で起きる発熱反応が燃焼であり、光の発生を伴うと燃焼現象になります。

さらに燃焼現象のうち、急激な燃焼により周囲の空気が熱膨張し熱・光・音を伴い、周囲の構造物を破壊するなどの現象を爆発といいます。

火が燃えると我々は生活する上で様々な恩恵を得る事が出来ます。

でもその一方、制御出来ない火(いわゆる火災)は生命・財産・身体に多大な損害を与えます。

なんだか、段々と大げさな話になってきました。

では、身近な『木材』はどのように燃焼するのでしょうか。

「火を点ければ燃えるじゃん!」

そんな簡単な話ではありません。

木材は燃えると二酸化炭素と水と灰分(ミネラル)になります。

280℃くらいで燃え出し、120℃くらいでも長時間加熱されると燃えます。

木材は加熱される温度により、次のように変化します。

最後は灰になります。

焚火をする際にでも、じっくりと見てください。

湯気・煙・変色・・・。

上図の通りになっているでしょうか?

スッキリ!がってん!感知器の本

伊藤尚・鈴木和男 著

電気書院 刊

より一部を抜粋させていただきました。

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トリカエル | トップ | パネル図面 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

たわいもない話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。