練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

コンクリート打設しました。

2016年10月29日 14時33分20秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

『FPの家 I邸』

朝9時、生コン車の到着を待つポンプ車です。

交通誘導員も、既に仕事を開始しています。

生コン車が来ました。

早速耐圧盤コンクリートの打設開始です。

まずは一枚目のレミコン納入書の内容を確認します。

事前に頂いていた『レミコン配合計画書』の数値と見比べて間違いが無いかチェック、プラントを出た時間も確認します。

傍らに待機していた、コンクリート試験員が一輪車を持ってきました。

生コン車の最初のコンクリートを一輪車に流しています。

今回は3解建ての為、中間工程の検査時に『コンクリート強度試験報告書』を提出しなければなりません。

その為の生コンを現地にて採取している訳です。

まずは、採取したコンクリートをよく練り混ぜます。

続いて、スランプ台を設置し、水平を調整・確認します。

そこにスランプコーン(底の抜けたバケツをひっくり返したような恰好をしています。)を置き、コンクリートを充填します。

スランプ試験はコンクリートの流動性を確認するのが目的です。

コンクリートが軟らかければ、コンクリートを流し込むのが容易となります。

でも軟らか過ぎるコンクリートはセメントと一体化せずに残った水が多くなり、ひび割れが発生しやすくなります。

逆に硬過ぎるコンクリートは流動性が悪くなり、型枠の隅々にまでコンクリートを行き渡らせるのが困難となります。

コンクリートを入れたスランプコーンを上に上げると、コンクリートが硬ければそのままの形で残ります。

軟らかければコンクリートは横に広がります。その際の頭頂部の下がり具合を『スランプ値』といい、流動性の目安にしています。

スランプ値は一般的に15~18cmの間が標準的とされています。

ちなみに今回のスランプ値は18cmでした。

また、コンクリートの広がり具合(縦・横双方の直径)を測った値=スランプフロー値を用いる場合もあります。

この値がスランプ値の1.5~1.8倍であれば合格となります。

スランプ値18cmでしたから、27~32cmであれば良いけです。

こちらの値も計測していましたが、撮影および数値を控える事はしませんでした。

大体30cm位でしたね。

後日頂ける報告書の記載内容をご確認ください。

コンクリートは硬過ぎず、軟らか過ぎずが良いようです。

続いて空気量測定を行いました。

この測定では、コンクリート中に含まれる空気の量が多いか少ないかを調べます。

装置の中にコンクリートを入れ、ポンプを押して圧をかけていきます。

空気量が多いほど、コンクリート強度は低くなります。

JISの規定では、4.5%±1.5%が適正値となっています。

測定の結果は3.5%、合格ですね。

ちなみに外気温とコンクリート温度も測定しています。

次に行うのが、塩化物濃度の測定です。

この測定では、コンクリート中に含まれる塩化物イオン濃度を測定し錆の発生しやすさ(発錆度)を検査します。

濃度が高いほどコンクリート中の鉄筋が錆びやすいことになります。

ソルコン/CL-1Bという測定器を使います。

0.28㎏/㎥という結果が出ました。

0.3㎏/㎥以下が基準値ですから、合格ですね。

最後に、強度試験用のテストピース×6体を採取します。

このテストピース×6体を28日間水中に漬けておき(材齢28日と云います。)、28日経過後に圧縮試験機にかけます。

機械的に圧縮した時の強度の平均値を割り出します。

この結果は28日後にならないとわかりません。

でもご安心を!

7日後の強度試験の結果である程度判断する事が出来ます。

万が一28日後の結果が設計値を下回っていて、やり直しなんて事態だけは避けたいですからね。

 

という事で、コンクリート試験およびテストピース採取が無事完了しました。

現場では、スランプ値の確認が出来た時点で打設を開始しています。

ポンプ車のオペレーターとバイブレーターを掛ける人、鏝押えおよびアルミトンボを掛ける人の3人で作業に当たっています。

隣地の建物と極めて近い為、コンクリート打設する度にシートを掛けて養生しながらの作業となりました。

コンクリートの量は13㎥(生コン車×4台分)となりました。

耐圧盤コンクリートの打設、無事完了です。

浮き水が引き次第、コンクリート表面を抑えて本日の作業完了です。

この後、墨出し・型枠組み・アンカーボルトの据付等を行います。

11月4日に立上りコンクリートを打設する予定です。

http://www.assetfor.co.jp

posted by Asset Red 

所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311 

東武東上線 東武練馬駅下車5分 

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の寒さと健康の関係7 | トップ | 無気密と高気密 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。