練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

本日より通常営業となります。

2017年05月06日 08時00分00秒 | 省エネ住宅の基本

7日間のGWがようやく終わりました。

天気にも恵まれ、久し振りに家族との時間を満喫する事ができました。

さあ、今日から仕事開始です。

頭の中を切り替えて、バリバリと仕事します。

と言う事で、まずはブログからスタート。

 

明日、気密性能測定が行われます。

ですから、ここで『気密』について書きたいと思います。

気密と言うと、潜水艦をイメージする方もいるかと思います。

「気密性が高い住宅は、空気が出入りしないから息苦しいんでしょ?」

そんな事はありません。

建物の気密性を高めるとは、想定外の場所からの漏気を無くす事を言います。

例えば、引違窓の隙間や床と壁の取合い部、コンセントなどから隙間風が吹いてくる。

なんて事を無くしましょう。

という事です。

換気扇の穴など、あるべき穴とそれ以外の隙間を明確にします。

その上で隙間の大きさを把握し、それを小さくするのが建物の気密化です。

隙間を無くせば、暖められた室内に冷たい外気が入る事もありません。

隙間から入った冷たい外気は、暖められた建物の中で結露する事もあります。

これを『内部結露』といいますが、これが建物の寿命を短くしたり、住人の健康を害している事をご存知ですか?

気密性を高めるという事は、同時に防湿性を高める事でもあります。

漏気による湿気の侵入や冬の冷たい外気・夏の暑い外気の侵入を防ぐ。

それが、気密化の目的です。

気密化を図る事で、様々なメリットを得ることが出来ます。

でも今回は、その話を省略します。

「今時の建物に隙間なんて、あるの?」

「省エネ基準適合住宅だから、大丈夫でしょ!」

という方も多いのではないでしょうか?

こんなデーターをご覧ください。

『防湿(気密)シートの必要性と隙間の比較実験データ』

隙間と水蒸気通過の比較

上図は

「石膏ボードって、ひと冬でどの位の湿気(水蒸気)が通過するんだろう?」

という疑問を解くために、国が行った実験結果です。

穴の空いてない石膏ボードは、ひと冬で約1/3リットルの水蒸気を通しました。

そして穴の空いた石膏ボードは、ひと冬に3リットルの水蒸気を通したんです。

つまり、石膏ボードだけでは水蒸気の侵入を阻む事は出来ない。

わずかな隙間すら無いように思われても、水蒸気を通してしまう。

さらに、ちょっとの隙間があるだけでその10倍の水蒸気を通していることも、この実験データは示しています。

石膏ボードを隙間なく施工していてもダメ、コンセントの穴なんか開けたらもっとダメ。

という結果です。

建物の隙間の大小は『気密性能測定』を行う事で確認する事が可能です。

逆に言えば、それを行わない限り確認する事はできないんです。

あなたの家では、気密性能測定を行っていますか?

相当隙間面積(C値)はどのくらいですか?

C値とは、全ての隙間面積を計測し、それを床面積で割った値です。

小さい程、隙間の小さな家を表します。

住宅構造毎の気密性能を示したデーターを挙げてみました。

これを見ると、もっとも一般的な在来木造住宅(充填断熱)で標準的な施工を行った場合はC値6~11位でしょうか。

何らかの気密施工を行った場合でもC値1未満~5未満になっています。

皆さんのお宅のC値はどちらでしょうか。

私見ではありますが、C値は0.5以下にすべきです。

まずは気密性能測定を行い、C値を確認することだと思います。

 

http://www.assetfor.co.jp

posted by Asset Red

所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

東武東上線 東武練馬駅下車5分

 

 

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きれいでしたよ。 | トップ | スイス漆喰、塗り終わってい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

省エネ住宅の基本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。