練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

パネル図面

2017年09月10日 18時05分25秒 | 注文住宅/見積・資金計画

今日は日曜日。

現場はお休みです。

朝から新規見積作成のための準備作業をしていました。

私の場合、まず最初に行うのがパネル図面の作成です。

ちょっとだけ、作業の様子を公開します。

平面図と立面図を確認しながら、下のような図面を作成します。

図面は2階部分に使う『FP壁パネル』およびバルコニー床に使う『ESパネル』の展開図です。

1枚1枚、パネル自体の正確な寸法や開口部の寸法を書き入れていきます。

窓の上部にはカーテン下地として厚さ105mmの木材を入れるため、その寸法分開口を大きくしないとなりません。

また筋違入りのパネルの場合には、位置や向きにも注意しながら書き込んでいきます。

全ての図面(今回のお宅であれば、1階床・2階床・1階壁・2階壁・屋根の計5枚)を全て書き上げたら、今度はパネルの拾いを行います。

図面に書かれた番号通りに拾っていきます。

例えば①のパネルの場合は、こうなります。

柱間寸法は805mm、パネルの横には軟質ウレタンが貼られるため2mm小さくする必要がある為803mmになります。

梁-梁寸法は2450mm、パネル寸法はそのまま2450mmになります。

開口部はありません。

でも片筋違が入っています。この場合、内側から見て筋違の上端部がある方(L)を表記する必要があります。

以上により、①のパネルの品番及び寸法はこうなります。

GSM09Z11-2450XL/105mm×803mm×2450mm

また開口部のあるパネル⑨であれば、こうなります。

柱間寸法は803mm。

梁-梁寸法は2450mm。

開口部はH1050×W660(窓開口にH方向は10mm・W方向は20mm加算した寸法)、パネル下端から2000mmが上端になります。

また水平方向の配置はパネルセンターから振り分けです。

以上により、⑨パネルの品番及び寸法はこうなります。

GSM09Z11-1050×660C(H=2000)-2450/105mm×803mm×2450mm

柱の寸法が105mmの為、どちらのパネル厚さも105mmになります。

こんな感じで、全てのパネルを拾います。

この段階で図面の通りに収まらない所が判る場合もあるので、なるべく早い段階でチェックするようにしている訳なんです。

この拾いに従い、FPパネルは専門工場で製造され、現場に納品されます。

もちろん、今回の場合は見積なんですけどね・・・。

こうした作業を、間取りが変更される度に行います。

着工が決まれば、最終確認を行い工場に発注しなければなりません。

拾いがいい加減だと、現場で困る事になりから大変です。

地味だけど、とっても大切な作業なんです。


作業も一段落したところで、OBの方から電話を戴きました。

このまま、何もなく一日が終わると思っていたのに・・・。

どうやら、ドレンホースの詰まりによる漏水のようです。

またしても、憎たらしいスライムが暴れている・・・。

「スライム」の画像検索結果

ドレンホースクリーナー片手に、スライム退治をしてきました。(まるでドラクエの主人公みたい・・・。)

スライムとは、ドレンパンなどに発生する泥状・粘液状のドロドロした微生物の塊です。

『バイオフィルム』とも呼ばれる物質です。絵のようにかわいい訳ではありません。

これらは栄養素(汚れ)と水(冷房期なら結露水)があればどこにでも発生します。

つまり汚れたエアコンはスライムの格好の発生場所になる訳です。

バイオフィルムとは、水分を帯びたあらゆる物質の表面に付着し、膜状に形成される微生物の共同体。

和訳は微生物膜。

川石の表面のぬるぬるした部分や台所の水回りに発生するぬめり、口の中の歯垢もそのの一種なんだそうです。

今日のスライムはベージュ色をした淡のような姿をしていました。片手に一杯の量です。びっくりしました。

スライム対策には、ドレンパンにスライム抑制剤を置くのが良いようです。

今度、調べてみます。役に立つのは来年かな?

 posted by Asset Red

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分


ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 燃える? | トップ | 二酸化炭素→酸素 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

注文住宅/見積・資金計画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。